1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ポケットWi-Fiのレンタルサービスを比較|料金からレンタル方法まで徹底解説

ポケットWi-Fiのレンタルサービスを比較|料金からレンタル方法まで徹底解説

更新日:2020.03.03

ポケットWi-Fiはレンタルが可能であり、短期間だけの利用もできます。レンタルする際には通信速度や料金など、細かい点を比較することが重要です。おすすめのサービスから比較のポイントまで知り、自分に合ったポケットWi-Fiをレンタルしましょう。

持ち運びに便利なポケットWi-Fiは、年間契約だけではなく、短期間のレンタルも可能です。旅行先や出張などで使うなら、レンタルでの利用がおすすめです。

自分に最適なポケットWi-Fiを見つけるためにも、料金や速度などで比較する際のポイントを知り、もっとも便利に使えるものを選びましょう。

SIMチェンジWIFI

レンタル可能なポケットWi-Fiの比較ポイント

ポケットWi-Fiをレンタルで利用する際には、次3つのポイントで比較しましょう。

これらのポイントをチェックしながら、サービスごとの違いを比較していきましょう。

無制限プランがあるか

サービスごとに提供しているプランは異なり、データ容量無制限のプランを提供しているものは少なくありません。

外出先で大容量通信をおこなう可能性があるなら、無制限プランのあるものを選ぶと、快適に使いやすいでしょう。

反対にそれほどデータ通信を行わないなら、制限付きのプランを選ぶことがおすすめです。無制限と制限付きでは料金が違っており、無制限プランのほうが高くなります。

制限の範囲内で問題なく使えそうなら、低容量のプランを選び、それを超えてしまいそうなら無制限プランを選ぶことが大切です。

ネットサーフィンやLINE、メール程度しか使わないならそれほど容量はかかりませんが、動画の視聴やオンラインゲームのプレイ、音楽などのデータのダウンロードをしたい人は無制限プランが向いています。

1ヶ月あたりの料金が安いか

同じ端末や日数を借りる場合でも、業者によって料金が異なることは少なくありません。

よりお得に利用したいなら、1ヶ月あたりの料金で比較し、安いものを選ぶとよいでしょう。

また、1ヶ月以内の利用となる場合は、使いたい日数の料金で比較してより安価なサービスを選ぶことがおすすめです。

安いものを選ぶなら損をする心配はなく、使用条件にさえ問題がないなら少しでも料金が安いサービスを選ぶことが重要です。

ただし、料金がいくら安くても利用できる端末が古かったり、利用できるデータ容量があまりにも少なかったりすると使用面で不満を感じてしまうこともあるため、注意しなければなりません。

サービスはあくまでストレスなく使えることを前提に選ぶことが重要であり、その範囲内で安いものを選ぶことが賢明です。

また、レンタルする期間が伸びるほど料金は安くなることもあるため、数週間程度の利用の場合は1ヶ月の料金と比較して1日あたりの金額差をチェックしておくと、より安価なサービスを選びやすくなります。

SIMチェンジWIFI

通信速度が速いか

使用面での快適さを考える上では、通信速度の速さは重要なポイントです。

容量無制限で安価でも、通信速度が遅いとストレスになってしまうことも多いため、速度も重視してレンタルするポケットWi-Fiを選びましょう。

どのような目的で使用するかによって必要な速度は異なりますが、動画の視聴やオンラインゲームなどの大容量通信でも、10Mbps以上出るなら基本的に問題はありません。

ネットサーフィンやメッセージのやり取りなどに限定するなら、1Mbps程度でも十分でしょう。

ポケットWi-Fiのサービスで表記されている最大速度は、あくまで理論値であり、実際にその速度が出ると保証されているわけではありません。

しかし、理論値が高いほど実際の速度も速くなりやすいため、最大速度で比較してより速いものを選ぶなら間違いは少ないです。

最大速度は機種によって異なるため、複数機種のレンタルが可能なサービスでは、機種ごとの速度の違いを比較することが重要です。

国内利用におすすめのポケットWi-Fi

国内で利用する際のポケットWi-Fiのレンタルなら、次の3つがおすすめです。

サービス名1ヶ月料金の最安値容量制限下り最大速度特徴
Wifiレンタルどっとこむ2,528円(税抜)
  • 無制限
  • 1日1GB
  • 3日10GB
  • 月7GB
  • 月5GB
150Mbps~1.2Gbps端末数が多い
みんなのWifi4,164円(税抜)
  • 月100GB
  • 月50GB
  • 月15GB
  • 無制限
  • 3日10GB
75~612Mbps平日16時までの注文で当日発送
e-ca5,075円(税抜)
  • 1日1GB
  • 月5GB
  • 月7GB
  • 月10GB
  • 無制限
300~612Mbps宅配や空港で返却可能

それぞれで料金や特徴などが異なります。

Wifiレンタルどっとこむ


出典:Wifiレンタルどっとこむ

豊富な端末数から選びたいなら、Wifiレンタルどっとこむがおすすめです。ソフトバンクやワイモバイル、ドコモやau、UQモバイルなどの端末からレンタル商品を選べます。

最安値なら1ヶ月2,528円(税抜)で、1日350円(税抜)から利用可能です。機種によっては通信速度も速く、固定回線以上の1.2Gbpsとなっている点も魅力でしょう。

Wifiレンタルどっとこむを契約する!

みんなのWifi


出典:みんなのWifi

みんなのWifiは1ヶ月4,164円(税抜)から、1日364円(税抜)からのレンタルが可能です。

商品も豊富であり、幅広い選択肢から選べる点が魅力です。また、平日の16時までに申し込むと、当日発送で素早く手元に届く点も優れているポイントといえます。

みんなのWifiを契約する!

e-ca


出典:e-ca

e-caは1ヶ月あたりの最安値が5,075円(税抜)で、1日あたりの最安値は350円(税抜)です。無制限プランだけではなく、5~10GBなどの低容量プランが充実している点も特徴です。

また、1日1GBというプランもあるため、通信容量はそれほど必要ではなく、かつ安く利用したい人におすすめでしょう。

e-caを契約する!

海外利用におすすめのポケットWi-Fi

海外で利用するポケットWi-Fiのレンタルなら、次の3つがおすすめです。

サービス名対応国数1日あたりの最安値その他の特徴
イモトのWiFi200カ国以上680円(税抜)~プラン数が豊富
GLOBAL WiFi200カ国以上渡航先によって変動現地で使えなかった場合返金
Wi-Ho!92カ国390円(税抜)~最大接続台数10台

それぞれ海外で利用できる点は共通していますが、料金プランや対応している国が異なります。

イモトのWiFi


出典:イモトのWiFi

対応している国数が多く、幅広いエリアで利用できる点がイモトのWiFiの特徴です。最安値だと1日680円(税抜)から利用できます。

また、プラン数が豊富であり、旅行先に合わせて利用しやすい点も魅力でしょう。1カ国はもちろん、複数カ国をまたぐ旅行でも利用できる点も特徴です。

イモトのWiFiを契約する!

GLOBAL WiFi


出典:グローバルWiFi

世界200以上の国と地域で利用できる点が、GLOBAL WiFiの特徴です。渡航先によって料金は変動しますが、定額制を採用しているため一定以上から料金が上がる心配がありません。

また、24時間365日サポートを受け付けているため、旅先で問題が起きた場合もすぐに対応してくれます。現地で利用できなかった場合は返金というサービスもあり、万が一不具合が起きた場合にも安心でしょう。

GLOBAL WiFiを契約する!

Wi-Ho!


出典:NEXT mobile

1日390円(税抜)からと、安価で利用できる点がWi-Ho!の魅力です。端末は空港で受け取りが可能です。

ポケットWi-Fiの最大接続台数が10台と多いため、家族や友人グループなど、複数人での旅行の際に適しているでしょう。

Wi-Ho!

ポケットWi-Fiをレンタルするときの流れ

実際にポケットWi-Fiをレンタルする際の流れは、次の通りです。

詳細部分は利用する業者によって異なりますが、基本的な流れはそれほど変わりません。

ネットから申し込みをおこなう

ポケットWi-Fiのレンタルはネットで申し込みを受け付けている場合が多いため、まずは利用したい業者の公式ホームページにアクセスしましょう。

ホームページから申し込み画面に移動し、レンタルしたい機種や期間、プランなどを選択します。このときポケットWi-Fiのカラーを選択できることもあるため、その場合はお気に入りのものを選びましょう。

契約内容を決定した後は、支払い方法を選択し、氏名や住所などの必要事項を入力して購入手続きへと進みます。

業者によっては支払い方法によって料金が変わることもあるため、もっとも安くなる方法を選択することがおすすめです。

基本的にはクレジットカード払いが多く、複数選択できる場合でもカード払いだと割引料金で利用しやすいです。

また、業者によっては店舗からの申し込みが可能な場合もあります。この場合も基本的な流れは同じであり、契約内容を決定し、支払い方法や必要事項を申し込み用紙に記入して提出します。

機器を受け取って利用を開始する

申し込みが完了した後は、機器を受け取り、中身を確認します。受け取り方法は店舗や窓口での直接受け取りか、郵送で送られてくるケースがあります。

機器を受け取ったなら中身をチェックして、端末本体やSIMカード、充電器やその他備品が揃っているか確認しておきましょう。

内容物に不備がある場合はすぐに問い合わせをして、対応してもらいます。SIMカードが別途同封されている場合は、端末に挿入してから起動します。

すでに挿入されている場合は、そのまま電源を入れて構いません。起動した後は接続したいデバイスからWi-Fiの設定をおこない、ネットに接続できるか確認しておきましょう。

接続に必要なSSIDやパスワードは、ポケットWi-Fi本体に記載されているか、同封されている説明書などに書かれています。

レンタル最終日に返却する

使用が終わった後は、所定の期日までにポケットWi-Fiを返却します。

返却方法は業者によって異なり、空港やコンビニ、その他窓口などで返却できる場合もあれば、指定された通りに梱包してポストに投函することもあります。

レンタル最終日までに返却しないと、延滞料金が加算されるため、期限は必ず守らなければなりません。

また、期限を守っていても機器の故障や返却物の不備などがあると、別途追加料金が発生することもあります。

返却時には必要なものがすべて揃っているかを確認し、使用時には機器を破損することがないように大切に扱いましょう。

ポケットWi-Fiをレンタルするときのポイント

ポケットWi-Fiをレンタルする際には、次の3つのポイントをおさえておきましょう。

SIMチェンジWIFI

機種は最新機種を選ぶ

使用面で考えると、できるだけ最新機種を選ぶことが大切です。古い機種は安くレンタルできる場合も多いですが、性能が悪く使用面でストレスを感じてしまうことも少なくありません。

最新機種なら通信速度が速いだけではなく、バッテリーが大容量のものも多いため、外出先でも充電の心配なく使いやすいです。

ポケットWi-Fiの使用頻度が低いならあえて安い旧型を選択するという方法もありますが、基本的には最新機種を選ぶほうがおすすめであることは覚えておきましょう。

ドコモではレンタルを行っていない

ドコモではポケットWi-Fiの購入や年間契約は可能であるものの、レンタルは実施されていません。

大手キャリアが提供するポケットWi-Fiを選びたいなら、レンタルが可能なauやソフトバンクを選びましょう。

ドコモでWi-Fiを利用したいなら、月額300円(税抜)の「docomo Wi-Fi月額300円プラン」に加入するのも方法のひとつです。

ただし、利用できるのはドコモ回線を利用している人に限定されるため、この点には注意しなければなりません。

ドコモユーザーではないなら、他社からレンタルしたほうが確実であり、使用面でも問題が出づらいでしょう。

空港では出国前に受け取る

海外での利用を考えているなら、レンタルするポケットWi-Fiは出国ゲートを出る前に受け取らなければなりません。

受け取りをせずにゲートを出てしまうと、以降のポケットWi-Fiの受け渡しはできなくなってしまいます。

現地でポケットWi-Fiを調達するという方法もありますが、日本とは契約内容が違っていたり、料金が高額であるケースも多いです。

また、現地の言葉で契約を結ぶのはハードルが高いため、手軽に使いたいなら国内で契約し、受け取りを済ませてから海外に行ったほうがよいでしょう。

出張や旅先でレンタルのポケットWi-Fiを活用しよう

ポケットWi-Fiを上手に使うには、各社のサービス内容を比較して、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

比較する際には料金や通信速度、機種の新しさや搭載している機能などを参考にすることがおすすめです。

細部まで比較して適切なポケットWi-Fiをレンタルし、出張先や旅先でも快適にネットを利用しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい