1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. マンションのWiFi接続方法|無料インターネット付集合住宅の通信速度が遅すぎ?

マンションのWiFi接続方法|無料インターネット付集合住宅の通信速度が遅すぎ?

更新日:2020.03.09

マンションでもWi-Fiは導入可能であり、複数の選択肢があります。それぞれで使い勝手が異なるため、特徴の違いを把握して選ぶことが大切です。自分に合ったWi-Fi環境はどのようなものかを考え、マンションでも快適にネットを楽しみましょう。

日頃からネットをよく利用するなら、自宅にWi-Fi環境を導入することがおすすめです。

Wi-Fi環境があるとより快適にネットを利用でき、スマホのキャリア回線よりも高速通信が期待できます。

このWi-Fiは戸建だけでなくマンションでも利用可能です。マンションにWi-Fiを導入する際のおすすめのポイントや注意点などを知り、自宅のネット環境を整備しましょう。

SIMチェンジWIFI

マンションでWi-Fiの導入がおすすめの理由

戸建てだけではなく、マンションでもWi-Fi環境の導入は可能です。おすすめポイントは次の2点です。

  • 配線なしで複数の端末をネット接続
  • スマホで通信容量や速度低下の心配なし

自宅にWi-Fi環境があることで得られるメリットは大きく、ネットをより快適に利用できます。

配線なしで複数の端末をネット接続

そもそもネットに接続するには大きく3つの方法があり、スマホなどのように契約しているキャリア回線を使うか、LANケーブルを用いて優先接続する、そしてWi-Fiで接続することがあげられます。

Wi-Fiは無線による通信が可能であるため、キャリア回線での通信と同様に、配線なしでネットに接続できます。

加えて、複数の端末を同時に接続することも可能であるため、スマホやタブレット、パソコンはもちろん、ゲーム機やその他Wi-Fi対応の機器全般で利用可能です。

使用するルーターによって同時接続の台数は異なりますが、5~10台程度同時接続が可能なものは多いです。

複数の機器でネットが利用できるのはもちろん、無線接続のため自宅のどこにいても利用でき、配線がもたつかないことも魅力的なポイントでしょう。

スマホで通信容量や速度低下の心配なし

Wi-Fiに接続してネットを使うと、スマホの通信容量は使用しません。月間の通信容量の上限を気にせず利用できるため、通信制限による速度低下の心配がなく大容量通信が行え、よりストレスなくネットを楽しめます。

月々で使用する通信容量が減ることで、より容量が低く、安いプランに変更することも可能であり、上手に活用すると最安値のプランでスマホを利用できます。

日頃からよくネットを利用していて毎月通信制限にかかってしまうという人には特におすすめであり、マンションにWi-Fi環境を導入することで低コスト、かつストレスなくネットが使えるでしょう。

SIMチェンジWIFI

マンションにWi-Fiは3つの方法で導入

マンションにWi-Fi環境を導入する方法は、次の3つがあげられます。

  • マンションが契約している固定回線を使う
  • モバイルルーターを導入する
  • ホームルーターを導入する

導入方法の違いはもちろん、それぞれの回線ごとに何が異なるのかも知っておきましょう。

マンションが契約している固定回線を利用

マンションによってはすでに固定回線を契約していることがあり、これを利用することで自宅でもWi-Fiが利用できます。

ただし、導入されているのはマンションの共用部分のみであり、そこから工事をして自分の部屋まで回線を引き込まなければなりません。

つまり、Wi-Fiを導入するための工事が必要であり、時間と手間がかかりやすいことは覚えておきましょう。

また、すでに導入されている固定回線を使う場合は、インターネット接続サービスを提供するプロバイダの選択肢が限定されることがあります。

回線業者によって利用できるプロバイダは異なるため、選択肢がやや限定されていることも頭に入れておかなければなりません。

固定回線でWi-Fi環境を作る手順

固定回線を自室まで引き込むには、まずは大家や管理会社に相談をして、自室にWi-Fi環境を作りたいことを相談します。

事前の相談なしで勝手に工事を行うと、後からトラブルになることも多いため注意しなければなりません。

マンションによっては回線だけではなく、プロバイダが指定されていることもあるため、その場合はこれに従いましょう。

利用できる業者を確認した後は、その業者にコンタクトを取って契約申し込みを行います。この時工事日を設定し、定めた日時で回線の引き込みを行います。

その後自室にルーターを設置し、各端末から設定を行うと、Wi-Fiへの接続が可能です。

モバイルルーターなら場所を選ばない

固定回線のように完全自宅据え置きのものではなく、モバイルルーターという持ち運び可能なWi-Fi設備を導入してみるのもよいでしょう。

モバイルルーターは小型で携帯性が高く、自宅だけではなく外出先でも利用できる点が魅力です。

端末が届き次第、電源を入れてすぐに使い始められるため、固定回線のように工事が不要であることも大きな特徴でしょう。

工事なしで使えるためマンションの固定回線の契約状況に関係なく使え、固定回線の導入がないマンションでも使用できます。

自宅に置いて使用する場合でも小型のため邪魔にはならず、コンパクトで手軽に利用できる点が大きな魅力です。

モバイルルーターを導入する手順

モバイルルーターはネットやサービスを提供する業者の店舗、家電量販店の窓口など、様々な場所で契約できます。

まずは利用したい業者を決め、プランや使用する機種などを選びます。業者によって扱っている機種や料金プランなどが違うため、複数社で比較してから決めることが大切です。

場合によっては選択する支払い方法で料金が変わってくることもあるため、コスト面は詳細まで確認しておかなければなりません。

申し込み後は店頭か郵送にて端末を受け取ります。後は電源を入れて、各端末でWi-Fi設定をするだけで、すぐに利用が可能です。

同じサービスでも申し込み方法によって得られる特典が異なることは多く、基本的にはネット申し込みがお得になりやすいことは覚えておきましょう。

自室だけでWi-Fi接続するならホームルーター

工事なしで手軽に導入できるWi-Fi設備では、モバイルルーター以外にホームルーターがあげられます。

ホームルーターも電源を入れるだけですぐに使えますが、モバイルルーターとの違いは持ち運びができるかどうかです。

ホームルーターはその名の通り自宅のみでの利用となるため、外に持ち出して利用することはできません。

携帯性ではモバイルルーターに劣りますが、自室に設置してコンセントから常に電力を供給して使えるため、モバイルルーターよりも電波の届く範囲や通信の安定性などは高い傾向にあります。

おすすめの工事不要のルーターサービス

工事なしで手軽に使えるルーターサービスなら、UQ WiMAXがおすすめです。UQ WiMAXは2年契約だと月額の基本料金が3,880円(税抜)であり、料金の変動はありません。

契約時には事務手数料の3,000円(税抜)や以降は機種代などがかかりますが、月間データ容量無制限のギガ放題プランが安価で利用できることは確かです。

ホームルーターはもちろん、モバイルルーターも取り扱っており、商品展開が幅広い点も魅力です。また、UQ WiMAXでは、お試し利用として15日間完全無料で使える「Try WiMAX」も実施しています。

Try WiMAXの利用なら、出荷から15日以内の返却期限までに端末を返送することで、完全無料でWiMAXが使えます。返送時の送料なども全て無料となるため、一度ルーターサービスを使ってみたい人におすすめです。

UQ WiMAXを契約する!

Wi-Fiの導入方法

マンションにWi-Fi環境を導入する方法は複数ありますが、自分の場合はどれが適しているのか、悩む人は少なくありません。

Wi-Fi環境を整備するなら自分に合った方法を選ぶことが大切であるため、回線サービス別の特徴をさらに深堀りして、適したサービスを見つけましょう。

速度が速く通信容量が多いなら固定回線

通信速度の速さと通信容量の多さを求めたいなら、固定回線がおすすめです。固定回線はモバイルルーターやホームルーターよりも通信の安定性が高く、最大速度自体も速いです。

そのため、端末接続時も速度を出しやすく、快適に高速通信が楽しめます。加えて、通信容量の制限がないため、大容量通信も可能であり、容量を気にせず使いたい人に向いています。

モバイルルーターなどでも使い放題のプランはありますが、月間の制限はなくても直近3日間で10GB以上通信した場合に、翌日1日だけで制限がかかるというケースは多いです。

固定回線ならこの制限もないため、動画の視聴や音楽などデータのダウンロード、オンラインゲームなどをよく利用する人におすすめです。

いつでもWi-Fi接続するならモバイルルーター

マンションの自室だけではなく、外出先でもネットを利用する機会が多いなら、モバイルルーターがおすすめです。モバイルルーターは持ち運びができるため外出先でも使えます。

Wi-Fiに接続することで外でネットを利用した場合もスマホの通信容量はかからず、速度制限にかかる心配もありません。

また、携帯性の高さが特徴のモバイルルーターですが、自宅据え置きで使うことも十分に可能です。活躍するシーンが広い端末といえるため、メインでネットを利用する場所が決まっていない人にもおすすめです。

Wi-Fiが無料で整備されているマンションのメリット・デメリット

マンションによってはすでにWi-Fi環境が整備されており、無料でネットが利用できることもあります。Wi-Fi環境が用意されているのは嬉しいポイントですが、これにはメリットだけではなくデメリットもあります。

両方のポイントを知り、Wi-Fiの無料のマンションは本当にお得なのか考えてみましょう。

毎月のネット料金が節約できる

Wi-Fiが無料で利用できるなら、別途ネットサービスを契約する必要がなく、毎月のネット料金を節約できます。

利用する業者やプランにもよりますが、Wi-Fiのネットサービスは月々4,000~5,000円程度かかることも少なくありません。

加えて、契約時には事務手数料や端末代、固定回線なら回線開通の工事費などがかかるため、コスト負担は大きいです。

これらの費用が全て無料になるという点では、Wi-Fiの無料のマンションは金銭的なメリットに優れているでしょう。

違約金を気にせず引っ越しができる

マンションでWi-Fi環境を用意している場合は、違約金や解約手続きなどを気にせず引っ越しができます。

自分で回線契約をしている場合は、解約の手続きを行い、タイミング次第では違約金を支払わなければなりません。

利用した期間や業者によって金額は異なるものの、10,000円以上かかることも多いため、これが発生しないのもメリットです。

家賃にネットの利用料が含まれる恐れ

Wi-Fi無料だと金銭的なメリットは大きいですが、実は家賃にネットの料金が含まれていて、周辺相場よりも高額になっていることもあります。

設備を充実させる分、元を取るために家賃を通常より高く設定するケースは多いため、Wi-Fi無料というだけで飛びつかないようにしなければなりません。

場合によっては自分でWi-Fi環境を整備したほうが安く済むこともあるため、周辺にある似た物件と家賃を比較して、相場以上に高値に設定されていないかは確認しておきましょう。

マンションでWi-Fiが繋がらないのは本当か

Wi-Fiの電波は戸建てでは繋がりやすいものの、マンションでは繋がりづらいといわれることがあります。

Wi-Fiサービスが利用できる以上、全く繋がらないということはありませんが、接続に不備が出る場合があることも事実です。

マンションだとどの程度Wi-Fiが繋がるのか、通信速度が遅い場合の対処法も含めて知っておきましょう。

SIMチェンジWIFI

利用者の数や建物の構造で繋がりにくい

マンションに導入されている固定回線は、同じ建物内で何人使用しているか、どのような建物構造になっているかによって繋がりやすさが変わります。

マンションは回線を共用部に引き込み、そこから各戸へと分配するため、利用者が多いほど回線は混雑しやすく、繋がりづらくなります。

また、壁や天井などに電波が遮蔽され、スムーズに通信ができないことも少なくありません。

マンションの構造や性質によって戸建てよりも繋がりにくいことは事実ですが、モバイルルーターやホームルーターなら問題なく使えるということもあります。

また、電波の入りがよい構造なら、マンションでも高速通信ができることはあるため、最終的な使い勝手は各種条件次第といえるでしょう。

Wi-Fiの電波を強くするなら中継器を活用

通信速度が遅くなる原因として、ルーターに届く電波や端末に飛ばす電波が弱くなっていることがあげられます。これを解消するには、中継器と呼ばれる機器を設置することがおすすめです。

中継器はルーターから出た電波をキャッチし、接続している端末へと飛ばします。一度中継をすることで離れた場所でもスムーズに接続しやすく、通信の安定性は上がります。

ルーターが遠くにしか設置できず、どうしても動かせない場合は中継器を導入して対処するとよいでしょう。

回線自体の遅さを解決するには引っ越しも検討を

マンションに導入されている固定回線が遅い場合は、引越しをしてよりよい環境へと移ることがもっとも確実な方法です。

マンションが契約しているプロバイダの通信速度が遅いと、どうしてもネットは重たくなり、スムーズに動作できなくなってしまいます。

もしもプロバイダの変更が可能なら、別のものに切り替えて試し、それでもだめなら引越しを検討しましょう。

また、引越しが難しい場合はホームルーターやモバイルルーターを利用するという方法もあり、場合によっては固定回線よりも快適に使えることがあります。

Wi-Fiの選択肢は固定回線だけではないため、様々な選択肢を見て自分に合ったものを導入することが大切です。

Wi-Fiを導入しマンションでネットを満喫

マンションでもWi-Fi環境は導入可能であり、環境を整えることでより快適にネットを楽しめます。

固定回線からモバイルルーター、ホームルーターまで選択肢は豊富なため、自分の状況に合ったものを選ぶことが大切です。

適切なサービスを選び、Wi-Fi環境を整備してネットライフを満喫しましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい