1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. インターネット契約方法・契約費用を徹底解説!申し込み~契約後の流れ

インターネット契約方法・契約費用を徹底解説!申し込み~契約後の流れ

インターネットを契約するための方法や、契約すると発生する費用についてわかりやすく解説していきます。また、おすすめの申込み方法や申込み後の流れについても解説しますので、契約を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

インターネットを導入したいと考えているけれど、具体的にどうしたらいいのか、どれくらいの費用が発生するのかわからない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、インターネットの契約方法や費用、申込み後のながれなどについて解説していきます。

インターネット契約にかかる費用

インターネット契約に掛かる費用について見ていきましょう。

インターネットを新たに契約する場合にかかる費用

  1. インターネット回線の使用料
  2. プロバイダ利用料
  3. インターネット回線開通のための工事費用

各業者で料金の違いがあり、オプションサービスの有無などによっても異なりますが、基本的にはこれらの料金が必要だと理解しておきましょう。

インターネット回線の使用料

インターネットをつなぐ線に対する料金で、一般的に戸建住宅で専用の回線が必要になるので料金は割高になります。マンションなどの集合住宅の場合は1つの回線を複数の住民で分け合って使用するため、料金が割安になる傾向にあります。

プロバイダ利用料とセットで表示されているケースがほとんどで、戸建住宅の場合で月額4,000円~6,000円程度集合住宅の場合で月額4,000円前後が相場と考えておきましょう。

プロバイダ利用料

インターネットを契約する際は、プロバイダ利用料も掛かります。プロバイダとは、回線をインターネットにつなぐためのサービスのことです。

インターネット回線が開通している環境でも、プロバイダと契約していないとインターネットに接続できません。プロバイダにはさまざまな業者があり、月額料金やサービス内容でユーザーが自由に選択できるようになっています。

かつては、インターネット回線とは別でプロバイダを契約する必要がありました。現在でも一部のサービスではこのような契約が残っていますが、最近ではインターネットの光回線とセットで契約できるプロバイダもたくさん登場しています。

セットで契約したほうが月額料金を抑えることができるので、お得にインターネットを楽しむことができるでしょう。

インターネット回線開通のための工事費用

現在では、ほとんどのインターネッサービスには「光回線」が使用されています。ただ、この光回線は電柱などから自宅へと引き込まなくてはなりません。

光回線が引かれていない場合は別途工事が必要となり、その工事費用が発生するというわけです。一般的に、工事費用の相場は20,000~40,000円程度となり、月額料金と合わせて2年~3年の分割払いで支払っていくケースが多くなっています。

また、プロバイダによっては新規契約時に工事費が割引になったり、無料になったりするキャンペーンを実施しています。うまく利用すればインターネットに掛かる料金を抑えることができるでしょう。

インターネット契約方法・手順

基本的には、以下の3つの手順でインターネットの申込みを行います。

  1. 光回線を選ぶ
  2. プロバイダと申込窓口を選ぶ
  3. 申し込みをする

それぞれの詳細について見ていきましょう。

光回線を選ぶ

選択方法としては、現在使用しているスマートフォンとセットで割引になる光回線を選択するのがおすすめです。大手携帯キャリアではスマートフォンも光回線もどちらも使ってほしいため、割引額が大きくなるケースが多いでしょう。

おすすめの光回線

使用中のスマートフォンおすすめの光回線備考
ドコモドコモ光すべてのドコモユーザー
auビッグローブ光静岡、愛知、岐阜、三重、大阪、京都、和歌山、奈良、滋賀、兵庫、沖縄の方
auひかり上記以外にお住いのauユーザー
ソフトバンクNURO光NURO対応エリアで戸建住宅にお住まいの方
ソフトバンク光上記以外のソフトバンクユーザー

プロバイダと申込窓口を選ぶ

プロバイダのサービスに申込むための窓口はたくさんあることに加え、ドコモ光auひかりの場合はプロバイダの選択肢も多いのが特長です。申し込みをする窓口によって、キャッシュバックなどのキャンペーンが実施されており特典内容も異なるので、よく比較して選択してください。

申し込みをする

光回線とプロバイダ、申込窓口が決まったら、インターネットを通じて申込みを行います。その後、申込先や事業者から電話連絡が入り、申込内容の確認や本人確認書類の提出方法などにについて調整します。

申込内容と提出書類に問題がなければ、契約は完了となります。

インターネット契約後の流れ

光回線の事業者からの電話連絡の際に、インターネット開通工事の日程についても調整を行います。工事日には申込者の立ち合いが必要になるケースがほとんどですので、スケジュールの調整が必要です。

一般的には、申込みから2週間~2ヶ月後までに工事が行われます。しかし、春先のように引越しが多くなる時期には工事までに時間がかかってしまう場合があるので注意しましょう。

インターネットの開通工事が完了したら、あとはパソコンやスマートフォンで使用するための設定を行います。回線事業者やプロバイダから送られるID・パスワードが必要になりますので、必ず保管しておいてください。

設定が完了すれば、晴れてインターネットが使用できるようになります。

インターネット契約時の注意点

インターネット契約では、光回線やプロバイダ、キャンペーンがたくさんあり、詳しい内容についてはよくわからないケースもあるでしょう。契約したことを後悔しないように注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

インターネットから申込みを行うこと

インターネットは訪問販売や家電量販店、営業電話、携帯ショップなど、さまざまな方法で申し込みができますが、インターネット以外の申込み方法はあまりおすすめできません

その理由は以下の通りです。

  1. 人件費がかかるため特典が小さくなる
  2. 不要なオプションを付けられる

対人での契約の場合は相手の人件費がかかるため、キャッシュバックなどの特典が小さくなるケースが多いです。全く同じサービスを申込んだのに、インターネット契約と対人契約ではキャッシュバックに金額に大きな違いが生まれることがありますので、必ずインターネットから契約するようにしましょう。

また、対人契約の場合は自分に必要のないオプションをすすめられることがあります。これは、プロバイダなどからオプションを付けることで代理店などにインセンティブが支払われる仕組みとなっているためです。

○ヶ月後に解約すれば費用はかからないなどといわれてオプションに加入すると、後々解約することを忘れて余計な費用が発生することもあります。このようなことにならないためにも、インターネットでの契約がおすすめです。

キャッシュバックの内容をよく吟味する

キャッシュバックの金額だけにつられてプロバイダや申込窓口を選択すると、実際には全くキャッシュバックをもらえないケースがあります。

例)6万円のキャッシュバックを得るためには4名を光回線やプロバイダに紹介する必要がある

確実にキャッシュバックを得られるのかなど、自分に合ったものを選択するためにはキャンペーンの内容についてよく確認することが大切です。

おすすめのインターネット回線2選

ユーザーの評判も高く、スマートフォンとのセットで割引を受けられるものですので、お得にインターネットを利用できるでしょう。

ソフトバンク光

出典:Softbank光

ソフトバンク光は、大手携帯キャリアのソフトバンクが提供している光回線サービスです。ソフトバンクのスマートフォンとセットでお得になる「おうち割 光セット」によって、スマートフォン1台あたり毎月1,000円の永年割引を受けることができます。

また、通信速度は最大1Gbps。動画もオンラインゲームもストレスなく存分に楽しめます。

フレッツ光もしくは光コラボレーションサービスを利用している場合は、工事不要で簡単に乗り換えることも可能。さらに、新規契約では最大24,000円のキャッシュバック、他社からの乗り換えの場合は、発生する違約金、承諾番号発行の手数料が満額還元されるキャンペーンも実施しているので、お得に利用できます。

ソフトバンクのスマートフォンを利用している人は、ぜひ契約を検討してみてください。

ソフトバンク光を契約する!

auひかり

出典:auひかり

auひかりは、大手携帯キャリアのauが提供している光回線サービスで、インターネットと電話をセットで申込めばスマートフォンの利用料金が延年500円割引となります。

通信速度最大5~10Gbpsの「auひかりホーム5ギガ」「auひかりホーム10ギガ」などのサービスで、より快適な高速通信が可能。動画視聴やオンラインゲームを存分に楽しむことができます。

他社インターネットサービスからの乗り換えでは解約金相当額を還元するキャンペーンも実施しているので、出費を気にすることなく導入できるでしょう。

auユーザーにはぜひおすすめの光回線ですので、ホームページなどで内容を確認してみてください。

auひかりを詳しく見る

インターネット契約の流れや手順を知っておこう!

インターネット契約の方法や費用、契約の流れについて解説してきました。利用できる光回線やプロバイダは実にさまざまなものがありますので、それぞれをよく比較して納得できるものを選択するようにしましょう。

SHARE!!

あわせて読みたい