1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホの乗り換え前に知っておきたいメリット・デメリット|乗り換え方法も合わせて解説

格安スマホの乗り換え前に知っておきたいメリット・デメリット|乗り換え方法も合わせて解説

お得にスマホを使えるとして人気を集めているのが格安スマホです。大手キャリアの半額ほどでデータ通信や電話ができるため、携帯代を節約したい方におすすめです。今回はそんな格安スマホの基本情報や乗り換え時に知っておくと便利な情報をまとめました。

通話料無料やネットの使いたい放題などのプランが充実してきたので、昔に比べると長時間使用しても、高額の携帯料金を払うことは少なくなりました。

それでもスマホの端末代金や月額料金が高いと感じている人も多いのではないのでしょうか。

そんな方におすすめなのが、格安でデータ通信や電話をすることができる格安スマホです。

大手キャリアの月額料金の半分ほどで利用できる格安スマホサービスが増えているため、毎月お得にスマホを使うことができます。

格安スマホの基本情報や乗り換え時に知っておきたいこと、注意点などをまとめました。

格安スマホの特徴

年々利用者が増えている人気の格安スマホですが、通常のスマホとはなにが違うのでしょうか。ここでは、格安スマホの基本情報を紹介します。

格安スマホとは格安SIMを使ったスマホのこと

格安スマホは、格安SIMと呼ばれるSIMカードを利用したスマホのことを指します。通常のSIMカードと比べると、その平均の通信料が安いため、「格安」という言葉が使われています。

SIMカードは、固有のID番号が記録されたスマホ用のカードで、スマホで電話やデータ通信をするのに必要なものです。SIMカードがないと、スマホを使うことができません。

しかし、大手キャリアでスマホを購入すると、同じキャリア間でしか使えないように「SIMロック」と呼ばれる制限がスマホ自体にかけられています。

そのため、格安スマホとして使いたいなら、SIMロックの解除のリクエストをする必要があります。

解除が外れたスマホのことは「SIMフリー」と呼ばれ、キャリアに関係なく格安スマホの業者とも契約をすることが可能になります。

SIMロックの解除方法や契約内容はキャリア会社によって異なるため、格安スマホを使いたい方は、現在利用しているキャリアにSIMロック解除の方法を確認しましょう。

格安スマホの業者を利用すれば、大手キャリアで契約するよりも安くスマホを使うことができるため、毎月のスマホ代を節約したいという方を中心に格安スマホは人気を集めています。

格安SIM業者と呼ばれる業者と契約する

格安スマホサービスを提供している企業は、OCNBIGLOBEなど携帯キャリアではない業者です。

これらの業者は「格安SIM業者」と呼ばれ、大手キャリアから電波インフラを借りて、通信サービスをおこなっています。

格安SIM業者は大手キャリアと比べると少しユニークなサービス内容を提供しているのが特徴で、低価格の通信サービスもその独自サービスの一つです。

格安スマホプランの中には、大手キャリアの月額料金の半額程度でスマホを利用できるものもあるため、非常にお得にデータ通信や電話を利用することができます。

格安スマホの魅力

ここでは、格安スマホの魅力を3つのポイントに分けて紹介します。

大手キャリアより安く使える

格安スマホの最大の魅力ともいえるのが、なんといっても月額料金の安さです。

大手キャリアのスマホと比べると、半額ほどの料金で使える格安スマホが多く、中には月額料金を4分の1に抑えることもできます。

安いものでは月2,000円以下のプランを提供している格安スマホサービス会社もあるので、できるだけ安くスマホを使いたい方におすすめです。

また、SIMフリーのスマホ端末と格安SIMカードの2つがあれば利用できるため、格安スマホには初期費用もほとんどかからないというメリットがあります。

料金プランがシンプルで分かりやすい

格安スマホには、料金プランがシンプルで分かりやすいという魅力もあります。

大手キャリアでの契約では、よく分からないサービスや使ったことがないサービスが含まれていて、理解していないけれど支払っているという方も中にはいるかと思います。

しかし、格安スマホの契約は、通信データのみのプランか通信データ+音声通話のプランかを選び、その上でデータ通信料を決めるだけで済みます。

そのため、現在大手キャリアを利用していて、よく分からないサービスにも毎月料金を支払っているという方には、契約プランがシンプルな格安スマホは魅力的でしょう。

格安スマホの料金プランを決める手順は以下の通りです。

契約期間の縛りがない場合が多い

格安スマホの魅力の3つ目は、契約期間の縛りがないまたは期間が短いということです。

最低利用期間が決められていないため、必要がなくなれば2年または3年待たなくても契約を解除することが可能です。

特にデータ通信のみのデータSIMは縛りがない場合が多く、音声通話付きのSIMも契約期間が6カ月から12カ月などの短いものが多いです。

しかし、中には数年単位での契約が必要な格安スマホもあるので、契約の際には注意が必要です。契約期間に縛りがある場合、契約期間中に解約しようとすると契約解除金がかかります。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

乗り換え前に確認したい格安スマホのデメリット

魅力的なポイントが多い格安スマホですが、デメリットも何点かあるようです。ここでは、格安スマホに乗り換える前に知っておきたいデメリットを紹介します。

通信速度が不安定

格安スマホは大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているため、回線が混みやすく通信速度が不安定というデメリットがあります。

通勤通学ラッシュの時間帯や平日の18時から24時など、回線が混みやすい時間帯には通信速度がガクッと落ちてしまうこともあるようです。

大手キャリアの回線と比べると通信速度が遅い傾向があるので、通信速度を重視したい方は格安スマホはデメリットが多いと感じてしまうかもしれません。

気になる格安SIMサービスの速度が知りたい方はSIMチェンジ内のスピードチェッカーでチェックしてみましょう。

キャリアメールが使えない

格安スマホに乗り換えると、ドコモやauなどの大手キャリアで使っていたキャリアメールが使えなくなります。

キャリアメールとは「~@docomo.ne.jp」や「~@ezweb.ne.jp」といったメールアドレスのことで、大手キャリアのみが提供できるサービスです。

しかし、格安スマホでもGmailやYahoo!メールなどのフリーメールは引き続き使うことができます。

キャリアメールよりもフリーメールやアプリを普段から連絡手段として使っている方は格安スマホでも問題ないでしょう。

大手キャリアよりも通話料金が高いケースが多い

格安スマホを提供している業者では、通話料金が大手キャリアよりも高めに設定されていることが多いです。

月額料金は安くても、通話料金が高い格安スマホが多いため、通話することが多いという方は格安スマホへの乗り換え時に注意が必要です。

通話が多い方は、かけ放題プランを提供している格安SIM業者を利用したり、LINEやSkypeなどの無料で通話できるアプリを使うのがおすすめです。

クレジットカード決済が多い

複数の支払い方法を用意している大手キャリアとは異なり、格安スマホの多くはクレジットカードでの支払いのみで、コンビニ振り込みや銀行引き落としができません。

クレジットカードがないと支払いができなくなってしまうので、格安スマホに契約する際には事前に支払い方法をよく確認しておきましょう。

中にはコンビニ振り込みや銀行引き落としができる格安スマホサービスもあるようなので、クレジットカードを持っていない方は支払い方法で業者を選ぶのもよいかもしれません。

購入可能端末が限られる

スマホ端末は、回線や電波(対応バンド)に対応していないと使用することができません。

そのため、格安スマホを利用したいと思っても、現在使っているスマホが格安SIM業者が提供している回線や電波に対応していないと、通信や通話をすることが不可能です。

回線を利用できなかったというトラブルを避けるためにも、回線とスマホの対応バンドは契約前にしっかりと確認しておきましょう。

また、回線や電波などの情報がよく分からないという方には、格安スマホ契約の際に端末とセット購入ができる格安SIMがおすすめです。

この場合、対応している端末しかセット購入できないため、回線や対応バンドを確認する必要がありません。

多くの種類の中から端末を選びたい、または使いたい端末が決まっているという場合は、取り扱っている端末の種類が多い業者を選ぶのがおすすめです。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

格安スマホへ乗り換える方法

格安スマホへの乗り換え方法は、通常のキャリア会社との契約とは少し異なる点があります。ここでは、今使っているスマホサービスから格安スマホに乗り換える方法を紹介します。

乗り換えに必要なものを準備

まずは、格安スマホに乗り換えする際に必要となるものを準備しましょう。

乗り換え時に用意するものは以下の通りです。

使用する端末を選ぶ

乗り換え時に必要なものを全て準備したら、次は使用する端末を選びましょう。

使用する端末は、利用する予定の格安SIM業者から購入するか、現在使っている端末をそのまま利用するかの2つの方法から選ぶことができます。

格安SIM業者から新たに購入する

一つ目の方法は、格安SIM業者と格安SIMカードの契約をすると同時に、新たにスマホ端末を購入することです。

この場合、格安SIM業者が提供している回線や電波に対応している端末のみを購入できるため、対応可否を確認する必要がないというメリットがあります。

格安スマホに乗り換えたけれど、SIMカードが使用できなかったというトラブルを避けることができます。

現在の端末をそのまま使用する

二つ目の方法は、現在大手キャリアで使っている端末をそのまま使用することです。

大手キャリアで使っていた端末にはSIMロックがかかっているため、現在使っている端末をそのまま使うには以下の2つのポイントを確認しましょう。

  • 乗り換えたい格安スマホが現在使っているキャリアと同じ回線を使っているか

格安SIM業者は大手キャリアの回線を一部借りて使っているため、同じ回線のキャリアからの乗り換えであればそのまま端末を使用できます。

現在使っているキャリアがドコモであればBIGLOBEやNifmo、auであればBIGLOBEやmineo、ソフトバンクであればU-mobileなどが同じ回線を使用している格安SIM業者です。

  • 端末のSIMロックを解除する

現在使っている端末が2015年5月以降発売のものであれば、SIMロックを解除すれば格安スマホに乗り換えることが可能です。

SIMロックの解除はネットや大手キャリアの店頭で行うことができます。店頭での手続きの場合は手数料がかかるので、事前に金額を確認しておきましょう。

契約中のキャリアからMNP予約番号を取得

格安スマホに乗り換える時に準備しておくものの一つである「MNP予約番号」は、現在使っている番号を他社で使えるようにする番号のことです。

このMNP予約番号を取得しておけないと、同じ電話番号を引き続き使うことができません。

MNP予約番号にはどのキャリアでも共通で15日間の有効期限があるため、有効期限内に格安スマホに乗り換える必要があります。

電話や店頭で発行申込みを行うと手数料がかかる場合もあるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

各キャリアでのMNP予約番号の申込み方法は以下の通りです。

乗り換え前のキャリアMNP予約番号の申込み方法
ドコモ
  • 電話
  • ドコモショップ店頭
  • 公式ウェブサイト
au
  • 電話
  • auショップ店頭
  • 公式ウェブサイト
  • EZweb(ガラケーのみ)
ソフトバンク
  • 電話
  • ソフトバンクショップ店頭
  • My SoftBank(ガラケーのみ)
ワイモバイル
  • 電話
  • 公式ウェブサイト
格安SIM(格安SIM業者)
  • 電話
  • 公式ウェブサイト

乗り換え先の格安SIM業者で契約の手続きをする

MNP予約番号を取得したら、15日間の有効期限内に乗り換え先の格安SIM業者と契約を行いましょう。

インターネットや店頭で手続き可能

格安SIM業者との契約は、インターネットや店頭で手続きをすることが可能です。

各業者で手続きの流れは異なるため、契約する予定の格安SIM業者のウェブサイトを確認したり、対応している店頭で直接確認したりしましょう。

インターネットでの手続きを行う場合は、各格安SIM業者の公式ウェブサイトの申込み画面から、手順に従って必要情報を入力しましょう。

多くの業者は分かりやすく手順を説明しているため、初めて格安スマホに乗り換える方も安心です。

手続き中は電話やネットが使えないので注意

MNP予約番号の転出手続きと、乗り換え先の格安SIM業者の新規申し込みを済ませた時点で、現在使っているSIMカードと電話番号が使えなくなってしまいます。

頻繁に電話やネットを使う必要がある方は、乗り換えのタイミングに注意が必要です。

ネットで格安スマホへの乗り換え手続きをした場合、通常2~3日間前後、電話もネットも使えない空白の期間ができてしまいます。

空白期間があると困るという場合は、店頭での手続きか「即日MNP」ができる格安スマホを選ぶのがおすすめです。

「即日MNP」の格安スマホなら、新しい格安SIMが届いたら自分の好きなタイミングで切り替えができます。

手続きをしてから格安SIMが届く業者と異なり、自分で切り替えのタイミングを決めることができるため、実質電話やネットが使えないのは数十分ほどに抑えることが可能になります。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

お得に乗り換えるタイミングとポイント

お得に利用できる格安スマホですが、乗り換えのタイミングとポイントを押さえると、よりお得に乗り換えることができます。

契約更新月で乗り換えるのが一般的

キャリアの契約には、「2年縛り」または「3年縛り」と呼ばれる最低契約期間があります。

この契約期間中に解約してしまうと、解約手数料と呼ばれる違約金が発生してしまいます。金額はキャリアや加入していたプランによって異なりますが、9,000円前後です。

そのため、違約金を支払わずに解約できる、契約期間が終了する「契約更新月」で格安スマホに乗り換えるのがおすすめのタイミングです。

なお、契約更新月のタイミングで解約しなかった場合、その契約は基本的に自動で更新されてしまうため、格安スマホに乗り換えるなら契約更新月がいつなのかを確認しておくのが大事です。

契約更新月は一般的に契約終了月から3カ月間と決まっています。キャリアを契約した翌月を1カ月目として、それから24ヵ月目〜26ヵ月目の3カ月間が更新月となります。

2019年10月1日の改正法令により、2年定期契約を途中で解約するときの違約金の上限が、1,000円と定められました。

しかし、これは2019年10月以降に契約した方のみが対象となるため、それ以前に契約した場合は以前と同じように9,000円前後の違約金がかかってしまうため注意が必要です。

契約期間中の違約金について法改正がされましたが、2019年10月以前に契約をした場合は、変わらず契約更新月に格安スマホに乗り換えるのがお得といえます。

契約更新月が遠い場合は早めに乗り換える

契約更新月よりも前に格安スマホに乗り換える場合、違約金はもちろん、残金がある場合は端末代金も支払う必要があります。

端末の代金が残っている場合は、解約時に残りを一括で支払うか分割で支払うかを選ぶことができます。

違約金を支払うなら乗り換えない方がよいと思う方もいるかもしれませんが、格安スマホのほうが大手キャリアよりも月額料金がお得なため、契約更新月まで遠い場合は早めに乗り換えるのがおすすめです。

これは、キャリアと格安スマホの毎月の料金の差額を考えれば、その差額で端末代金の残りを数カ月で支払いきることが可能になることが多いからです。

例えば、現在契約しているキャリアの月額料金が7,000円の場合、月額2,500円の格安スマホに乗り換えれば、月々4,500円お得になります。

乗り換え時に違約金や手数料が約2万円かかってしまったとしても、毎月4,500円分得することになるため、約4カ月で乗り換え時の元を取ることができます。

そのため、違約金を支払ってでも早めに乗り換えするのがおすすめなのです。

契約更新月まであと2~3カ月しかない場合は、それまで待つ方がお得ですが、まだ10カ月以上あるという場合は、早めに格安スマホに乗り換えることをおすすめします。

乗り換え先のキャンペーンを利用する

よりお得に格安スマホに乗り換えたいなら、乗り換え先のキャンペーンを積極的に利用しましょう。

各格安SIM業者でキャンペーンをおこなっており、そのキャンペーン内容によっては大幅に月額料金や初期費用を抑えることが可能になります。

格安スマホの契約時に使えるキャンペーンは、主に以下の通りです。各業者によって異なるため、ウェブサイトや店頭での情報を確認しましょう。

それぞれのキャンペーンによって内容は異なるため、乗り換え先のキャンペーン内容やキャンペーンの併用ができるのかなどを確認しておくとよいでしょう。

乗り換え時のキャッシュバックは大きな金額が返ってくるためよりお得に感じますが、長い目で見ると月額料金の割引の方がお得なケースもあります。

キャンペーン金額を計算してみて、自分が一番得するキャンペーンを選ぶのがおすすめです。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

格安スマホに乗り換える前の確認事項

ここでは、格安スマホに乗り換える際に気を付けておきたい点を紹介します。事前に注意点を知っておくことで、乗り換え時のトラブルや悩みを避けることができます。

乗り換えには必ずMNP転出手数料がかかる

今の番号をそのままキープして、他のキャリア格安SIM業者から格安スマホに乗り換える場合、必ずMNP転出手数料がかかってしまいます。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアは共通で、3,000円のMNP転出手数料が基本的にかかります。なお、各格安SIM業者の手数料も、一部を除いて3,000円の場合が多いようです。

通信速度の速さや安定性も重視する

格安スマホは大手キャリアと比べると、通信環境や時間帯によって通信速度が遅くなる傾向があります。そのため、乗り換え時には月額料金の安さだけでなく、通信速度の速さや安定性も重視して格安SIM業者を選びましょう。

例えば「UQモバイル」や「Y!mobile」は大手キャリアのサブブランドのため、格安スマホでも比較的通信速度が速く安定しています。

月額料金の安さだけで格安スマホを選んでしまうと、スムーズにデータ通信ができない、ネットにつなげられないなどのトラブルが発生する可能性があります。料金と通信速度のどちらも加味して慎重に選びましょう。

テザリングに対応しているかを確認

スマホとあわせてパソコンやタブレットなどの端末もよく利用するという方は、乗り換え先の格安スマホがデザリング機能に対応しているのかも事前に確認しておくとよいでしょう。

デザリングは、スマホ経由でパソコンやタブレットをインターネットに接続する機能のことを指します。スマホがあればインターネットを複数の端末で利用できるため、便利な機能です。

格安スマホでも基本的にデザリング機能の使用は可能ですが、古いスマホ端末では対応していない場合があります。

そのため、デザリング機能をよく使う方は、各格安SIM業者のウェブサイトでデザリング機能に対応している機種を確認しましょう。

古い端末のみを販売している格安SIM業者だとデザリング機能が使えない可能性があります。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

格安スマホの乗り換えでスマホ代をお得に

格安スマホに乗り換えると、毎月のスマホ代を大きく削減することが可能になります。大手キャリアで契約するよりもお得にスマホを毎月使えるので、携帯代を抑えたい方に格安スマホはおすすめです。

格安スマホに興味がある方や乗り換えしたい方は、ぜひ今回紹介した内容を参考に、お得に格安スマホに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

またどの格安SIMを選ぶか迷っている方には格安スマホ診断がおすすめです。簡単な質問に答えるだけで、自分の条件に近いスマホをすぐに見つけることができます。

注目!
注目!

格安SIMに切り替えると
どのくらいおトクなの?

現在、月々のスマホ代が だとしたら
現在、月々のスマホ代が
8,000円だとしたら
格安SIMに替えると
月々0,000円もおトク!
月々6,391円もおトク!
格安SIM比較診断 通話SIM 3GB 最安プラン(特典の割引は除く)
をもとに算出(2018年5月23日現在)
さっそくあなたにぴったりな
プランをみつけよう

SHARE!!