1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 【実機レビュー】大容量バッテリー!ZenFone 3 Maxを使ってみた。
 

【実機レビュー】大容量バッテリー!ZenFone 3 Maxを使ってみた。

cof
スマホ

ZenFone 3 MaxをBIGLOBE SIMの格安SIMで実機レビュー。ZenFone 3 Maxといえば4100mAhの大容量バッテリーを搭載した5.2インチスマホ。気になるスペックやカメラ画質のチェックは勿論、販売しているMVNO等や他スマホとの比較についてもご紹介します。

2017年1月より発売を開始した「ZenFone 3 Max」を触る機会がありましたので、再びBIGLOBE SIMの格安SIMで使ってみました。ZenFone 3 Maxといえば4100mAhの大容量バッテリーを搭載した5.2インチスマホです。

今回はZenFone 3 Maxを実機レビューしていきます。気になるスペックやカメラ画質のチェックは勿論、販売しているMVNOや他スマホとの比較についてもご紹介します。

【実機レビュー】ZenFone 3 Maxを使ってみた!

出典:ASUS ZenFone 3 Max

ASUSのSIMフリースマホであるZenFone 3 Maxを実機レビュー。ZenFone 3 Maxはこれまでレビューしてきたスマホの中では最大のバッテリー容量を搭載したスマホです。あえてフル充電から一度も充電させずに使い倒してみたいと思います。フル充電状態から何日持ったのかについてもレポートしていきますよ!

ZenFone 3 Maxのカラーバリエーションはシルバー・ゴールド・グレーの3色展開ですが、今回のレビューにはゴールドを使用します。また格安SIMはBIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)を使っています。

ZenFone 3 Maxのスペックは?

ZenFone 3 Maxのスペック(性能)をチェックしてみましょう。税抜き価格では2万円以下という価格帯からも分かるように、ZenFone 3 Maxはエントリーモデルの部類に入ります。 メモリは2GBと低めに設定されていますがCPUは「MediaTek MT6737M」のクアッドコアです。そのため操作性としてもまずまずといった感じです。指紋認証センサーの搭載やバッテリー容量などから鑑みると、2万円台とは思えないほどのお得感を得られますね。ちなみに画面サイズは5.2インチです。

そしてZenFone 3 Maxのバッテリー容量は4100mAh。前モデルであるZenFone Max同様に「リバースチャージ機能」に対応しています。リバースチャージ機能は端末の大容量バッテリーから他のデバイスに給電することができる機能ですので、言うならば「ZenFone 3 Max自体がモバイルバッテリーになる」ということです。

上画像はZenFone 3 MaxにポケットWi-Fiが繋がっている奇妙な光景ですが、このようにして他デバイスを充電することができます。なお、ZenFone 3とは異なり、充電に使用する入出力端子はmicro USBのType B仕様です。後述のZenFone 3 Laserも入出力端子はType Bなので、コストカットのためと捉えたほうが良さそうです。もちろんType B端子は一般的なAndroidスマホやポケットWi-Fiのほとんどがそうですし、むしろ凡庸性に優れているような気もします。ちなみにリバースチャージに必要な端子もきちんと付属しています。こういった配慮はありがたいですね。

なお、今回レビューのためにフル充電状態から一度も充電していないのですが、4日ほど使い続けたZenFone 3 Maxのバッテリー残量は28%です。4日も性能検証していて充電が切れないとは予想外でした。iPhoneシリーズの数倍であるバッテリーを搭載しているだけのことはありますね。ますますコストパフォーマンスの高さを実感しました。

ZenFone 3 Max スペック表

端末名
ZenFone 3 Max (ZC520TL)
メーカーASUS
画面サイズ5.2インチ 1,280×720ドット (HD)
CPUMediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
OSAndroid™ 6.0

RAM2GB
ROM16GB
カメラ画質背面:1300万画素
前面:500万画素
micro SD スロット
SIMカードmicro nano
通信(LTE)FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)

TD-LTE (B38/B41)

W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)

GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
Bluetoothv4.0
バッテリー4,100mAh

入出力端子micro USB type B
サイズ149.5mm × 73.7mm × 8.55mm
重量160g
本体カラーシルバー,ゴールド,グレー

ZenFone 3 Maxのカメラ性能レビュー

続いてZenFone 3 Maxのカメラ性能レビューに移ります。スペック情報によれば「背面:1300万画素・前面:500万画素」とのことで、2万円台で購入できるスマホとしては十分すぎるほどのカメラ性能を搭載していますね。スマホレビューでお馴染みとなっている我が家のスヌーピー(通称:スヌくん)を素材に撮影してみたいと思います。

最近よく執筆しているレビュー記事で撮られ飽きたのか、スヌくんが少し眠そうにしています。それはさておき実際の画質としては「想定内」といった感じでしょうか。1300万画素レベルのカメラを搭載しているスマホは近年多いですし、画質については可もなく不可もなしです。前回レビューしたAQUOS SH-M04の1310万画素との差もほぼありません。

ニンジンをあげたら機嫌を持ち直したようです。スヌくんがスマホスタンドで遊んでいる間にカメラレビューを続けます。ZenFoneシリーズのカメラといえばレンズが出っ張っている点が毎度の懸念点でしたが、ZenFone 3 Maxのカメラレンズはちゃんと引っ込んでくれています。持ち運びの際にレンズのキズを警戒しなくて済む点は大いに評価できるかと思います。

ZenFone 3 Maxのカメラレビューの総評としては、「2万円台のスマホとして見れば充分すぎる」といった感想を持ちました。発売が決定した当時は背面800万画素が価格とスペックのバランスにおけるボーダーラインだと認識していましたが、3万円台のスマホとほぼ同じカメラスペックをZenFone 3 Maxに搭載できたのはかなりレアなことではないでしょうか。

ZenFone 3 Maxはどこで買える?

文字通りの格安スマホであり、カメラ画質においても合格点をあげられるZenFone 3 Maxですが、格安SIMとセットで購入できるMVNOは以下になります。エントリーモデルとしては破格の性能ですが、意外にも取り扱いはまだ少ないようですね。

なお、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)ではZenFone 3 Maxの発売を記念して割引クーポンを配布しています。こちらのクーポンは対象プラン(音声通話SIMのライトSプラン(6GB)、12ギガプラン)を新規にお申し込みの際に、利用料金から毎月500円を6カ月間(合計3,000円分)値引きしてくれますので、ぜひご利用ください。
※クーポンの配布および利用可能期間は2017年4月2日まで

ZenFone 3 Maxを他スマホと比較してみる

ZenFone 3 Maxと他のスマホのスペックを比較してみましょう。今回の比較には前モデルである「ZenFone Max」と、ZenFoneシリーズの高コスパモデル「ZenFone 3 Laser」との2機種とスペックを比較してみます。

【vs ZenFone Max】前機種との違いは?

まずは、前モデルであるZenfone Maxとスペックを比較してみましょう。おなじMaxという符号が用いられ、大容量バッテリーを強みとしてきた両端末ですが、ZenFone 3 Maxにおけるスペックのベースは意外にもZenFone 2 Laserだと言われています。

スペック表から読み取れるZenFone 3 Maxで改善された点としては、「端末のコンパクト化」でしょうか。5.5インチから5.2インチへと画面サイズを縮小、バッテリー容量においても無駄をやや抑えて約42gも軽量化しています。発売年としては1年ほど開きがありますし、前モデルであるZenfone Maxを買う選択肢はほぼありません。バッテリー容量重視の方は、スペックも価格も◎なZenFone 3 Maxがオススメです。

ZenFone 3 Max と ZenFone Max スペック比較

端末名
ZenFone 3 Max (ZC520TL)
ZenFone Max
(ZC550TL)
メーカーASUSASUS
画面サイズ5.2インチ 1,280×720ドット (HD)
5.5インチ, 1,280×720ドット(HD),IPS
CPUMediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)Qualcomm® Snapdragon™ 410
OSAndroid™ 6.0

Android™ 5.0
RAM2GB2GB
ROM16GB16GB
カメラ画質背面:1300万画素
前面:500万画素
背面:1300万画素
前面:500万画素
micro SD スロット
SIMカードmicro×1
nano×1
microSIMスロット×2
通信(LTE)FDD-LTE :
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18
/B19/B26/B28

TD-LTE :B38/B41

W-CDMA :B1/B2/B5/B6/B8

GSM/EDGE :850/900/1,800/1,900MHz
FDD-LTE:
B1/B3/B5/B6/B8/B9
/B18/B19/B28

W-CDMA:
B1/B2/B5/B6/B8/B19

GSM : 850/900/1800/1900
Wi-FiIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
Bluetoothv4.0
v4.1
バッテリー4,100mAh

5,000mAh
入出力端子micro USB type Bmicro USB type B
サイズ149.5mm × 73.7mm × 8.55mm
156 ×77.5 ×5.2 mm ~ 10.55 mm
重量160g202 g
本体カラーシルバー,ゴールド,グレーブラック/ホワイト

【vs ZenFone 3 Laser】コスパ対決の勝敗はいかに?

続いて高コスパが特徴の売れっ子スマホであるZenFone 3 Laserとスペックを比較してみます。ZenFone 3シリーズでは数少ないデュアルSIMデュアルスタンバイ非対応モデルで、コストパフォーマンスの良さが追求している両スマホですが、どちらがスペックにおいて優れているかと言われれば、価格に1万円ほどの差があるZenFone 3 Laserです。こちらはミドルレンジモデルですので、CPUやメモリなどをみても差ははっきりしています。

スマホに対しそこそこの性能を求める場合はZenFone 3 Laserがオススメですが、普段使い程度のスペックでよい場合や仕事用など2台目のスマホをお探しの場合であればZenFone 3 Maxのほうがコストパフォーマンスとしては良いです。リバースチャージ機能などを活用することでよりスマホ周りを快適にすることができそうですね。

ZenFone 3 Max と ZenFone 3 Laser スペック比較

端末名
ZenFone 3 Max (ZC520TL)
ZenFone 3 Laser(ZC551KL)
メーカーASUSASUS
画面サイズ5.2インチ 1,280×720ドット (HD)
5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)
Corning® Gorilla® Glass 3
CPUMediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)Snapdragon 430 1.4GHz オクタコア
OSAndroid™ 6.0

Android 6.0.1 Marshmallow
RAM2GB4GB
ROM16GB32GB
カメラ画質背面:1300万画素
前面:500万画素
背面:1300万画素
前面:800万画素
micro SD スロット
SIMカードmicroSIMスロット×1、nanoSIMスロット×1microSIMスロット×1、nanoSIMスロット×1
通信(LTE)FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/
B18/B19/B26/B28)

TD-LTE (B38/B41)

W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)

GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)
FDD-LTE:B1/B2/B3/B5/B6/B7/B8/B18/B19/B28
TD-LTE:B38/B41
W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19TD-SCDMA:2,100(34), 1,900(39) MHz
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
Wi-FiIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
BluetoothBluetooth® 4.0

Bluetooth® 4.2
バッテリー4,100mAh

3,000mAh
入出力端子micro USB type Bmicro USB type B
サイズ149.5mm × 73.7mm × 8.55mm
149 mm× 76mm × 7.9mm
重量160g150g
本体カラーシルバー,ゴールド,グレーゴールド/シルバー

【実機レビュー】ZenFone 3 Maxを使ってみた!まとめ

ZenFone 3 Maxの実機レビューをご紹介しました。ZenFone 3 Maxは届いてから記事執筆までの4日間一度も充電せずとも問題ないタフなスマホです。カメラ画質などのスペックも申し分ない位にはバランスも良く、値段以上の働きをしてくれる便利な1台でした。リバースチャージ機能が備わっている分、2台目のスマホ兼モバイルバッテリーとして持っておくのもおすすめです。格安SIMと組み合わせて安く運用してみてはいかがでしょうか?

公式サイト:
楽天モバイル
BIGLOBE SIM
OCN モバイル ONE
DMMモバイル
nuromobile【2月1日~】