1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. カケホーダイの格安SIMを徹底比較!おすすめは?
 

カケホーダイの格安SIMを徹底比較!おすすめは?

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s
SIM

格安SIMにも存在する電話定額制プラン。いわゆる電話かけ放題プランです。あまり有名ではない格安SIMもありますが、実は期待ができるかけ放題もあるんです。

格安SIMでも電話をたくさん使いたいと考える人は結構います。格安SIMには電話使い放題がないと思われているようですが、実は格安SIMにもカケホーダイプランがあるんです。有名ではないだけでプランとしては存在します。今回はその電話使い放題について紹介します。

実はあった格安SIMのカケホーダイ

ドコモ、au、ソフトバンクでは国内の通話料金を無料にする電話カケホーダイ等のサービスは有名ですね。実は格安SIMにもありました。

IP電話でカケホーダイ「NifMo」

2015年に登場したNifMo(ニフモ) の「NifMoでんわ」はIP電話サービスを使った月額定額制の通話サービス、つまりインターネット回線を使った定額電話サービスです。

月1,300円で国内の通話ならすべて無料になります。すぐにでも飛びついてしまいそうですが、IP電話になるのでインターネット回線が遅くなると電話もノイズや途切れが発生します。また、電話をかけても相手に電話番号が通知されなかったりするので一工夫必要となるようです。そもそも携帯電話番号ではなく050番号になるのでかけられない番号もあったり制限が大きいのが難点。実用性から考えるとあまりオススメではありませんね。

公式サイト:NifMo

「もしもシークス」かけたい放題フル

格安SIMの一つにもしもシークスという会社があります。

もしもシークスでは2,780円で通話無料のプランが使えます。内訳は基本料金980円とかけたい放題フル1,800円です。月額2,780円で500MBのデータ通信と電話がかけ放題になるのは非常に魅力的。しかもiPhoneもセットで購入できるんです。魅力的すぎて早速申し込みを!と思いましたが実はもしもシークスの通話品質は不評なのだとか・・・。どうやら通話に関してはディレイが発生していると噂がありました。ディレイとは遅延のことです。

そこでもしもシークスにメールで確認をとったところ
「音声通話の品質が他の通信会社と同じ品質かというご質問ですが、現状ディレイが発生しており、通話が若干遅く聞こえるといったご意見を頂戴しております。
また、声がこもって聞こえたり、途切れてしまうといった事象もございます。日々改善にむけて調整をしており、6月を目途に改善できるよう努めております。」メール引用

と回答がありました。公式的に問題点を認識しているということですので、電話に関してはほとんど使い物にならないのでは?と思っています。ですが、6月を境として改善するということです。5月中旬ごろにもしもシークスでは通話品質改善に向けた設備投資を行う予定でその設備が整うのが6月中ということなのかと思います。もしもシークスのかけたい放題フルは6月以降に期待です!

「Y!mobile」のスーパー誰でも定額

正式にはMVNOではないので格安SIMではないのですがドコモ、au、ソフトバンクよりも安いプランがあるので格安SIMっぽく扱われているY!mobile(ワイモバイル) にはスーパー誰とでも定額があります。

基本的には一番安いプランであるスマホSプラン2,980円に1,000円のオプションを追加することで3,980円で国内の全ての通話を無料にすることができます。電話品質は通常の携帯電話回線なので全く文句なし。今までと同じように電話ができます。

月額3,980円は格安SIMと比べると高いな〜と思ってしまいますがよくよく考えてみるとそうでもなかったりします。 例えば、格安SIMでSMS付きデータプランを使った場合3GBプランでは1,000円程度の料金が必要になります。さらにドコモ、au、ソフトバンクでカケホーダイを使うと2,700円です。携帯電話プランとしても2,200円です。合計すると携帯電話と格安SIMの場合は3,200円。差額は780円です。

もし、格安SIMとドコモのカケホーダイを両方使いたいとなると、2台持ちにするか、SIMカードが2枚使えるスマホが必要になり、その操作も面倒になります。でも、Y!mobileなら780円を追加で支払うだけで1台のスマホでスマートにスマホで全てが使えます。しかもメールアドレスも使えます。Y!mobileのSプランは1GBプランなので1GBじゃ足らないよという場合は格安SIMを使ったモバイルルーターを使うといいでしょう。

公式サイト:Y!mobile

格安SIMのカケホーダイはどれを選ぶ?

3つの定額制通話プランのある格安SIMを紹介しましたが、さてみなさんはどれを選びますか?

SIMフリースマホを持っているなら「Y!mobile」がいい

今すでにSIMフリーのスマホを持っていてどの格安SIMでも使えるよという方にはY!mobileがおすすめです。すでにプランも品質も問題ないので月額料金3,980円に納得できればY!mobileを申し込みましょう。

「もしもシークス」は6月以降に期待

Y!mobileはまだちょっと高いなーーと思う方はもしもシークスを待ちましょう。6月以降ということなので7月か8月には結果がでるのではないのかな?と思っています。結果が分かり次第SIMチェンジでお知らせしますのでご期待ください。

もしもシークスのかけたい放題フルが問題なく利用出来るレベルになると格安SIM全体を塗り替えるレベルの革命になりますね。料金も3,000円未満から使えるので理想の格安SIMになります。

IP電話でぜんぜんかまわないなら「NifMo」

IP電話で全然問題ないよという方は「NifMoでんわ」を使いましょう。特定の人との通話等には使えそうですね。スマホ同士ならskypeやLINE電話でいいのですが、携帯電話相手となるとそうもいきませんのでNifMoでんわを利用するのも良い方法だと思います。

格安SIMのカケホーダイ比較「Y!mobile」vs「もしもシークス」vs「NifMo」まとめ

格安SIMのカケホーダイ比較「Y!mobile」vs「もしもシークス」vs「NifMo」をまとめました。

格安SIMのカケホーダイ比較「Y!mobile」vs「もしもシークス」vs「NifMo」まとめ

格安SIMのカケホーダイ比較の1位は現状ではY!mobileですね。ドコモ、au、ソフトバンクよりも安く通話料金を0円に出来ます。少しでもスマホの料金を安くしたい方はY!mobileを選びましょう。

公式サイト:NifMo

公式サイト:Y!mobile