1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Y!mobile(ワイモバイル)は本当に安い?おすすめの使い方とは
 

Y!mobile(ワイモバイル)は本当に安い?おすすめの使い方とは

SIM

特徴的な料金プランで攻勢を続けるY!mobile(ワイモバイル)。一見お得なプランのようですが、本当に安くなるのか疑問をお持ちの方も少なくないようです。そこでワイモバイルの料金プランの特徴や利用方法などをまとめました。

ニャンキュッパからワンキュッパへと、Y!mobile(ワイモバイル)は攻勢を続けています。本当に安いのかを疑問に思っている方もいるかもしれませんね。今回はY!mobileの料金プランやオプションの内容から、オススメのユーザーや利用方法をまとめました。安く利用したい方は要チェックです。


Y!mobile(ワイモバイル)のプランの特徴

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランは、3種類とシンプルです。

3種類のプラン

スマホプランS:
3,218円、月間データ容量1GBまで
スマホプランM:
4,298円、月間データ容量3GBまで
スマホプランL:
6,458円、月間データ容量7GBまで

記事執筆時点では「ワンキュッパ割」が実施されているので、ここから1,080円割引になります。ワンキュッパ割りは2016年8月にスタートしたディスカウントサービスで、終了時期は現在のところ未定となっています。ワンキュッパ割がなくても大手キャリアの料金プランよりは割安ですが、ワンキュッパ割が始まったことでさらに魅力的な価格になりました。

さらに、現在はデータ容量2倍キャンペーンも実施されているので、データ容量が契約プランの2倍利用できます。倍増となる期間は2年間と限定されていますが、例えばスマホプランなら6GB利用できることになります。これらを加味すると次のようになります。

スマホプランS:
2,138円、月間データ容量2GBまで
スマホプランM:
3,218円、月間データ容量6GBまで
スマホプランL:
5,378円、月間データ容量14GBまで

※ワンキュッパ割・データ容量2倍キャンペーンを加味

無料通話サービスが含まれている

S・M・Lのいずれのプランにも、無料通話サービスが含まれています。他社のスマホ・ケータイや固定電話への通話について、10分以内の通話であれば何度でも無料で利用することができます。10分を過ぎると通常の料金が加算されます。他社にも無料通話サービスがありますが、時間の長さや回数に細かい違いがあります。Y!mobileは10分以内の通話が多い方におすすめと言えるでしょう。

さらに、「ス―パーだれとでも割」という有料のオプションもあり、月額料金1,080円をプラスすることで、時間・回数が無制限になります。毎日長時間の電話をすることが多い方は、こちらのオプションを検討する価値があるでしょう。

注意点:2年後に料金が上がる

注意点として、Y!mobile(ワイモバイル)の料金プランはいずれも3年目に入ると料金が1,080円上がります。長期割引契約を交わすと上がる前の料金で利用できますが、2年間の自動更新となります。2年間の途中解約には解除料の10,260円がかかりますので、3年目から2年以内に他の事業者に移る可能性がある方は要注意です。

公式サイト:Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)の利用がさらに安くなるパターン① SIMカードのみ契約する

Y!mobile(ワイモバイル)はスマホ端末とのセットをメインとして販売を行っていますが、中には端末の価格が非常に高い機種も存在します。他で入手する方が安い場合もあるのです。

そこで出費を抑えるため、Y!mobileではSIMカードのみの契約を行い、SIMフリーの端末を別で用意する方法が考えられます。この方法はある程度SIMフリーの端末についての知識がある方がおすすめです。格安スマホはおろか、スマホも初めてという方にはハードルが高いかもしれません。

Y!mobile(ワイモバイル)の利用がさらに安くなるパターン② ソフトバンク以外のユーザーがMNPをする

ソフトバンクからのMNPの場合、スマホプランは24か月間、通常料金に1,080円プラスされます。

スマホプランS:
4,298円
スマホプランM:
5,378円
スマホプランL:
7,538円

ドコモ・auなど他の事業者からのMNP利用者に比べて、24か月で25,920円もの差額になります。ソフトバンク利用者にとっては慎重にならざるを得ない制約でしょう。このことから、ドコモ・auなどソフトバンク以外のユーザーの乗り換えがおすすめと言えます。

公式サイト:Y!mobile

Y!mobile(ワイモバイル)の利用がさらに安くなるパターン③ 2年経過したら別の事業者へ変更

Y!mobile(ワイモバイル)を利用するのは2年間限定と割り切って利用するのも、安く利用するための考え方の1つです。3年目以降も長期割引契約をすれば同じ料金になりますが、そこから2年間は契約を解除すると10,260円がかかってしまいますので、実質的には期間縛りです。

よって、最初からY!mobile(ワイモバイル)の利用期間を2年間と決めて、24か月経過したタイミングで別の事業者に乗り換えることで、高くなる料金や期間縛りを逃れることができます。

Y!mobile(ワイモバイル)をお得な料金で利用しよう!

Y!mobile(ワイモバイル)をさらに安い料金で利用するためには、何パターンかの工夫が必要です。MNPの事業者はどうしようもありませんが、SIMカードのみの契約・2年間限定利用などは検討してみてもよいでしょう。

大手携帯キャリアに比べれば確実に安く、通信速度も速いことには定評があります。10分間の通話が無料のサービスも人によってはかなり助かるサービスでしょう。少し工夫することで、さらに安くY!mobileを利用しましょう!

公式サイト:Y!mobile