1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Y!mobile(ワイモバイル)の料金には日割り計算されるものがある!
 

Y!mobile(ワイモバイル)の料金には日割り計算されるものがある!

pixta_26279510_M
SIM

Y!mobile(ワイモバイル)での料金については、日割り計算が一部で導入されています。格安SIMの契約では日割り計算されないこともあり、それに比べると加入のタイミングを見計らう必要がないので便利ですね。

Y!mobile(ワイモバイル)での料金については、日割り計算が一部で導入されています。格安SIMの契約では日割り計算されないこともあり、それに比べると加入のタイミングを見計らう必要がないので便利ですね。今回はY!mobileの日割り計算の仕組みについてまとめました。

Y!mobile(ワイモバイル)で日割り計算されるのはどの料金?

pixta_6234958_M

Y!mobile(ワイモバイル)では、まず契約初月の「基本使用料金」が日割り計算されます。例えばスマホプランS/M/L、データプランS/L、ケータイプランSSなどです。

また「オプション料金」についても、申し込みをした月に関しては日割り計算の対象になります。具体的には「スーパー誰とでも割」などです。月の途中でオプションに加入しても、初月の料金は使用日数の分のみの支払いでOKです。

付属情報ですが、Y!mobile(ワイモバイル)のオプション料金には「初月無料」となっているものがいくつかあります。「データ容量2倍オプション」などが該当しますが、これらのオプションは初月利用しても料金がかからないため、翌月までにオプションを解約すれば料金を一切支払う必要はありません。お試しで利用するのに便利です。

オプションについては、Y!mobileにおける各説明ページをよく見ると、「初月無料」や「日割で計算いたします」と説明表記があります。オプションを申し込む際には、事前にきちんと確認しましょう。

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

日割り計算の方法について

calculator

まず初月の定義については、「契約開始日を含む月」であり、例えば6/20が契約開始日ならば初月は6月です。契約開始日は、Y!mobile(Yモバイル)のSIM利用に切り替わった時点のことです。

Y!mobile(ワイモバイル)からのSIM・端末などの荷物を受け取ると、2日後には回線がY!mobileの使用に切り替わります。具体的な初月の基本使用料金の計算方法は、6/20の例だと基本料金に10/30をかけた金額となります。30日のうち10日しか利用しないためですね。

オプション料金については、申し込みをした日から適用となるので、その日以降月末までの日数分が初月の料金として請求されます。オプション申し込みの方法として、カスタマーセンター、My Y!mobile、ワイモバイル取扱店があり、いずれに関しても申し込みをした日に適用されます。

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)で日割りが適用されない費用は?

pixta_12236844_M

まず初期費用である事務手数料については日割りの適用になりません。加入の際の事務手数料3,240円は一括で支払うことになります。また、端末の代金も一括払いなら一括で、分割払いなら月数に応じた分割になります。分割払いでも、初月の料金は日割りにはされません。

またもう1つ重要なポイントとして、解約料金についても日割りにはなりません。解約タイミングが月初でも月末でも、解約月の使用料金は1か月分まるまる請求されます。月末まで利用してから解約するほうがお得と言えます。契約するときの初月とは扱いが異なりますので注意してください。

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)では日割り計算になる料金もある

pixta_4

Y!mobile(ワイモバイル)では、初月の基本使用料金、オプション料金は日割り計算になります。月の途中で契約をスタートしても日割りになるので安心ですね。その一方で、事務理手数料や機種代金は日割りになりません。解約料金も最終月の分はまるまる支払う必要があるので、解約タイミングにはちょっと注意したほうが良いでしょう。

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)