1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. Y!mobile、「507SH」国内初のAndroid Oneスマホを発表!
 

Y!mobile、「507SH」国内初のAndroid Oneスマホを発表!

android-one-507sh-001 (1)
格安スマホ

ワイモバイルは、新モデルのスマートフォン「507SH」を発表しました。こちらはGoogleの「Android One」プロジェクトでは日本で初の端末として発売される予定で、最新のOSアップデートにいち早く対応するほか、防水なども備えています。

Y!mobile(ワイモバイル)は、新モデルのスマートフォン「507SH」を発表しました。こちらはGoogle社の「Android One」プロジェクトで日本初の端末として発売される予定で、最新のOSアップデートにいち早く対応するほか、防水なども備えています。

こちらの記事では507SHのスペックや発売日情報をいち早く紹介していきます。

Y!mobile(ワイモバイル)「507SH」で国内初のAndroid One端末を投入

Y!mobileはGoogleの最新アップデートが素早く受けられるAndroid Oneプロジェクト初の国内スマホとして、SHARP製の507SHを発表しました。本体カラーは3色展開で「スモーキーブルー/ホワイト/ブラック」があります。

Android Oneとは

AndroidとはGoogleが手掛けているスマートフォンのオペレーションシステムですが、Android OneはAndroidの最新OSバージョンの恩恵が受けられるプログラムです。

具体的に言うと各国に合ったハードウェア(スマートフォン)がメーカーによって開発され、OS(オペレーティングシステム)は基本的に非カスタマイズのAndroidが搭載されます。そのため最新OSへのアップデートが容易になっており、実際に発売日から2年間は毎月の自動アップデート対象となるのが特徴です。OSのアップグレードも最低18か月までサポートするので、バージョン7.0 Naugot(ヌガー)へのアップデートもほぼ確定的となっているのがメリット。

Android Oneといえば新興国向けのローエンド端末がこれまでは多かったのですが、日本で発売される507SHではSnapdragon 617のオクタコアプロセッサーを搭載するなど、より高性能の国内向けモデルに仕上がっています。

507SHのスペック

Y!mobileから発売される予定の507SHは、シャープ製のAndroidスマートフォン。OSバージョンは6.0 Marshmallowでもちろん最新のものをプリインしており、プロセッサーには8コアのSnapdragon 617、1310万画素の裏面照射型CMOSセンサー搭載カメラ、3010mAhの大容量バッテリーなど全体的に高性能なモデルに仕上がっています。

機種名
507SH
メーカーSHARP
OSAndroid 6.0
ディスプレイ約5.0インチ IGZO
1280×720(HD)
CPUQualcomm MSM 8952
(Snapdragon 617)
1.5GHz×4 +1.2GHz×4 オクタコア
RAM2GB
ROM16GB
カメラ機能背面カメラ1310万画素
インカメラ500万画素
バッテリー3010mAh
連続待受時間[4G] 約695時間
[3G] 約875時間
充電時間約210分
カラーホワイト、ピンク、ブラック
外部メモリmicroSDカードスロット
(最大200GB)
データ通信方式LTE / AXGP / 3G
対応周波数[4G]900MHz・1.7GHz・2.1GHz・2.5GHz
[3G]900MHz・2.1GHz
Wi-Fi802.11 b/g/n
おサイフケータイ-
NFC
防水・防塵
テレビワンセグ対応
Bluetoothv4.2
付属品テレビアンテナケーブル

Y!mobile(ワイモバイル)といえば「かけ放題も使える格安スマホ」という立ち位置を確立しつつありますが、MVNOと比較するとより高性能なスマートフォンが購入できるのもメリットと言えるでしょう。

高性能なCPU

507SH,Android OneはプロセッサーにMSM8952(Snapdragon 617)を採用。1.5×4コア+1.2GHz×4コア=合計8コアの高性能CPUとなっており、同時に省電力設計となっています。フラグシップ機のスぺックとはいかないまでも通常ゲームやウェブブラウジング、SNSがサクサク利用できる構成となっているのはY!mobileの「安くて使えるスマホ」を求めるユーザー層にもマッチしているように思います。

大容量バッテリー

バッテリーは3010mAhの大容量。連続待受時間、連続通話時間共に長時間となっています。メーカー側でも3日間の電池持ちを謳っており、シャープ独自のIGZOディスプレイや最新OSが省電力に貢献しているのが見て取れます。

キャップレス防水・防塵対応

防水機能はIPX5/8、防塵はIP5Xに対応。水回りでの利用も安心して使えるほか、ディスプレイには強化ガラスを使用しているのでアウトドアシーンでの利用にも活躍できるタフネス性を備えています。

ワンセグのテレビ視聴

国内メーカーならでは、といった部分が「ワンセグ」の視聴機能。同梱のアンテナケーブルを利用することで、快適に地デジ放送を外出先でも楽しむことができます。

発売日

発売日は7月下旬を予定。価格は割引後で実質1万~2万円台になる見込み。日本仕様×Android Oneというこれまでにない組み合わせとなっており、イメージとしてはNexusシリーズに似ているのかもしれませんね。気になる方は公式サイトを確認しておきましょう。

公式サイト:Y!mobile

507SH,Android Oneのまとめ

Y!mobile(ワイモバイル)では月額料金も安く利用できますし、507SHはOSアップデートが内定しているのでより長く安心して使えるスマートフォンです。7月下旬の発売予定なので、情報をチェックしておきましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)より安い通信サービスは下記の「SIMチェンジプラン診断」から比較できます。