1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ヨドバシ×ワイヤレスゲートが音声通話SIMとカウンター設置を発表
 

ヨドバシ×ワイヤレスゲートが音声通話SIMとカウンター設置を発表

ワイヤレスゲート音声
SIM

SIMフリー元年である今年、より多くの人により細やかなMVNOサービスを。それを実現させるべくワイヤレスゲートとヨドバシカメラが新たな試みを開始!発表されたばかりのワイヤレスゲートの音声通話SIMと、ヨドバシカメラ店舗のSIMカウンターについて詳しく知りましょう。

SIMフリー元年と言われる2015年。MVNO各社が様々な戦略を続々と発表していますが、ワイヤレスゲートのSIMになんと音声通話のついたプランが出されることになりました。2015年4月28日から販売が開始される予定の、ヨドバシカメラと提携した「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 音声通話プラン」は、音声付きSIMの中でも最安値クラス。それだけでなく、ヨドバシカメラの店頭でSIM開通カウンターが設置されることになりました。こうしたサービスにより、ますます格安SIMが身近になっていくこと間違いありません。どんなサービスなのか早速チェックしましょう!

name

ヨドバシとワイヤレスゲートの新たな挑戦

最安値SIMを常に提供してきた、ワイヤレスゲート&ヨドバシカメラ。新しく発表されたサービスとはどんなものなのでしょう?

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 音声通話プラン

新しく開始されることになったワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 。料金プランは次の通りです。

 
料金(税込)
通信容量
通信速度
SMS
音声付250Kbpsデータプラン1,300円無制限250Kbps込み
音声付3GBデータプラン1,700円3GB150Mbps込み
音声付5GBデータプラン2,300円5GB150Mbps込み
音声付8GBデータプラン3,500円8GB150Mbps込み
音声通話ができてこの値段!魅力的なサービスですね。

ワイヤレスゲートがなぜ音声SIM?

ワンコインSIMを開始するなど、今まで安さと使い放題にこだわった格安SIMとして知られていたワイヤレスゲートですが、今回は音声通話にも対応しました。その理由として、ワイヤレスゲートの池田武弘CEOはこのように述べています。

「当社はもともと『データをヘビーに使いたい』というユーザーを対象に、大手キャリアではできないプランを提供してきた。しかし店頭ではやはり、音声通話も欲しいという声も多く、4月28日からサービスを提供することになった」
出典:“SIMロック解除”で需要増に期待 ヨドバシ×ワイヤレスゲートが迎える「SIMフリー元年」

音声通話は欠かせないというニーズに敏感に応えたプランというワケですね。安くて使い放題でしかも音声通話もできる三拍子そろったSIM。それだけでなく、さらに魅力的なサービスも加えられています。詳しい特徴については、記事の続く部分でご紹介しましょう。

ヨドバシSIMカウンターを設置

新たなプランが加わっただけでなく、SIMカウンターが設けられるというサービスについても、ワイヤレスゲートの提携先ヨドバシカメラから発表されました。

店頭でSIMフリーについて教えてくれるのであれば、MVNOが多くの人にとって手の出しやすいものになるハズ。まさに、5月下旬に迫るSIMフリー義務化を見越したサービスですね。

ワイヤレスゲート×ヨドバシの音声SIMのすごいところ

ヨドバシカメラの店舗そしてオンラインショップで販売される予定の「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 音声通話プラン」。それでは、今回開始されたこのヨドバシ×ワイヤレスゲートのSIMの特徴をチェックしましょう。

Wifiつき音声SIM

音声SIMの価格としては最安値クラスの1,300円。速度は250Kbpsと遅めですが使い放題のデータプランとなっています。

同じくヨドバシと提携して出しているNifMo(ニフモ) の音声SIMと比べてみましょう。

プラン名ワイヤレスゲート
音声対応プラン
ヨドバシカメラ限定NifMo
音声通話対応スタートプラン
高速データ通信容量制限なし制限なし
料金(税込)1,300円1,180円
通信速度250Kbps200Kbps

価格としては、120円NifMoのプランが安くなっていますが、考慮したいのはワイヤレスゲートにはWi-Fiサービスがプラスされているという点です。通常390円のコストがかかるWi-FiサービスをSIMプランに追加されているわけなので、実質910円の音声通話プランになります。

この点を考えたら、音声付プランでは最安値だといってもいい価格になるでしょう。

速度を選べる

250Kbpsのコースは速度は遅めでも、通常のメールやサイト閲覧、パズドラなどのゲームにも困らない速度設定。しかし動画視聴などを楽しみたいユーザーにとっては、たとえ使い放題であってもこの速度では利用できないという人もいます。

そんな人にとっては、150Mbpsの高速通信用タイプも選べるのもうれしいポイントではないでしょうか?Wi-Fiの無料利用とSMSも付いて、3GB1,700円は他のMVNOとも競合する低価格です。

データ量も選べる

速度も選べればデータ量も選べます。4つのプランから自由に選択できるうれしさがありますね。

解約金がかからない

この音声通話SIMの最大の特徴と言えるのが、最低利用期間なし・解約金なしという画期的な契約設定。

通常の音声通話付きプランは、6カ月から1年ほどの最低利用期間があるものです。この最低利用期間の縛りが乗り換えの障壁になっていたことに注目し、障壁を最大限にまで下げて気軽に格安SIMをスタートできるようにしたようです。

解約手数料がかからないというのは、MVNOへの乗り換えを考えている人にとっては朗報ですね!MVNOへの敷居がますます低くなっていく動きが感じられます。

MNP転出は高めの料金設定

解約手数料はかからないのですが、気をつけたいのがMNP転出時の手数料は1万1,880円で、他社と比べ大幅に高価格。つまりワイヤレスゲートから他のキャリアやMVNOに乗り換えたくなったら、結局1万円強の手数料がかかってしまうのです。

しかし大手キャリアから乗り換える際の差額は約4,000円ほどなので、他に乗り換えるとしても3カ月あれば元は取れるでしょう。

ヨドバシカメラ店頭に設置するSIMフリーカウンター

MVNOや格安SIMについて尋ねたいとき、店頭ですぐに対応してくれる場所があったらいいなぁ。そんな願いに応えたSIMフリーカウンターがヨドバシカメラの店舗に設置されることになりました。

携帯を買いたいと思ったら、キャリアショップではなくヨドバシのカウンターへ。そんな形のサービスは、秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディア Akibaに第1号として5月中旬ごろ開始される予定です。 画像タイトル 出典:ヨドバシカメラ/5月中旬からSIMフリー専門カウンターを設置

いったいどんなサービスが展開するのでしょうか?

プランを提案してくれる

このカウンターではMVNO各社のプランを選択するための相談を受け付けてくれるようです。取り扱われることが決定しているMVNOは次の8社。

ヨドバシカメラの
SIMフリーカウンター
ワイヤレスゲート
OCN
BIGLOBE
Uモバイル
NifMo
UQモバイル
フリーテル
ワイモバイル

様々なプランがあるのでどれがいいかを相談できるのはうれしいですね。このサイトでも数秒で簡単に最適プランを診断してくれる「プラン診断」があるので、参考にしてみるのはいかがでしょうか。カウンターで相談するにしても、だいたいの目星をつけて置いて、自分に合う会社名を知っておくことはSIM選びに有利に働くはずです。

即日開通してくれる

さらにカウンターで即日開通することができます。最短で30分のサービスになるようです。

IIJmio(みおふぉん) と提携しているビックカメラのBICSIMカウンターでも即日開通することができましたが、開通できるのはBICSIMのみでした。多くのMVNOで開通することができる初めてのカウンターと言えます。

アフターケアをしてくれる

格安SIMについてよくわからないのに、とりあえず開通はした。でもその後色々聞きたいことがある!そんな声にも応えて、アフターサービスにも対応するようです。

ここまできめ細やかになると、どんな人もSIMフリーデビューできそうな態勢が整っていると言っても過言ではないですね。

ワイヤレスゲート×ヨドバシのSIMまとめ

ワイヤレスゲートとヨドバシのSIMについて紹介しました。新たなサービスを提供するワイヤレスゲートとヨドバシカメラ。格安SIMへのニーズにこたえる強い姿勢が感じられますね。この新たなサービスのメリットをまとめてみるとこんなカンジ。

音声通話プラン
開始
Wi-Fiサービス付きで音声通話プラン最安値
最低利用期間なし・解約金なしだから格安SIMデビューのハードルが低い
ヨドバシ店頭に
SIMカウンター設置
プラン提案・即日開通・アフターケアと最初から最後まで面倒を見てくれる

SIMフリー元年の発展にもますます期待できそうなサービスが開始されましたね。今こそMVNOについてもっと知っておくべき時かも!どんなプランが自分に合うのか、大体のことを把握したいなら、プラン診断が役立ちます。無料で簡単にチェックできるので、こちらもどうぞお試しください。