1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ビジネスマン必見!SIMフリーのWindows Phone
 

ビジネスマン必見!SIMフリーのWindows Phone

スクリーンショット 2015-05-07 21.54.38
SIMフリースマホ

SIMフリーのWindows Phone市場は海外ですでにシェアを握っていますが、国内でもfreetelやマウスコンピューターがWindows Phone参入を明言し賑わいを見せています。同OSは企業のビジネスツールとの親和性が高く、2015年Windows PhoneはSIMフリー市場の旋風となるでしょう。

FREETEL(フリーテル)やマウスコンピューターが開発に乗り出すなど、賑わいを見せている国内のWindows Phone市場。既存ビジネスやオフィスアプリとの親和性が高い同OSは、ビジネスマンに最適です。ではSIMフリーWindowsphoneの詳細を見ていきましょう。

スクリーンショット 2015-05-07 19.43.14

ビジネスマン必見!SIMフリーのWindows Phone

Microsoft社が提供している同OSを搭載したスマートフォン。ではなぜビジネスに適しているのでしょうか?

なぜWindows Phoneを使うのか?

まずは「なぜ同OS搭載のスマホを使うのか」メリットを見ていきます。

一つ目のメリットとして、既存ビジネスサービスとの親和性の高さが挙げられます。国内企業のWindows OSシェアは70%以上に及び、同社OSを搭載したスマホであれば、企業の既存ビジネスサービスと親密につながり、作業効率を上げることが可能です。 スクリーンショット 2015-05-07 19.56.28

 
 

Officeアプリで簡単に書類編集

既存のMicrosoft Officeとの連携が容易です。

いくらMacやAndoroidタブレットがあろうとも、企業で貸し出されるのは大抵ウインドウズです。もちろん他OSでも文書編集やパワーポイントは使えますが、ファイルの変換や一部機能が使えなかったりと、面倒なことが山積みです。作業効率を上げるには同OSがベストな選択です。 スクリーンショット 2015-05-07 20.01.26 出典:同社HPより

Nokia Lumia 1320

それではおすすめ機種を紹介していきましょう。まずはノキア製の「Lumia 1320」です。

基本性能

では基本性能を見ていきましょう。

「Lumia 1320」は6インチの大画面ディスプレイを搭載した、所謂「ファブレット」の部類に当てはまります。 Snapdragon S4のデュアルコア1.7GHzCPUを搭載し、RAMは1GBです。ストレージは8GBと少し頼りないですが、こちらはmicroSDカードで外部メモリを64GBまで拡張可能です。

3,400mAhの大容量バッテリーを搭載しつつ、本体のカーブフォルムが持ち易さを実現しています。強化ガラスとなる、Corning製のGorilla Glass 3を採用し頑丈です。 スクリーンショット 2015-05-07 20.13.25

 

おすすめ理由

Lumia 1320のおすすめ理由を見ていきます。

6インチの大画面で、Officeデータの編集が容易に行えます。音声通話も対応しているので、パソコン・タブレットを持ち運ばず、これ一台で作業を完結できます。WiFi専用機としても使えますが、シムフリー端末なので格安SIMを挿して通話もネットもこれ一台がおすすめです。

また、処理能力に非常に優れています。最新iOS・AndroidOS搭載のスマホに比べると表面上のスペックは劣りますが、下記の動画も見てもサクサク動作しているのが見て取れます。またこれだけ便利なスマホが日本円にして3万円台から購入可能という安さも魅力の一つでしょう。日本では動作未確認のSIMサービスもあるので確認が必要です。

Nokia Lumia 435

では次にコンパクトスマホ「Lumia 435」を見ていきましょう。

基本性能

まずは基本性能を確認していきます。

「Lumia 435」は1.2GHzのデュアルコアCPUを搭載した、コンパクトな4インチスマートフォンです。RAMが1GBでストレージは8GBです。こちらはmicroSDカードで最大128GBまで拡張が可能です。

バッテリー容量は1,560mAhですが、サイズ相応の容量と言えるでしょう。microsoftの関連サービス「OneDrive」でインターネット上に30GBまでデータが保存可能であり、同社サービスの「Skype」で楽々ビデオ通話が可能です。 スクリーンショット 2015-05-07 21.08.56 出典:同社HPより

 

おすすめ理由

コンパクトな4インチを格安で購入可能

サイズがコンパクトなので、場所を取りません。日本のスマートフォン市場はほとんどが大画面化しているなか、4インチの小型スマホの需要は未だ根強くあります。また、これだけの性能があるにもかかわらず、日本円で約1万円を切る低価格スマホは、日本でも需要のある価格帯であると考えられます。

まとめ

同OSの良さをまとめていきます。

仕事でガンガン使おう

ビジネス用に書類編集に活用しましょう。

ビジネス親和性の高い同機種をビジネスシーンで上手く利用できれば、作業効率は上がっていくはずです。まだ本体自体が低価格という魅力も備えているので、2台目としてビジネス用に利用も可能でしょう。

freetelやマウスコンピューターが市場参入を明言したことで、2015年、国内市場にはWindows Phoneが多くなるでしょう。現在はアプリも少ないですが、利用者が増えることで開発側も賑わうはずです。

どのSIMを使う??

では、あなたに最適な格安SIMサービスはどれでしょうか。

この魅力的なスマートフォンをどの格安SIMと使うかによって、高速通信の使える量や月額料金は大きく変わってきます。下記の「SIMチェンジプラン診断」を利用して、あなたにぴったりのSIMプランを見つけましょう。↓