1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 気になるWiMAXの支払い方法について
 

気になるWiMAXの支払い方法について

m020372
WiMAX

家のインターネットとスマートフォンのインターネットをまとめることで、月々の料金が安くなるWiMAX。導入を検討している人も多いと思いますが、気になることの一つとして、料金の支払い方法があるかと思います。WiMAXの月々の料金の支払い方法について紹介します。

家のインターネットとスマートフォンのインターネットをまとめることで、月々の料金が安くなるWiMAX。導入を検討している人も多いと思いますが、気になることの一つとして、料金の支払い方法があるかと思います。この記事では、WiMAXの利用料金支払い方法について紹介します。

WiMAXの支払い方法その1、クレジットカード

出典:サルでもわかるクレジットカード徹底比較! 本当にたくさんのプロバイダが存在するWiMAXですが、そのほとんどで、支払い方法がクレジットカードになっています。ここでは、クレジットカードで料金を払うメリットとデメリットを紹介します。

WiMAXをクレジットカードで支払うメリット

WiMAXの支払い方法をクレジットカードとする一番のメリットは、多くのプロバイダから自分の好きな会社を選べることです。多数のプロバイダがあるため、それぞれが魅力的なキャンペーンや料金プランを提供し、切磋琢磨しているのがWiMAXプロバイダの現状なので、少しでもお得な会社と契約したいところです。

また、WiMAXの支払いに限ったことではないですが、クレジットカードは支払いに応じてポイントが付きます。なので、WiMAXの支払いを少しでもお得にするために、クレジットでの支払いにして、ポイントを貯めるということがメリットになるでしょう。

WiMAXをクレジットカードで支払うデメリット

WiMAXをクレジットカードで支払うデメリットとしては、クレジットカードを持っていない場合、新たに作る必要がある、ということでしょう。クレジットカードを契約するには、審査が必要ですし、実際に使えるようになるまで時間もかかります。

またクレジットカードには上限金額が設定される場合も多く、WiMAXの支払いをクレジットカードにするということは、その料金分、毎月、ほかのショッピングで使える額が少なくなるということになります。月々の利用額上限がギリギリの人にとっては、デメリットになるでしょう。

WiMAXをクレジットカードで支払いできるプロバイダ

ほとんどのWiMAXプロバイダでクレジットカードによる支払いが可能です。したがって、クレジットカードを持っている人は、とくにプロバイダに縛られないというのがメリットになるのです。

WiMAXの支払い方法その2、口座振替

出典:ノート100YEN.com クレジットカードを持っていない人がWiMAXを利用しようとした時、最も一般的な支払い方法が口座振替になります。ここでは、口座振替のメリットとデメリットについて紹介します。

WiMAXを口座振替で支払うメリット

WiMAXを口座振替で支払うメリットは、なんといっても、クレジットカードを持たずともWiMAXが利用できるというところにあると思います。

クレジットカードを持っていない人は、月に使えるお金を自分で管理しておきたい、とか、セキリュティー面でクレジットカードを使うのには抵抗がある、とか、それぞれの理由があるはずです。そんな人でもWiMAXが使える方法が銀行振替なのです。

WiMAXを口座振替で支払うデメリット

WiMAXを口座振替で支払うデメリットとしては、契約できるプロバイダが限定されてしまうというところになります。

WiMAXのサービスを提供しているプロバイダはたくさんあり、それらプロバイダが自分のたちと契約してもらおうと、多額のキャッシュバックなど魅力的なキャンペーンを展開しています。口座振替に限定することで、よりお得に契約できるプロバイダが選択肢から外れてしまうのは大きなデメリットだと思います。

WiMAXを口座振替で支払いできるプロバイダ

口座振替で支払いが行えるWiMAXプロバイダは、かなり限られてしまいます。 実績のある有名なプロバイダでいうと、WiMAXのサービスを提供している本家、UQコミュニケーションズをはじめ、BIGLOBEや@nifty、さらに最近、利用料金の安さで注目されているBroad WiNAXなどがあります。

公式サイト: UQ WiMAX

公式サイト: Broad WiMAX

WiMAXの支払い、そのほかの方法は?

WiMAXの支払い方法の大多数はクレジットカード、そして一部のプロバイダが口座振替も可能、といった感じですが、その他の方法はないのでしょうか。考えられうるその他の方法について紹介します。

デビットカード

クレジットカードと違い、代金の支払い時にすぐ銀行から引き落とされるデビットカード。その仕組みから審査基準がクレジットカードよりも緩く、ある年齢以上なら審査なしで利用することのできる便利なカードになっています。

使い方としてはクレジットカードと同様なので、デビットカードでも契約が可能なプロバイダが存在します。ただし、指定のデビットカードが決まっていることが多く、プロバイダ、カードの両方で選択肢が狭くなっているというのが実際の所です。

一番確実なのは、楽天ブロードバンドのWiMAXに、楽天銀行のデビットカードで支払うよう登録するという方法です。同じグループ会社なので、デビットカードでの支払いが突然できなくなるということが考えにくいからです。

銀行振込

上で紹介した口座振替は、登録した銀行の口座から毎月自動で引き落としを行う支払い方法ですが、それとは異なり、指定された口座に毎月振込を行うというのが銀行振込になります。

毎月、自分の手元から出て行くお金を管理したいと考えている人の中には、銀行振込を行いたいと考える人も多いとは思いますが、残念ながら銀行振込が可能なWiMAXプロバイダはほとんどありません。

WiMAXの正規販売店、UQ WiMAXでは、銀行振込での支払いを受け付けていますが、それが可能なのは法人契約に限られ、しかもオプション料金として月額100円が必要になります。

WiMAXの支払い方法まとめ

WiMAXの利用料金の支払い方法について紹介しました。

圧倒的多数はやはりクレジットカードで、一部プロバイダは口座振替も提供しているといった現状です。

支払い方法として一番オススメなのは、やはりクレジットカードでしょう。WiMAXを契約するのをきっかけに、クレジットカードを新たに作るのもいいかもしれません。