1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAX(ワイマックス)が圏外になってしまった時の対策方法は?
 

WiMAX(ワイマックス)が圏外になってしまった時の対策方法は?

pixta_23106970_M
WiMAX

WiMAX(ワイマックス)を使っていて急に圏外になってしまって困っている方もいるのではないでしょうか。今回はWiMAX(ワイマックス)が急に圏外になってしまって時の対策方法となぜ圏外になってしまうのかなどをご紹介していきます。

今までWiMAX(ワイマックス)を利用していて普通に使えていたのに急に圏外になってしまって困っているという人もいるのではないでしょうか。そんな人のために今回はWiMAX(ワイマックス)が急に圏外になってしまった時の対策方法をご紹介していきます。WiMAX(ワイマックス)を利用していて圏外になってしまって困っている人は是非参考にしてください。

WiMAX(ワイマックス)で急に圏外になった時に確認するところ

出典:UQ WiMAX

WiMAX(ワイマックス)は今まで普通に使えていたのに急に圏外になってしまうことがあります。急に圏外になってしまった時に確認すると良いところをご紹介していきます。

WiMAX(ワイマックス)で設備工事が行われていないか確認する

まずはWiMAX(ワイマックス)のUQコミュニケーションが設備工事を行っていないかどうか確認しましょう。PCでの確認が出来ない時はスマホでも確認は可能なためスマホから確認してください。

WiMAX(ワイマックス)が設備工事をしていないか確認するWebサイトはこちらになります。

もしもWiMAX(ワイマックス)が設備工事を行っている場合、工事の期間中はWiMAX(ワイマックス)を利用することは出来ません。スマホからテザリングを行うかPocket WiFiを利用するなどが代替案になるでしょう。

WiMAX(ワイマックス)で設備障害が起きていないか確認する

設備工事が行われていないか確認した後は、設備障害が起きていないかどうか確認してください。障害が起こることはほとんどありませんが、稀に起こりえるものなので、設備工事が行われていなくて圏外になっている場合は設備障害の可能性もあります。

WiMAX(ワイマックス)で設備障害が起きていないか確認するWebサイトはこちらになります。

設備障害が起きている場合は、起きている障害によって直るまでにかかる時間は変わってきます。2日程度で直るものから一週間以上かかるものまで様々です。なので起きている設備障害に合わせた対策が必要となります。

WiMAX(ワイマックス)の機器が壊れていないか確認する

設備工事が行われていなくて、設備障害も起きていない場合はWiMAX(ワイマックス)の機器が壊れている可能性があります。WiMAX(ワイマックス)の機器が壊れているか確認するには、現在使っている場所以外で使ってみて電波を拾えるかどうか確認してみましょう。

外に出て今まで拾っていた電波塔と違う電波塔でなら電波が入る場合はWiMAX(ワイマックス)の機器が壊れているわけではありません。

色々な所を歩きまわり他の電波塔でも圏外の状態が続く場合は機器が壊れている可能性があります。機器が壊れている場合は、機器を提供している場所に相談してみましょう。

公式サイト:WiMAX(ワイマックス)

WiMAX(ワイマックス)が圏外になったり繋がりにくい対策方法

ここからはWiMAX(ワイマックス)が圏外になったり電波を拾いにくかったりした時の対策方法をご紹介していきます。

WiMAX(ワイマックス)が圏外になったり繋がりにくい対策方法:ルーターの位置を変える

WiMAX(ワイマックス)の機器を窓際に置いたり、カフェで使用する時は窓際で使うようにするだけで、電波が圏外にならなくなったり、電波を拾いやすくなったりします。

WiMAX(ワイマックス)が圏外になったり繋がりにくい対策方法:WiMAX(ワイマックス)の機器を再起動する

電波が入っていても、パソコンやスマホの接続が頻繁に途切れてしまうことがあります。この場合はWiMAX(ワイマックス)の機器を一度再起動してみましょう。WiMAX(ワイマックス)の機器を再起動しても直らない場合は、パソコンかスマホを再起動すると直ることがあります。

公式サイト:WiMAX(ワイマックス)

WiMAX(ワイマックス)は室内での使用に弱い

WiMAX(ワイマックス)の電波は高周波数帯域を利用しています。そのため通信速度が早くなっているのですが、障害物に反射してしまうのです。

障害物に反射してしまうため、室内ではWiMAX(ワイマックス)の電波は受信しづらくなっています。室内でWiMAX(ワイマックス)を利用する場合はWiMAX(ワイマックス)の端末を窓際に設置すると電波を拾いやすくなります。

もしも最近部屋の模様替えをしてWiMAX(ワイマックス)の電波が圏外になってしまった場合は、WiMAX(ワイマックス)の機器を移動させた影響か障害物が増えたからかもしれません。

WiMAX(ワイマックス)の機器にリフレクターを利用する

pixta_14949085_M

室内でWiMAX(ワイマックス)が圏外の状態になってしまう場合は、リフレクターを使用すると良いでしょう。このリフレクターはパラボラアンテナを自分で作ることをおすすめします。自作すると言っても金属製のボウルを使うだけで済みます。

ボウルを使うことでWiMAX(ワイマックス)の電波は一箇所に集まるため、WiMAX(ワイマックス)の機器がWiMAX(ワイマックス)の電波を拾いやすくなります。

ただしこの方法を行うためには、WiMAX(ワイマックス)の電波そのものがリフレクターを置く場所に届いている必要があります。電波が届いていなければリフレクターの効果は全くありません。

公式サイト:WiMAX(ワイマックス)

WiMAX(ワイマックス)が圏外になってしまった時の対策方法まとめ

WiMAX(ワイマックス)が圏外になってしまった時の対策方法は以上になります。急に圏外になってしまうと焦ってしまうかもしれませんが、そういう時ほど落ち着いて、一つ一つ丁寧に確認していきましょう。

WiMAX(ワイマックス)が急に圏外になってしまった時の多くが設備工事になります。そのためまずは近くで設備工事が行われていないかどうかを確認してみましょう。また台風が多い時期などは設備障害が起こっている可能性も十分に考えられます。台風が多い時期などは設備障害が起きていないかを先に確認してみると良いでしょう。

WiMAX(ワイマックス)は室内では電波を拾いにくくなっているため、窓際に機器を置くなどをして対策を常にしておくことが大切です。電波を拾えば通信速度は優れているので、電波を拾いやすい状態にしておくことが重要です。

公式サイト:WiMAX(ワイマックス)