1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiMAX(ワイマックス)では制限なしで通信が行える?
 

WiMAX(ワイマックス)では制限なしで通信が行える?

WiMAX

外出時の通信にも、自宅で固定回線代わりにも利用できるサービス・WiMAX。 WiMAXでは、制限なしでいくらでも通信ができるということが非常に魅力的でした。 現在はWiMAX2+という新しいサービスが展開されています。この記事では、現在のWiMAXにはどんな制限やメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

外出時の通信にも、自宅で固定回線代わりにも利用できるサービス・WiMAX
WiMAX(ワイマックス)では、制限なしでいくらでも通信ができるということが非常に魅力的でした。

現在はWiMAX(ワイマックス)2+という新しいサービスが展開されています。この記事では、現在のWiMAX(ワイマックス)にはどんな制限やメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

pixta_13574911_M

WiMAX(ワイマックス)には現在、一つ注意するべき制限がある

pixta_20452946_M

格安SIMとは違い、大容量の通信を行うことができ、料金も定額であるということが魅力のWiMAX(ワイマックス)。

以前展開されていた通常のWiMAX(ワイマックス)には全く制限がなく、一日にいくらでも通信を行うことができました。

そのため、一人暮らしを始めた学生や転勤でしばらく自宅を離れることになった会社員の方などが、固定回線を契約する代わりにWiMAX(ワイマックス)を契約するというケースがよく見られました。

この方法では、引っ越しが決まっても端末を持ち運べばすぐに引っ越し先での利用が開始できるというメリットがありました。

しかし現在のWiMAX(ワイマックス)2+には、一つ注意するべきことがあります。それは、制限なしではなくなっているということです。

WiMAX(ワイマックス)2+には、3日制限が存在する

WiMAX(ワイマックス)2+には、3日制限というものが存在します。


これはどういった制限かというと、直近3日間での通信量が3GBまでに制限されるというものです。

つまり実質1日1GBまでということになりますので、1ヶ月単位での合計の通信量はおよそ30GB程度ということになりますね。

今までは1日に何十GB通信しても問題ありませんでしたが、今のWiMAX(ワイマックス)ではそういったことをすると、速度制限がかけられてしまいます。

速度制限によってどのくらいスピードが落ちるのかが問題ですよね。


具体的な数値は明かされていませんが、YouTubeの標準画質が止まらずに最後まで見終えられる程度であるといわれています。

つまり、よほど大容量の通信を行うのでなければそこまで通信においてストレスを感じてしまうということはありません。

公式サイト:UQ WiMAX 2+

通信制限は直近3日間というところがポイント

そして、直近3日間の合計が3GBを超えていると速度制限にかかってしまうということが重要なポイントです。

つまり、もしも1日に例えば20GB通信を行ったとして、翌日から速度制限がかかったとします。


この場合、前日までに毎日(2日間)1GB利用していたら合計22GBということで、速度制限がかかっている状態です。

さらに翌日やその翌日に1GBずつ使っても、やはりまだ直近3日間での通信量は合計22GBですので速度制限は続きます。

しかしその翌日に1GB利用しなければ、例えば500MB利用していた場合、22GB分が消えて合計は2.5GB。つまり、ここからは速度制限が解除されることとなります。

つまり、ある1日大量の通信をしたとしても、数日間やり過ごして直近3日間の合計が3GB未満になれば、その後は速度制限が解除されるのです。

どうしても大容量の通信を行う必要が出てきた際は、こういった方法を使ってみてはいかがでしょうか。

この他に、7GBまで利用できるプランというものも存在する

ここまで述べてきたことは、全て「ギガ放題」というプランにおける問題です。

ギガ放題ではないWiMAXの場合は、通信量は7GBまでに制限されています。

つまり、7GB以上を利用すると速度制限がかかります。

7GBまで利用できるツープラスの場合は、速度制限後の速度が128kbpsという非常に低速なものとなります。

こちらでは、まともに通信を行うことはできませんので、使い切らないように注意しましょう。

WiMAX(ワイマックス)を契約するメリットは?

pixta_23800137_M

直近3日制限という、注意するべき制限が加わってしまったWiMAX(ワイマックス)ですが、それでも契約するメリットは、しっかりと存在しています。

ここからは、WiMAX(ワイマックス)を契約するメリットを解説していきたいと思います。

通信速度が格安SIMよりも圧倒的に速い

なんといっても、WiMAX(ワイマックス)は格安SIMに比べて回線速度が非常に速いというメリットがあります。

現在のWiMAX(ワイマックス)2+は、ほとんど固定回線やキャリアのスマホと変わらないスピードでの通信を行うことができるようになりました。

ただし、完全な速度が出せる環境は限られてきますので、特に自宅で固定回線代わりに使いたいという方は注意が必要です。

通信が高速であるため、3日制限に気をつける必要はあるものの、大容量データもすぐにダウンロードできますね。

以前のWiMAX(ワイマックス)では制限がない代わりに、20Mbps程度しか通信を行うことができませんでした。しかし、現在は50Mbps以上の速度が出ることもあります。

3日制限はあるものの、通信できる容量は価格に見合っている

3日制限に引っかからないためには、1日に1GB未満の通信を行っていくこととなり、合計は1ヶ月で30GB程度です。

しかし仮に30GB制限があるという前提で契約したとしても、4380円というWiMAX(ワイマックス)の月額料金は十分お得となります。

例えばDMM mobileを例に挙げると、20GBのデータプランで月額4980円。つまり、10GB少ないのにWiMAX(ワイマックス)よりも高いということになります。

価格に見合っているということがわかれば、WiMAX(ワイマックス)の月額料金や3日制限にも納得いくのではないでしょうか。

WiMAX(ワイマックス)は複数の端末と接続できるのが魅力的

WiMAX(ワイマックス)は、複数の端末で同時に接続し、通信を行うことも可能です。この点も大きな魅力ですね。

テザリングのようにスマホの通信量を圧迫していくこともありません。

WiMAX(ワイマックス)では制限なしで通信が行える?のまとめ

WiMAX(ワイマックス)では、制限なしでの通信を行うことはできなくなっています。

しかし、代わりに高速通信を行うことがでいるようになっていますし、制限もよほど毎日の通信量が多いという方でなければ問題ないでしょう。

WiMAX(ワイマックス)を検討している方は、まずはTry WiMAXを利用して、実際に端末を自宅などで使用してみてはいかがでしょうか。

自分の用途に合っていたのであれば、契約することをおすすめします。

公式サイト:UQ WiMAX 2+