1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 口座振替で契約できるWiMAXプロバイダを徹底比較
 

口座振替で契約できるWiMAXプロバイダを徹底比較

wimax
WiMAX

簡単な手続きで、複数の機器をインターネット接続可能なWiMAX。 たくさんのプロバイダがサービスを提供していますが、口座振替で支払いのできるプロバイダは限られています。 この記事では、口座振替可能なフロバイダを紹介し、それぞれの料金や特徴などを紹介します。

簡単な手続きで、複数の機器をインターネット接続可能なWiMAX。 たくさんのプロバイダがサービスを提供していますが、口座振替で支払いのできるプロバイダは限られています。 この記事では、口座振替でWiMAXが契約できるフロバイダを紹介し、それぞれの料金や特徴などを紹介します。

口座振替できるWiMAXプロバイダ: UQコミュニケーションズ

出典:UQ WiMAX

まずは、WiMAXのサービスを提供している本家、UQコミュニケーションズから見ていきましょう。

月額料金

プロバイダを選ぶ一番の決め手になるであろう月額料金について、下り最大220MbpsのWiMAX2+を2年間契約した場合で見ていきます。

主なプランは、月に使用できるデータ通信量が7GBまでと決まっているUQ Flatツープラスと、無制限にデータが利用できるUQ Flatツーブラス ギガ放題の2つです。これらのプランは、手数料なしで月ごとに変更することが可能になっています。

UQ Flatツープラスは月額3696円、UQ Flatツーブラス ギガ放題は月額4380円になります。ただし、利用開始から3ヶ月の間は、体験期間としてUQ Flatツーブラス ギガ放題を月額3696円で利用することが可能になっています。

事務手数料

登録時の事務手数料として、3000円を支払う必要があります。この金額については、どこのプロバイダにおいても、おおよそ同じ金額となっています。

口座振替手数料

クレジットカードでの支払いと異なり、口座振替を行うための振替手数料が必要なところが多いですが、UQコミュニケーションズの場合、口座振替の料金は無料になっています。ただし、請求書が書面で必要な場合は、請求書発行オプションに申し込む必要があり、月額利用料として100円がかかります。

キャンペーン

WiMAXの通信速度はプロバイダによって変わりません。そのため、各プロバイダは自分たちと契約してもらおうと様々なキャンペーンを展開しています。WiMAXサービスの本家、UQコミュニケーションズもその例外ではありません。

まず、多くのプロバイダが実施しているキャッシュバックキャンペーンですが、2016年の2月1日から3月31日までの期間限定で、JCBギフトカード10000円分がもらえるキャンペーンを展開しています。このキャンペーンの適用は、プロモーションページからの申し込み時に限定されるので注意してください。

また、その他のキャンペーンとして、15日間無料でWiMAXを体験できるTry WiMAXを展開しています。WiMAXの利用を検討している人は、通信速度やつながりやすさを確認する意味でも、申し込まない手はないでしょう。

公式サイト: UQ WiMAX

口座振替できるWiMAXプロバイダ: @nifty

出典:@nifty

老舗インターネットプロバイダとして知られる@niftyもWiMAXサービスを展開しており、口座振替での支払いが可能です。

月額料金

上記と同じく高速通信のWiMAX2+を2年間契約した場合で見ていきます。

@niftyが提供しているプランは、無制限でデータが使用可能なWiMAX 2+ Flat 2年 ギガ放題の1プランのみです。

月額料金は、利用開始月が無料、2〜3ヶ月目が3670円、以降25ヶ月目までが4350円となっています。

事務手数料

登録時の事務手数料は300円となっており、他のプロバイダと変わらない水準になっています。

口座振替手数料

口座振替の手数料として、月額200円が必要になります。

キャンペーン

2016年の2月1日から2月29日までに契約した場合、5000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを展開しています。契約してから9ヶ月目に、登録した受け取り口座に振り込まれるようです。

口座振替できるWiMAXプロバイダ: BIGLOBE

出典:BIGLOBE

上記@niftyと同じく、老舗のインターネットプロバイダとして知られるBIGLOBEも、口座振替が可能なWiMAXプロバイダになります。

月額料金

上記と同じく高速通信のWiMAX2+を2年間契約した場合で見ていきます。

BIGLOBEが提供しているプランは、月に利用できるデータ通信量が7GBまでの制限があるBIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラスと、無制限でデータ通信が利用可能なBIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス ギガ放題の2プランです。料金プランは契約解除料なしで月ごとに変更可能です。

BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラスの月額料金は、サービス開始月が無料、その後2年間は3695円となっています。また、BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス ギガ放題の月額料金は、サービス開始月が無料、その後2ヶ月間は3695円、さらにその後2年間まで4380円となっています。

事務手数料

申し込み時の事務手数料として3000円が必要です。

口座振替手数料

口座振替の手数料として、月額200円が必要になります。

キャンペーン

2016年1月から3月のキャンペーンとして展開されているのが、タブレット無料プレゼントキャンペーンです。もらえるタブレットはNEC製の8型タブレット、LAVIE Tab Eです。無料でもらえますが、2年以内にサービスを解約した場合、プレゼント特典の違約金として12000円が発生するので注意が必要です。タブレットは必ずもらわなくてはいけないというわけではないので、よく考えて選択しましょう。

公式サイト: BIGLOBE

口座振替できるWiMAXプロバイダ: Broad WiMAX

出典:Broad WiMAX

最後に、月額料金の安さから最近話題になっているプロバイダ、Broad WiMAXについて見ていきましょう。

月額料金

上記と同じく高速通信のWiMAX2+を2年間契約した場合で見ていきます。

Broad WiMAXが提供するプランには、大きく分けて、月に使えるデータ通信量が7GBまでと制限されているBroad WiMAX2+ ライトプランと、無制限にデータ通信が可能なBroad WiMAX2+ ギガ放題プランの2プランがあり、その両方にプラン1とプラン2がありますが、口座振替可能なのはともにプラン1のみに限られます。

Broad WiMAX2+ ライトプラン1の月額料金は2856円、Broad WiMAX2+ ギガ放題プラン1の月額料金は3541円となっており、ともに業界最安級となっています。

事務手数料

申し込み時の事務手数料として3000円が必要なのに加えて、注意なのが、初期費用として18857円が必要ということです。月額料金がいくら業界最安級とは言っても、この初期費用はかなり大きくのしかかってきます。

ただし、WEBで申し込んでクレジットカードで支払う場合には、この初期費用が無料になるキャンペーンを行っています。口座振替でWiMAXを申し込もうと考えていた人で、Broad WiMAXの月額料金を魅力に感じた人は、支払いのためのクレジットカードを作ることをオススメします。

口座振替手数料

口座振替の手数料として、月額200円が必要になります。

キャンペーン

上記、クレジットカードで申し込んだ時の初期費用無料キャンペーン以外は、キャッシュバックのようなキャンペーンは行っていません。

公式サイト: Broad WiMAX

口座振替で契約できるWiMAXプロバイダまとめ

口座振替で契約できるWiMAXプロバイダを4社紹介しました。同じサービス内容でも、料金やキャンペーンなど、それぞれ異なることがわかってもらえたと思います。契約開始から解約する時までをトータルで考えて、どこが自分にあっているのかをしっかり検討して、プロバイダを選んでみてください。