1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. プロバイダごとのWiMAX解約金、完全マニュアル
 

プロバイダごとのWiMAX解約金、完全マニュアル

euro-870757_1280
WiMAX

面倒な接続工事なしで、いつでもどこでもインターネット接続が可能なことから人気のWiMAX。 利用者が増えている一方で、使用環境の変化に伴って解約をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。各プロバイダごとのWiMAX解約金と解約金を安く済ませる方法について紹介します。

面倒な接続工事なしで、いつでもどこでもインターネット接続が可能なことから人気を博しているモバイルネットワークのWiMAX。 利用者が増えている一方で、使用環境の変化に伴って解約をしたいと考えている人も多いのではないかと思います。 この記事では、各プロバイダごとのWiMAX解約金と解約金を安く済ませる方法について紹介したいと思います。

WiMAX解約金についての基礎知識

出典:GIGAZINE

最初に、ほとんどのプロバイダに共通のWiMAX解約金についての基本的な知識について紹介していきます。

契約更新月の解約は解約金無料

WiMAXの利用契約はプロバイダに限らず、そのほとんどが1年もしくは2年の契約になっています。これは、携帯電話の通信契約と同じなので、理解している人も多いかと思います。

実は、WiMAXを解約する際、更新月に解約すると解約金はかかりません。具体的に言うと、WiMAXの端末を受け取った翌日を1ヶ月目としたときに、1年契約の場合は12ヶ月目に解約すると解約金は無料で、2年契約の場合は25ヶ月目に解約すると解約金は無料になります。

プロバイダによって解約の方法が異なる

WiMAXは様々なプロバイダがサービスを提供しています。解約する際は、契約しているプロバイダによって解約を申し込む方法が異なるので注意が必要になります。

まず、当たり前のことですが、解約の申し込みができるのは、自分が契約を結んだプロバイダに限られます。もし、自分の契約したプロバイダがわからない場合は、WiMAXを手がけるUQ WiMAXのWiMAX契約先お問い合わせ窓口を利用します。WiMAX端末のMACアドレスがわかれば、自分がどこのプロバイダと契約しているかが分かります。

解約の申し込み方法ですが、ネットまたは郵送となっています。プロバイダによっては郵送のみ受付しているところもあるので注意が必要です。

UQ WiMAXの解約金と解約方法

ここからはプロバイダごとの解約金と解約方法について見ていきます。まずは、WiMAXのサービスを手がけている会社、UQ WiMAXの解約金と解約方法について紹介しましょう。

解約金

契約更新月以外の解約金について見ていきます。端末無料の年間パスポートという1年契約を行っている人が一般的だと思うので、その契約内容の場合の解約金について説明します。

まず、WiMAXの契約の場合、1年目の解約金が9500円、2年目の解約金は5000円となっています。

次に高速通信のWiMAX2+の場合、1〜13ヶ月目が19000円、14ヶ月目〜25ヶ月目が14000円、27ヶ月目以降が9500円となっています。

解約申し込み方法

UQ WiMAXは解約したい日に即日で解約できるのが魅力となっています。解約の申し込み方法は、電話もしくは書面の郵送で、いずれの方法でも即日解約が可能です。電話は年中無休で9時〜21時まで対応しています。

@niftyのWiMAX解約金と解約方法

次に@niftyのWiMAX解約金と解約方法を見ていきましょう。

解約金

まず、WiMAX契約の場合、1〜24ヶ月目の期間で同額の15600円となっています。

次に高速通信のWiMAX2+の場合ですが、1~13ヶ月目が19000円、14~24ヶ月目が14000円、25ヶ月目以降は9500円となっています。

解約申し込み方法

@niftyでは、電話以外にオンラインからの解約が可能です。また、解約日は当日から翌月まで、解約希望日を選んで解約登録を行うことができます。即日解約したい場合は、その日の23時までに登録を行う必要があるので注意が必要です。

注意点

@niftyでは契約時にタブレットをもらえるキャンペーンを展開しています。このキャンペーンを適用してタブレットをもらった人は、解約金とは別に1年目の間は24000円の違約金が発生します。これはWiMAX契約でもWiMAX2+の契約でも同様です。

BIGLOBEのWiMAX解約金と解約方法

続けて、BIGLOBEの場合を見ていきます。

公式サイト: BIGLOBE

解約金

まず、WiMAX契約の場合、解約金は5000円となっています。また、Flat年間パスポートに申し込んでいた場合は、1〜11ヶ月目は9500円の解約金になっているので注意が必要です。

次に高速通信のWiMAX2+の場合ですが、1~13ヶ月目が19000円、14~24ヶ月目が14000円、25ヶ月目以降は9500円となっています。

解約申し込み方法

BIGLOBEの解約申し込みは、電話以外にオンラインでも行えます。解約したい月の25日までに申し込む必要があります。

GMOとくとくBBのWiMAX解約金と解約方法

さらに、利用料金の安さやキャッシュバックの大きさから人気の高い、GMOとくとくBBのWiMAX解約金と解約方法を見ていきましょう。

公式サイト: GMOとくとくBB

解約金

まず、WiMAX契約の場合、1〜24ヶ月目の期間で同額の15600円となっています。

次に高速通信のWiMAX2+の場合ですが、1~13ヶ月目が19000円、14~24ヶ月目が14000円、25ヶ月目以降は9500円となっています。

解約申し込み方法

GMOとくとくBBの解約方法は郵送のみの受付となっています。また、解約したい月の20日までに書面必着の必要があります。

注意点

上記、郵送での解約申し込みですが、万一20日をすぎてしまった場合は、翌日分の料金も発生してしまいます。特に契約更新月を狙って解約する場合、注意が必要です。

ラクーポンのWiMAX解約金と解約方法

最後に、楽天が手がけるラクーポンの場合を見てみましょう。

解約金

ラクーポンのWiMAXは全て高速通信のWiMAX2+での契約になります。1〜24ヶ月目まで、一律で16800円の解約金がかかります。

解約申し込み方法

メールまたは電話で解約の申し込みを行います。解約したい月の20日までに申し込む必要があります。

注意点

解約の手続きは、解約したい月の20日まで、しかも時間は18時までと決まっています。さらに20日が祝日の場合は、その前の営業日が申し込み期限となっていますので注意が必要です。

WiMAX解約金を安く済ますための方法

WiMAXの解約金を安く抑える方法は、契約更新月に解約を行うことですが、1年ごとや2年ごとになっているので、なかなかそこまで待てないという人も多いかと思います。そこで、ここでは、その他の方法でWiMAX解約金をできるだけ安くする方法を紹介します。

解約金を負担してくれる回線への乗り換え

出典:NTTフレッツ光

WiMAXを解約するからといって、インターネットを使わないというわけではないという人が大半だと思います。WiMAXから通常のネットへ切り替えるというユーザーも多いでしょう。

そんな人にオススメなのが、乗り換え時にWiMAXの解約金を負担してくれるインターネット回線への乗り換えです。NTTフレッツ光では、2/29までの期間限定で、乗り換えの費用を負担してくれるキャンペーンを行っています。

キャッシュバックを受け取る

WiMAXを提供するプロバイダの多くは、契約時にキャッシュバックのキャンペーンを行っています。解約する際は、このキャッシュバックを受け取ってから解約するようにしましょう。

プロバイダにもよるのですが、その多くは、WiMAX端末を受け取った翌月を1ヶ月目としたときに、12ヶ月後にキャッシュバックがもらえることが多いので、たとえ契約更新月まで待てなかったとしても、キャッシュバックを受け取れる月までは待つことをオススメします。

プロバイダごとのWiMAX解約金まとめ

以上、プロバイダごとのWiMAX解約金、そして、解約金をできるだけ安くするための方法を紹介しました。プロバイダによって解約金がかなり異なることがわかってもらえたと思います。WiMAXを契約する際は、解約金にも注目してプロバイダを決めることをオススメします。