1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. WiFiサービス付きの格安SIMカード
 

WiFiサービス付きの格安SIMカード

wifi
SIM

まるでどこでも無料Wi-Fiスポット!フリーWi-Fiが基本料金に含まれた格安SIM、BIC SIM(ビックシム)やBIGLOBE、ワイヤレスゲートのMVNOがお得です!

みなさんは自宅で無線LANを使っていますか? とっても便利ですよね。 高速な通信ができて、スマートフォンやタブレットもでインターネットが出来て快適。 3Gや4Gで接続してもいいけど、月の使用量が決まってるので無駄遣いできないですよね。

name

そんな方に今回はWiFiスポット付きの格安SIMプランを紹介します。

WiFiとは

みなさんはWiFiという名前は見たことあると思います。呼び名はワイファイです。これはインターネットからデータを有線で受信してそれを電波に変更して、周りの機械に受信させてインターネットを行う方法です。 無線LANなどとも呼ばれています。

WiFiでインターネットするとどうなるの?

WiFiでインターネットをするということは3Gや4Gの回線を使わないということになります。すると月の使用量を節約することができます。
今まで大手キャリアでスマートフォンを使っていた方はコンビニや駅等で知らぬ間にWiFiを使っていた方もいるかもしれません。大手キャリアでもWiFiスポットに接続するサービスがあり、月の使用量を節約できるようにしていました。
WiFiを使用した場合
月間通信量を節約できる3G、4GLTEを使わないで通信他ができる

料金は?

通常WiFiスポットは有料で月額400円から500円くらいかかります。
大手キャリアであればその料金はプランの中に含まれていたり、加入を促されたりしていました。 なので、気にすることなく使っていたかもしれません。
しかし、今度はMVNOのになるとWiFiサービスがない場合もあるため、月の使用量をWiFiで節約したい人は注意が必要です。

WiFiスポットとは

街には至る所にWiFiスポットがあります。駅や空港、コンビニエンスストア、家電量販店やデパートその他いろいろな場所にWiFiスポットが置かれています。WiFIスポットを使う利点は何でしょうか?
上で話した、通信使用量の節約もありますがそれ以上に回線が安定しているという利点があります。3Gや4G、LTEは不安定な回線でもあります。

広い範囲に電波を行き渡らせようとするため、電波の届きにくい場所や電波がかき消されてしまう場所もあります。また、たくさんの人が使うことで基地局がパンクして1つ1つの回線に少しづつしか電波を分けられない状態が発生したりします。

しかし、WiFiはもともと光インターネットなどを元に小さい範囲のみで電波を飛ばすため、1つ1つの通信は障害を受けずに通信でき、動画などを見てもスムーズに再生が可能です。 このようにWiFiの方が安定して通信ができるのです。

WiFiを使用した場合
安定した通信ができる動画やファイルダウンロードがスムーズにできる

WiFiを使えるようにするには?

WiFiを使う為にはサービスに個別に申し込んだりWiFiサービスオプションのついたプランに申し込む方法になります。また、無料でWiFiを使えるようにしているお店やデパートなどもありますが、やはりサービスに申し込みしていたほうがより多くの場所でWiFiを有効活用できてとても便利です。

WiFiサービスの種類

国内でのWiFiサービスの種類です。 フレッツスポット、NTTのインターネットサービスでフレッツ光インターネットに加入している方が月額料金を支払うことで使えるようになります。

Wi2 300、ワイヤ・アンド・ワイヤレスというKDDIの子会社がしているWiFiサービスです。

BBモバイルポイント、ソフトバンクが提供するWiFiサービスです。

大きくはこの3つになります。 やはり大手キャリア3社と関わる会社がサービス展開しています。

また、無料wifiスポットとよばれるものもあります。それはお店やコンビニ等がサービスとしてWI-FIを提供しています。無料wifiスポットは全くの無料で、誰でも使用可能です。無料wifiスポットを積極的に利用している人も多くいます。

WiFiサービス付きのMVNOはどれ?

では大手キャリアのようにWiFiサービスのあるMVNOはどれでしょう。3つ挙げて見ました。

BIC SIM

IIJmio(みおふぉん) とビックカメラが始めたMVNOです。公衆無線LANサービスWi2 300というサービスが特典として無料でつきます。
もともとは月額362円のサービスですね。

BIC SIMのミニマムプランという一番安いプランが900円になります。そこに362円が含まれているということは、ミニマムプランだけだと538円になります。とても安いですね。
この公衆無線LANサービスWi2 300は駅や空港はもちろん、様々ぬ飲食店やちょっとしたビルなどにもスポットがありとてもスポットの多い公衆無線LANサービスです。 また、コンビニエンスストアなども繋がるため、便利です。

その他のプランもたくさん種類があり、あらゆるスマートフォンに対応も可能で、モバイル回線とWiFiスポットを上手に組み合わせるとあらゆるところで安定した通信が可能になり今まで以上に便利にスマートフォンが使えます。

公式サイト:IIJmio

BIGLOBE

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM) では、BIGLOBEが提携したWiFiスポットに接続できます。
基本料金の中に含まれていますので、別料金が発生することなく使用可能です。 また、WiFiを便利に接続するためのアプリもあり、簡単にWiFiサービスを使用できます。
また、BBモバイルポイントというソフトバンクテレコムの公衆無線LANサービスも使用可能です。
使えるサービスエリアは多くあり、こちらも駅や空港、コンビニエンスストアでも使用可能です。 通信量が特別に多く使った場合や、月の通信量を超過してましった場合に通信速度が200Kbpsになってしまいますが、WiFiオプションがあればWiFiスポットの場所で好きなだけ速度の速い安定した通信が行えます。モバイル回線が遅くなってしまったりしたイザというときに非常用にWiFiスポットサービスはとても役に立ちます。

公式サイト:BIGLOBE データSIM
公式サイト:BIGLOBE 音声付きSIM

ワイヤレスゲート

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE では、専用アプリから全国40,000ヵ所以上の公衆無線LANスポットが使用できます。
通信速度250Kbpsのプランと無線LANで445円というワンコインプランもあります。 こちらも駅や空港など、多くの場所が利用エリアになりますので、便利に使えると思います。
街中でWiFiスポットを中心にインターネット通信をする。モバイル回線のインターネットはあまりしない、と割り切った考えをする方には良さそうなプランです。都市部などではWiFiスポットも多いので有効に使えそうですね。

WiFiが重要な場合

スマートフォンでインターネットをしていると特別WiFiスポットがなくても困らないという方がいます。しかし、WiFiがないと困る方もいます。

OSアップデート

スマートフォンを使ってインターネットを楽しんだり、チャットをしたり動画をみたりしているときには気づかないWiFiが必要になる場合があります。
それは、スマートフォンのアップデートです。
スマートフォンのアップデートとは、スマートフォンに搭載されているOSプログラム(Androidやios)などに新しいバージョンを適用することをいいます。
このアップデートはスマートフォンのセキュリティや新機能の搭載、また不具合の修正を搭載するときに必要になります。 これらは大容量の通信を使うことがたびたびあり、モバイル回線ではアップデートできないようになっていることがよくあります。
これらのアップデートを行わない場合、セキュリティが低下し、インターネットで使用した情報や以前入力したクレジット番号や、銀行口座情報などを他人にインターネットを通じて見られることがあります。

アプリケーションインストール

スマートフォンではさまざまなアプリケーションを使って仕事や生活に役立てることができますが、ゲームをすることもできます。
アプリケーションを手に入れる場合、インターネットからダウンロードをします。しかし、その場合ゲーム本体のデータ量が多いとWiFiでなければアプリをダウンロードできない場合もあります。
これはアプリケーションを発行する運営社がユーザーのモバイル回線の通信量を気遣って実施していることです。 ですので、WiFiが必然的に必要になるため、自宅にWiFi環境が無い場合は特にWiFiスポット等が必要になります。

WiFiサービス付きの格安SIMカードまとめ

たくさんのSIMカードプランがありますが、今回のWiFiサービス付きの格安SIMのように自分の環境と照らし合わせると必要なサービスがでてくる場合が多くあります。そのため、安易にSIMカードを契約せず、下記のシミュレーション等を使って自分にあったプランを探すことが大事になります。 どうか間違いの無いスマートフォンライフをお楽しみください。