VAIO Phone Biz、税込32,184円へ値下げ

SIMフリースマホ

Windows 10 Mobileを搭載のSIMフリースマホ「VAIO Phone Biz」が値下げ。公式のVAIOストアから3万円台で購入できるようになりました。他のWin10Mobile搭載スマートフォンも発売当初と比較すると価格が下がっているのでまとめてチェックしてみましょう。

Windows 10 MobileをOSに搭載したSIMフリースマホ「VAIO Phone Biz」の価格が値下げ。


出典:vaio.com

税込3万2,184円で購入可能になっており、税抜5万5,000円近かった以前の価格からは大幅値下げとなっています。日本国内で発売されているWindows Phoneとしてはまだまだ性能の高いモデルが以前より安く購入できるようになったので、Win 10 Mobileの購入を検討していた方は要チェックです。

VAIO Phone Bizの価格が3万円弱へ値下げ

VAIO公式ストアにて、Windows 10 Mobileを搭載したSIMフリースマートフォン「VAIO Phone Biz」が値下げ。税別2万9,800円(税込3万2,184円)と大幅な価格改定があり、国内市場でも数少ないWindows Phoneが以前よりも安く手に入ります。


出典:VAIO

Windows 10 Mobileを搭載したスマートフォンはAndroidスマートフォンのように機種の選択肢は多くないですが、VAIO Phone Bizといえば5.5インチのフルHDディスプレイ、プロセッサーにはクアルコムのSnapdragon 617を搭載し、日本国内で正規購入できるWindows 10 Mobile OS採用のスマートフォンとしては高性能なモデルに該当します。

発売当初の価格はSIMフリースマートフォンとしては少しプレミアムな価格設定でしたが、今回の値下げで税別3万円以下でお得に購入できるようになりました。先述のようにWindows 10 Mobileは機種の選択肢自体が少ないので、比較的高性能なモデルであるVAIO Phone Bizの大幅な値下げはお得感があります。

VAIO Phone Bizのスペック

VAIO Phone Bizの基本仕様は以下の通りです。

機種名VAIO Phone Biz
OSWindows 10 Mobile
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 617 オクタコア
1.5 GHz (クアッドコア) + 1.2 GHz (クアッドコア
メモリー内蔵 (ROM)16 GB
内蔵 (RAM)3 GB
液晶表示Full HD1080 x 1920
対応電波WCDMA対応 (バンド 1,6,8,11,19)
LTE対応 (バンド 1,3,8,19,21)
無線LANIEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠
BluetoothBluetooth® 4.0 準拠
テザリングWi-Fi,Bluetooth
SIMスロットmicroSIM
microUSBUSB 2.0 x 1
ヘッドセット接続端子ステレオミニ端子 x 1 (ヘッドセット対応)
SDカードスロットmicroSD x 1 64GB対応
スピーカー内蔵モノラルスピーカー
Continuumワイヤレスのみ対応
GPS搭載
地磁気センサー搭載
ジャイロセンサー搭載
加速度センサー搭載
フロントカメラ約500万画素
リアカメラ約1300万画素
電池容量2800 mAh

Continuumにも対応しており、「国内で発売されているWindows 10 Mobileとしては」高性能な機種という位置付けでしょう。

なぜ「Windows 10 Mobileとしては」という部分ですが、まずはすでに説明した通りWin10Mobileを採用したスマートフォンは少ないこと、またプロセッサーのSnapdragon 617はオクタコアですが、2017年前半のアッパーミドル機種としては、Androidスマートフォンも含めた全体で見ると少し非力に感じるかもしれないという点があります。

実際の例を挙げると、記事執筆時点では楽天モバイルの格安SIMとセットでSnapdragon 625搭載の「ZenFone 3」が税込3万円弱で購入できるようになっています。プロセッサー自体の性能で比較するとパワーも省電力性能もSnapdragon 625のほうが高いとされているので、性能とコストパフォーマンスはよく比較しておく必要がありそうです。

Windows 10 Mobileなら「MADOSMA Q601」も選択肢に

それでも大幅に価格が下がったのでWindows 10 Mobile OSを搭載したスマートフォンを検討していた方にはお得なニュースですが、似たような基本性能を備えたWin10Mobile搭載のSIMフリーとしてマウスコンピューター(マウス)の「MADOSMA Q601」という選択肢もあります。

モデルMADOSMA Q601
メーカーマウスコンピューター
OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ6.0インチ フルHD(1920×1080) 2.5Dガラス Gorilla Glass 3採用
CPUQualcomm Snapdragon 617 オクタコア(1.5GHz×4 +1.2GHz×4)
RAM3GB
ROM32GB
外部ストレージmicroSDカード(最大128GB対応/nano SIMスロットと排他)
背面カメラ1,300万画素 (F2.0/ オートフォーカス)
フロントカメラ500万画素 (F2.4/ オートフォーカス)
バッテリー3,900mAh
充電時間約3時間(QuickCharge 2.0対応)
対応バンド(日本国内)
WCDMA : BAND 1/ 6/ 8/ 19
FDD-LTE : 1/ 3/ 8/ 19/ 28 (B) TDD-LTE : 41
(海外)
2G:Quad Band
FDD-LTE : 1/ 2/ 3/ 4/ 7/ 8/ 28 (B) TDD-LTE : 38/ 40/ 41
SIMスロットmicro SIM(nano SIMアダプター付属)
nano SIM(microSDカードスロットと排他利用)
Wi-FiIEEE 802.11 ac/ a/ b/ g/ n (5/ 2.4GHz)
Bluetoothv4.0
USBUSB2.0 Type-C
GPSGPS/ A-GPS/ Glonass
NFCType-A/ -B/ -F 読み取り
センサー加速度センサー/ 近接センサー/ 光センサー/ 電子コンパス
本体サイズ<突起物含まず>160×82.3×7.9 mm 
<突起物含む>160×83.2×8.7mm 
※突起物:操作ボタン (電源/ 音量ボタン)
カラーシルバー
本体重量176.5g
統合ソフトOffice Mobile
付属品Type-C ケーブル (Type-A オス - Type-C オス)/ AC-USB アダプター (5V/1.5A)、簡易保護フィルム、nanoSIMアダプター、SIMリリースピン、クイックスタートガイド兼製品保証書
保証内容24時間365日電話サポート・1年間無償修理保証

ディスプレイサイズはVAIO Phone Bizより大きめの6インチですが、SoC にはSnapdragon 617を採用、メインメモリが3GB RAMと似たような基本仕様・スペックとなっています。ちなみに執筆時点の価格は税込2万5,000円前後まで値下がりしているので、より高性能なWindows 10 Mobileスマートフォンを検討しているならこちらも選択肢にいれておくべきでしょう。

また機種自体が少ないとは言いましたが、低価格帯ではGeanee WPJ40-10、FREETEL KATANAシリーズ、Diginnos Mobile DG-W10Mなどもあります。「とりあえずWindows 10 Mobile搭載のスマートフォンが使いたい」 という方は、こういった激安の選択肢もチェックしておくと良いかもしれません。

VAIO Phone Bizの値下げニュースまとめ

価格だけをみると少し割高感もあったVAIO Phone Bizですが、今回公式価格が値下げしたことでよりお得に購入できるようになりました。「VAIOのスマホが気になっていた」「Windows 10 Mobileを使ってみたかった」 という方には嬉しいニュースですね。


格安スマホへの乗り換えを検討している、でもどのサービスを選んで良いか分からないという方は、下記の「SIMチェンジプラン診断」からお得な月額料金のSIMカードを比較してみましょう。