1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 1000円以下で使える格安SIMについて
 

1000円以下で使える格安SIMについて

1000
SIM

2015年5月に控えた「SIMロック解除原則義務化」を控え、今MVNOの格安SIMが大きな注目を集めています。SIMロックが解除されれば携帯電話会社のSIMのみならず様々なSIMが使えるようになり、そんなMVNOの格安SIMの中でも特に人気なのが「1000円以下で使える格安SIM」です。

2015年5月に控えた「SIMロック解除原則義務化」を控え、今MVNOの格安SIMが大きな注目を集めています。SIMロックが解除されれば携帯電話会社のSIMのみならず様々なSIMが使えるようになり、その結果携帯電話代を大きく節約することが出来るからです。そんなMVNOの格安SIMの中でも特に人気なのが「1000円以下で使えるもの」です。

1000

そこで今回は1000円以下で使える格安SIMの中からお勧めのものをいくつかご紹介します。  
※ここでは「1000円以下」を「税抜価格で月額料金1000円以下」と定義します。

 

「1000円以下の格安SIM」の特徴

 

1000円以下の格安SIMは、その安さや手軽さも手伝って各社ともに非常に人気がある価格帯です。しかし安い反面出来ることが限られてくるため、「何が出来るのか」「何が出来ないのか」をよく把握した上で選ぶ必要があります。  

 
 

1000円以下の格安SIMでは音声通話は出来ない

 

MVNOの格安SIMは、大きく「データ通信専用SIM」と「音声通話対応SIM」の2種類に分かれます。この2つの違いは「090もしくは080で始まる携帯電話の電話番号で音声通話が出来るかどうか」にあります。データ通信専用SIMは、インターネットこそ出来ますが音声通話が出来ない、ということになります。

そして2015年3月現在、1000円以下で使える格安SIMの中に音声通話対応SIMはありません。音声通話対応SIMで最も安い料金で使えるのはniftyが運営するMVNO、「NifMo」と大手家電量販店「ヨドバシカメラ」がコラボレーションして出している「ヨドバシカメラ限定 NifMo音声通話対応SIMカード スタートプラン」の月額1180円になります。

 ヨドバシカメラ×NifMo
出典:NIFTY Corporation

1000円以下となるとデータ通信専用SIMしか選択肢がなくなるため、どうしても音声通話がしたいということであればIP電話を導入したりLINEの無料通話を利用する、といった代替手段を用意する必要があります。

SMS機能がオプションになることがある

データ通信専用SIMの場合、「SMS機能が標準かオプションか」をチェックする必要があります。

SMSとはいわゆるショートメールのことですが、データ通信専用SIMにおいてこの機能が重要な理由は2つあります。

まず1つは「セルスタンバイ問題」への対策です。

携帯電話の基地局と携帯電話本体は「音声」と「データ」の2種類の通信をそれぞれ別に行っています。データ通信専用SIMはこのうち「データ」には対応していますが「音声」には対応していないため、基地局から出ている「音声」の電波をキャッチすることが出来ません。すると携帯電話本体が(SIM側が対応していないにも関わらず)「電波をキャッチしよう」とフル稼働してしまうため、バッテリーを無駄に消耗してしまいます。これが「セルスタンバイ問題」です。音声通話対応SIMではこの問題は発生しません。

そしてデータ通信専用SIMでこの問題を解決するには、SMS機能をつけるのが最善です。SMS機能は「音声」と「データ」のうち「音声」の電波に乗ってやり取りをするため、SMS機能がついたSIMを入れていれば「音声」の電波もキャッチすることが出来るので、セルスタンバイ問題は発生しないわけです。

そしてもう1つの理由は「LINE」です。

以前は10代、20代を中心に使う人が多かったLINEですが、今やスマートフォンを持つ人の大半がインストールするアプリになっています。ドコモやauといった携帯電話会社のSIMを使う場合は「@docomo.ne.jp」や「@ezweb.ne.jp」といったメールアドレスが発行されますが、MVNOの格安SIMでメールを使うにはGmail等を使うしかありません。スマホにMVNOの格安SIMを入れて使いたい、という人の中にも気軽にメッセージをやり取りする手段として「LINEは絶対に外せない」と考えている人は多いでしょう。

そしてLINEをインストールしてアカウントを取得するには、音声通話もしくはSMSによる認証手続きが必要になります。他に音声通話やSMS機能が使える携帯電話を持っていればそれを用いることも出来ますが、LINEを使う端末と認証に使った端末が紐付いていないと後々何かと不便になることも考えられるため、実際に使う端末で認証を行うことが望ましいです。データ通信専用SIMにSMS機能がついていれば、認証作業がスムーズに進むわけです。

このSMS機能ですが、MVNOによっては標準でついておらずオプション扱いとなっている場合があります。オプションになっている場合は150円程度がプラスされることになりますが、そうなると1000円以内で収めることが難しい場合があります。どうしても「1000円以下」にこだわる場合、SMS機能が標準でついてくるMVNOを選ぶとよいでしょう。

高速データ通信にこだわらなければ更に格安に!

一般的にMVNOの格安SIMは「その月に使える高速データ通信の容量が多ければ多いほど」「通信出来る速度が速くなればなるほど」料金が高くなります。1000円以下で使える格安SIMの多くは高速データ通信の容量が月1GBから2GB程度になっています。

しかしもしも高速データ通信にこだわらないのであれば、1000円どころか500円程度で使える格安SIMも出てきます。高速データ通信とは最速で150Mbps程度の速度が出ますが、500円程度で使える格安SIMは200Kbps程度の速度しか出ません。これは新幹線と路面電車ほどの速度差がありますが、用途によっては十分実用に耐える速さです。

例えばテキストメールのやり取りや、文字や軽い画像が中心のサイト(ニュースや天気予報、乗り換え案内など)、ツイッターやLINEのメッセージ機能程度であれば大きな問題もなく使うことが出来ます。また、MVNOによっては「バースト機能」というものを用意しています。これはサイト等に接続した瞬間から数秒程度高速データ通信を行うことによって、瞬間的にデータをまとめて受け取ってしまうという機能です。これがあれば大きな画像を何枚も掲載しているようなサイトでも数秒待てば全部表示されるため、実用上ほとんど不満は出ないと思います。さすがに激しい動きを伴うようなゲームや、大容量の動画のダウンロード等は非常に難しいですが、自宅や会社にWi-Fi環境が整っているのであれば、組み合わせて使うことによって不便は解消出来るかもしれません。

しかもこの手の格安SIMはデータ通信容量の上限がありません。つまり「遅いけど使い放題」です。上限を気にしながら使うという不便は味わわなくて済むことになります。

もしも「1000円以下で」なおかつ「1円でも安い格安SIMを使いたい」という場合は「高速データ通信を捨てる」という考え方もアリ、です。

1000円以下で使えるお勧めの格安SIM3選

それではここで、1000円以下で使える格安SIMの中でお勧めのものを厳選して3つほどご紹介します。

mineo 「シングルタイプ1GB&2GB」

         

 mineo
出典:株式会社ケイ・オプティコム

mineo(マイネオ) は数少ないauのMVNOです。ドコモで販売されている端末では使えないので注意して下さい。

mineoのデータ通信専用SIMは「シングルタイプ」という名前がついており、月に使える高速データ通信容量によって「1GB」「2GB」「4GB」と分かれています。このうち「1GB」と「2GB」が1000円以下で使えます。

 mineo
出典:株式会社ケイ・オプティコム

1GBは850円、2GBは980円です。2GBは消費税を含めると1000円を少し超えてしまいますが、1GBは完全に1000円以下で収まります。しかもmineoはSMS機能が標準でついてきますので追加料金を支払う必要がありません。

 mineo
出典:株式会社ケイ・オプティコム

なお、mineoでは1GBのデータ通信容量の目安を上記のように紹介しています。あくまでも目安ですが、1つの参考にはなるでしょう。

 mineo
出典:株式会社ケイ・オプティコム

また、mineoではIP電話アプリの「LaLa Call」が月額基本料無料で使えます。これを使えば050で始まる電話番号が発行されますので、電話の代わりに使うことも可能です。発信をしない限り料金は発生しないので、とりあえず番号だけは持っておき、「いざという時には発信も出来る」くらいの心づもりでいると良いでしょう。

公式サイト:mineo

DMMmobile データSIMプラン(1GB)

 DMMmobile
出典:DMM

DMM mobile(DMMモバイル) の「データSIMプラン」はデータ通信容量が「1GB」「3GB」「5GB」「7GB」「8GB」「10GB」と非常に細かく分かれているのが特徴ですが、このうち「1GB」のプランが660円という料金になっています。

ただしDMMmobileはSMS機能がオプション扱いとなっているため、必要な場合は別途月150円を支払う必要があります。それでも合計810円なので、税込でも1000円で収まる計算になります。

公式サイト:DMM mobile

ServersMan SIM LTE

 serversman
出典:DREAM TRAIN INTERNET INC.

最後にご紹介するのがインターネットプロバイダの老舗、DTIが運営する格安SIM「ServersMan SIM LTE 」です。

こちらはmineoやDMMmobileと違って高速データ通信が出来ず、通信速度は最速で250Kbpsとなります。その代わり使い放題で、月額467円です。DMMmobile同様SMS機能はオプション扱いとなっており、必要な場合は別途月143円を支払う必要があります。合計しても月610円、税込でも659円という激安料金です。

mineoの「LaLa Call」と同じように、こちらも「ServersMan 050」というIP電話サービスが用意されています。ただし月300円の料金が必要になります。発信をする際に料金が発生するのはもちろんですが、発信をしない待ち受け専用として持っていても月300円は必要な点がmineoの「LaLa Call」とは異なる点です。また、mineoは最速150Mbpsの高速データ通信に対応していますが、「ServersMan SIM LTE」は最速250Kbpsの速度しか出ません。この速度でIP電話を使うのは少々厳しいかもしれません。音質そのものが悪かったり、音声遅延が発生する可能性があります。

1000円以下で使える格安SIMまとめ

ここでご紹介したものも含めて「1000円以下で使える格安SIM」は他にもいくつかありますが、「SMS機能もつけて1000円前後」と少し範囲を広げると選択肢は一層増えてきます。最近はMVNO各社の競争が一層激しくなっているため、「低価格化」と「大容量化」が進んでいます。そのため「SMS機能もつけて1000円以下」というクラスが更に充実してくることが予想されます。ぜひ「SIMチェンジプラン診断」も活用しながら、ご自身にとってベストな格安SIMを見つけて下さい。