1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. TSUTAYAの格安スマホ、TONEとは?メリット・デメリットも紹介
 

TSUTAYAの格安スマホ、TONEとは?メリット・デメリットも紹介

main_title
格安スマホ

TSUTAYAが格安スマホ、TONEに力を入れています。TONEの内容や価格・契約方法などメリット・デメリットを調べました。TSUTAYAならではのサービスなども紹介していきます。月額1,000円の格安料金に加えて、アプリのインストールや購入禁止など、お子様や高齢者の方にも安心な機能付きです。

TSUTAYAが格安スマホ、TONEに力を入れています。今回はTONEの内容や価格・契約方法などメリット・デメリットを調べました。TSUTAYAならではのサービスなども紹介していきます。

TSUTAYAの格安スマホ、TONEって何?

TSUTAYAが打ち出したトーンモバイルは、月額1,000円をうたい文句に登場した格安スマホです。TSUTAYAだからできるサービスが色々とあり、Tポイントが貯まることや、実店舗でのアフターサービスなどに力を入れています。

TONEのコンセプト

「スマホの楽しさを、すべてのヒトに」をスローガンに、様々なサービスを提供しているTONE。一番強調しているのが、月額1,000円という点。価格の安さから、ターゲットにしている層はファミリー層中心となっています。

初めてスマホを持たせる場合を考えた価格設定や、簡単なスマホ設定、アプリ制限や歩きスマホを禁止させる設定が、最初から入れてあります。

具体的には下記のサービスが入っています。

  • 居場所がわかる。
  • アプリのインストールや購入禁止。
  • 歩きスマホの禁止。
  • バッテリーの残量が一定量になった場合、指定メールアドレスに通知。
  • 確認するまでは表示されている「家族伝言」

位置確認などは、定番のサービスですが、アプリのインストール制限や購入禁止などはうれしいサービスですね。どうしても、見せたくない情報というものはありますので、親御さんが自分たちで選んで渡せるのはありがたいです。利用時間の制限も、重宝しそうです。ずっとスマホを触り続けている状況は良くないので、格安スマホでもこのようなサービスが入っているのは、うれしいですね。

地味に活躍しそうなのが、歩きスマホの禁止やバッテリーが少なくなった際に通知してくれることですね。これがあれば、早めの連絡をして今の状況を確認することができます。また、「家族伝言」も使い勝手がよさそうです。見なければ、スマホの操作ができない設定になっているため、大切なことを伝えるのに活躍しそうですね。

TONEのシンプルな料金プラン

格安スマホならではの価格設定になっているTONEの価格体系はシンプルです。

  • パケット使い放題で月額1,000円
  • SMSオプション(電話番号でメッセージのやり取り) 月額100円
  • 090音声オプション(090/080/070番号を利用したい、現在使っている番号を利用したい)
  • 高速チケットオプション(動画を快適に視聴したい) 1G毎 300円
  • フラットパックオプション(毎月60分以上電話をする、動画を快適に見たい)月額500円
  • 安心オプション(外出先でWi-Fi利用、商品破損・盗難補償) 月額500円
※基本プランの通信速度は500-600Kbps

月額1,000円でパケット使い放題は、かなり魅力的です。ただ、注意点としては速度が500-600Kbpsのため、動画を視聴するには少し厳しい速度になっています。そのための高速チケットなのですが、1Gの容量となっていますので、動画ばかり見ているとあっという間になくなってしまいます。それでも、格安SIMの通信速度から考えると500-600Kbpsの速度は、かなり早いので、通常のWebやLineやFacebookなどのSNS利用でストレスになることはないでしょう。

TSUTAYAならではの特典

TSUTAYAの格安スマホなので、TSUTAYAならではの特典がTONEにはあります。

  • スマホ代でTポイントが貯まる。
  • お近くのTSUTAYAでもTONEが買える。
  • TONE取扱店舗でアフターサービスを充実
  • 音楽サービスやTSUTAYAのレンタル割引、無料フォトブックサービスなどサービス拡大予定

やはり、TSUTAYAといえばTポイントですね。ただ、手続きをしないとTポイントがついてこないので注意が必要です。手続き方法は下記となります。

  1. 店舗に来店もしくはコールセンターに電話
  2. Tカード番号登録
  3. TONEでTポイントが貯まる

この手続きをすることで、基本プラン、端末代金、通話料やオプション料金等に対して200円につき1ポイント貯まる形になります。

今後も、色々なサービスが追加されるようですが、やはりTSUTAYAの強みを生かしたレンタル系が増えるとうれしいですね。

TONEの契約方法と契約機種

TSUTAYAの格安スマホ、TONEの契約方法とおすすめ契約機種をお伝えします。

TONEの契約方法

契約方法としては、オンライン上と店舗で直接購入、電話で購入の3パターンとなっています。

店舗での取扱店はまだまだ少ない状況です。

TONE取り扱い店舗一覧

その為、基本的は、オンライン上での契約をおすすめしているような状況ですね。ただ、やはりオンライン上では不安という方のために、電話購入があるといったところでしょうか。店舗は近くになくて難しいけど、直接内容を確認したいという方には電話購入がおすすめです。

TSUTAYAの格安スマホ、TONEのおすすめ契約機種

現在TONEには二つの機種が用意されています。

※2016年1月時点

TONE m14

出典:TONEモバイルスペック
  • OS:Android4.2.2
  • CPU:クアッドコア1.3GHz
  • メモリ: ROM 4 GB(ユーザー領域2GB)、RAM 1 GB 外部記憶領域 micro SDカード(最大32GB)
  • バッテリー: 2500mAh
  • 重さ:189g
  • ディスプレイ:960×540ピクセル 5.5インチ液晶
  • カメラ:背面800万画素、前面200万画素、1080p動画撮影対応

価格19,800円

TONE m15

出典:TONEモバイルスペック
  • OS:Android5.1
  • CPU:クアッドコア1.3GHz
  • メモリ: ROM 4 GB(ユーザー領域2GB)、RAM 2GB 内蔵 16GB 外部記憶領域 micro SDカード(最大32GB)
  • バッテリー: 3000mAh
  • 重さ:165g
  • ディスプレイ:1280×720ピクセル 5.5インチ液晶
  • カメラ:背面1300万画素、前面500万画素、1080p動画撮影対応
  • 価格29,800円

    価格は、1万円の差がありますが、オススメは最新モデルのm15ですね。 最新OSが使えることや500-600Kbpsでもスムーズな動きを出せるように作りこまれたタイプになっています。カメラの画素数もよいため、お子様やシニアの方でも満足できる写真が撮れるでしょう。

    TONEのメリット・デメリット

    格安スマホTONEのメリットやデメリットをお伝えします。

    TONEのメリット

    TONEのメリットは、以下の点にあります。

    • 月額料金が1000円と安い
    • 子どもに持たせても安心
    • Tポイントが貯まりやすい

    TONEの特徴は、やはりファミリー層向けの格安スマホという内容ですね。月額料金は、他のオプションをつけたとしても通常のスマホを契約するより、ランニングコストは圧倒的に抑えることができます。

    家族内の子どもや高齢者に持たせても安心の内容もうれしいです。初めての一台として、活躍してくれるでしょう。

    また、TSUTAYAならではのTポイントが貯まりやすいのもうれしいですね。

    TONEのデメリット

    TONEのデメリットは、以下の点にあります。

    • YouTubeなどの動画をたくさん見ることが出来ない
    • ネットサーフィンをたくさんできない

    ファミリー層向けということなので、やはりスマホヘビーユーザーには向いていません。通信速度も遅くはないですが、YouTubeなどの動画を見るにはつらいですし、ネットサーフィンを大量に行いたくてもストレスが出てくる場合があるでしょう。

    スマホを徹底的に使いたいという方には向いていない内容になっています。

    TSUTAYAの格安スマホTONEは、実際使えるのか。

    ここまでの内容を確認して、実際TONEは使えるのでしょうか。

    総合的に見たTSUTAYAの格安スマホTONEの評価

    ヘビーユーザーには向かないですが、総合的に見てTSUTAYAの格安スマホTONEはとてもいい内容になっています。

    TSUTAYAだからこそのTポイントサービスなどもうれしいですよね。月額1,000円の格安料金に加えて、アプリのインストールや購入禁止、歩きスマホ禁止、位置確認ができるなど、お子様や高齢者の方が持っていても安心安全な格安スマホになっています。

    うまく利用すれば家族内のスマホ料金が大幅に抑えることが可能です。

    かんたん料金シミュレータでどれくらい節約できるか調べることもできますので、良ければご確認ください。