1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 1万円台で購入できる格安スマホのおすすめ機種!
 

1万円台で購入できる格安スマホのおすすめ機種!

SONY DSC
格安スマホ

格安スマホの中には1万円台で購入できて、スペックが充分なものも多くあります。今回はスマホを子供に持たせたい場合や、二台持ちをしたい場合など機種代を安く抑えたい時におすすめの1万円台の格安スマホをご紹介していくのでどうぞご覧ください。

格安スマホは1万円台で購入できるものでも、充分なスペックを持ち使っていけるものも多くあります。1万円台で購入できるので、子供にスマホを渡したい場合や、二代持ちをする場合におすすめです。今回はそんな1万円台で購入できる格安スマホのスペックや機能などをご紹介していきます。

1万円台で購入できる格安スマホ

早速、1万円台で購入できる格安スマホをご紹介していきます。各スマホのスペックやおすすめのポイントも紹介していくので、選ぶ際の参考にして下さい。

ロングセラーの格安スマホ、Priori3 LTE

ロングセラーの格安スマホがPriori3 LTEです。手に取りやすい料金ながら、ちゃんと使えるスペックを持っていることが特徴です。

出典:Priori3 紹介ページ

Priori3 LTEのスペックは以下になります。

OS
Android5.1
ディスプレイ
(サイズ/解像度)4.5inch/854×480(FWVGA IPS)
CPU
MT6735M Quad Core1.0GHz 64bit
メモリ内部RAM
1GB
メモリ内部ROM
8GB
外部メディア規格
microSD
外部メディア最大容量
128GB(SD/SDHC/SDXC)
カメラメイン
800万画素
カメラサブ
200万画素
バッテリー
2,100mAh取り外し:可
本体価格
12,800円

Priori3 LTEのおすすめのポイントは以下になります。

交換可能なバッテリー

Priori3 LTEのバッテリーは交換が可能になっています。またバッテリーは2100mAhなので、普段の生活でのバッテリー持ちもよくなっています。

高性能なカメラを搭載

メインカメラは800万画素、インカメラは200万画素となっています。この価格帯でこのスペックを持っているのはなかなかありません。

デュアルSIMを搭載

Priori3 LTEは標準SIM、microSIMの2スロットを搭載しています。日本のSIMと海外の現地SIMを差し込むことが可能になっています。

Priori3 LTEの購入先

FREETEL

大容量バッテリーを搭載の格安スマホ、Priori3S LTE

1万円台の格安スマホでバッテリーが非常に大容量のバッテリーを搭載しています。

出典:FREETEL Priori3S LTE ギャラリー

Priori3S LTEのスペックは以下になります。

OS
Android5.1
ディスプレイ(サイズ/解像度)
5.0inch/1280×720(HD IPS)
CPU
MT6735P Quad Core1.0GHz 64bit
メモリ
内部RAM 2GB 内部ROM 16GB 外部メディア規格 microSD 外部メディア最大容量 128GB(SD/SDHC/SDXC)
カメラ
メイン800万画素
カメラ
サブ200万画素
バッテリー
容量4,000mAh
連続通話時間
約840分
連続待受時間
約500時間
本体価格
17,800円

Priori3S LTEのおすすめのポイントは以下になります。

大容量バッテリーを搭載

Priori3S LTEは4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。格安スマホの中でも大容量なバッテリーで、この価格帯に搭載されていることはほとんどありません。

高解像度のディスプレイを搭載

Priori3S LTEに搭載されているディスプレイは1280×720のHDディスプレイです。そのため液晶も非常に綺麗で、写真や動画の閲覧にも向いています。

充分なメモリーを搭載

Priori3S LTEはRAM2GBを搭載しています。なので、ストレスを感じることなくサクサクと動作します。ROMは16GB搭載しているので、写真もたくさん保存できますし、音楽の保存も十分可能です。

Priori3S LTEの購入先

FREETEL

高スペックの格安スマホ、SAMURAI MIYABI

高水準でまとまったスペックを持ちながらも価格が1万円台という優れた格安スマホです。

出典:SAMURAI「雅」

FREETEL(フリーテル)が提供するSAMURAI MIYABIのスペックは以下になります。

OS
Android5.1
ディスプレイ(サイズ/解像度)
5.0inch/1280×720(HD IPS)
CPU
MT6735 Quad core1.3GHz
メモリ
内部RAM 2GB 内部ROM 32GB 外部メディア規格 microSD 外部メディア最大容量 128GB(SD/SDHC/SDXC)
カメラメイン
1300万画素
サブ
500万画素
バッテリー
容量2,200mAh
連続通話時間
約720分
連続待受時間
約130時間
本体価格
19,800円

FREETEL(フリーテル)のSAMURAI MIYABIのおすすめのポイントは以下です。

高性能カメラを搭載

SAMURAI MIYABIは1300万画素のメインカメラを搭載しています。それだけでなく、手ぶれ補正や、ジェスチャーキャプチャーなどの様々な機能も搭載しています。

直感的な操作が可能

スリープ状態の時でもジェスチャー操作をすることでアンロックする機能や、端末のセンサー上で手を動かすことで操作が可能な、ジェスチャー機能が充実しているので使いやすくなっています。

高品質バッテリーを搭載

2200mAhの高品質なバッテリーを搭載し、さらに急速充電にも対応しています。また電池は交換可能になっており、バッテリーの消耗が激しくなってきたら交換することで、より長く使い続けられます。

SAMURAI MIYABIの購入先

FREETEL

プラチナバンドに対応の格安スマホ、Acer Liquid Z200

スペックでは今回紹介した他機種には劣りますが、SoftBankのプラチナバンドに対応していることが特徴の格安スマホです。

Liquid_Z200_black_sku_main 出典:Liquid Z200

Acer Liquid Z200のスペックは以下になります。

OS
Android4.4
画面
4インチ 800×480
CPU
Dual Core 1.0GHz
RAM
512MB
ROM
4GB
カメラ
200万画素
W-CDMA
900MHz/2.1GHz ※SoftBankプラチナバンド対応
LTE
非対応
バッテリー
1300mAh
SIMスロット
標準SIM、microSIM
本体価格
10,000円

Acer Liquid Z200のおすすめのポイントは以下になります。

コンパクトで持ちやすいサイズ

コンパクトな4,5インチの格安スマホなので、普段の日常生活での持ち運びが非常に便利です。カーブを基調としたデザインでフィット感もあり、持ちやすくなっています。

多彩なカメラ機能を搭載

Acer Liquid Z200のメインカメラは500万画素となっています。カメラの機能が多彩で、カメラを起動中に「セルフィー」と声を出せばインカメラに自動で切り替わります。また暗い場所でもしっかりと撮影が可能な「ばっちりマジック」という機能も搭載されています。

キッズモードを搭載

子供向けに機能を制限したり、操作画面をシンプルな子供用にすることも可能です。子供向けのコンテンツも充実しており、安心して子供に渡せる格安スマホになっています。

Acer Liquid Z200の購入先

楽天モバイル

1万円台で購入できる格安スマホまとめ

今回ご紹介する1万円台で購入できる格安スマホは以上になります。他にも1万円台の格安スマホはありますが、スペックや料金を比較して選んでいく場合は、この中から選ぶのが良いでしょう。

2台目のスマホと割りきって購入するならAcer Liquid Z200、メインとして使っていきたいならSAMURAI MIYABIまたは、Priori3S LTEを選ぶと良いでしょう。