1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 電話をたくさんする人が買ったら損をする格安SIM
 

電話をたくさんする人が買ったら損をする格安SIM

tel
SIM

格安SIMでも電話を多く使う人はY!mobileかFREETEL、楽天モバイルを選ぶのが順当な方法です。どうしても高くなりがちな通話料金ですが、どの格安SIMを選んでも一緒ではありません。通話料金を気にするなら選ばない方がいい格安SIMを紹介します。

電話をたくさん使う人は選ぶ格安SIMを間違えるとドコモ、au、ソフトバンクを使うよりも高くなってしまいます。格安SIMにする意味なかったなんてことにもなってしまうので気をつけましょう。

電話をたくさん使う人が契約してはいけない格安SIM

電話をたくさん使う人は値段につられて格安SIMを契約すると失敗してしまいます。

mineoを契約するならネット通話を利用

格安SIMの有名所のmineo(マイネオ)

このmineoを使うとネット通信料はすごく安くなりますね。でも決して電話をたくさん使ってはいけません。電話料金は30秒20円。1分電話すると40円。1時間電話すると2400円です。格安のはずが請求を見るとびっくり価格になってしまいます。

ですので電話をたくさん使う方はできるだけLINE通話など完全無料通話を利用するようにしましょう。

公式サイト:mineo

IIJmioでも高い

IIJmio(みおふぉん) もmineoと同様に普通に通話すると料金が高くなります。

IIJmioにはみおふぉんダイアルという半額通話アプリがあるのでそれを利用すると通話料金が半額になります。それでも通話を何度もしたり長電話すると高くなりますのでLINE通話など無料通話を利用するべきです。毎月の通話が1,000円程度で済むのならいいのですが、2,000円以上になっている場合は高くなっていると判断しましょう。

公式サイト:IIJmio

DMM mobileやその他の格安SIM

DMM mobile(DMMモバイル) やその他の格安SIMでも半額通話アプリがありますが、電話をたくさん使う人には向きません。

電話をたくさん使うと思っている方ならきっと3,000円以上は通話料金が必要になるはずだからです。格安SIMで格安通信を使いながら電話もたくさん使いたい人は半額通話を使っても結構高い料金が必要になります。特定の人にだけ電話をするのならLINE通話等でなんとかなるのですが、いろんな人と話しをする機会が多いと携帯電話番号で通話することが必要になるので料金が高くなるのです。

公式サイト:DMM mobile

電話をたくさん使う人は携帯電話を別に用意した方がいい

電話を使うことが多い人は面倒だけれど携帯電話と格安SIMの両方を利用した方がいいです。

安くしたいなら2台持ち

ネット通信も電話も安くしたいならかけ放題契約の携帯電話と格安SIM契約のスマホを2つ持つようにするのが一番安くなります。3GBで1,000円程度、かけ放題で2,200円、合わせて3,200円なら格安です。絶対一番安くなる方法です。

楽天モバイル、FREETELなら使いようによっては安くなる

電話の使い方によっては楽天モバイルFREETEL(フリーテル) を使ったら安くなる場合があります。

それは本当に短い通話を複数繰り返す場合です。5分未満で終わる会話を1日1回程度するだけなら楽天モバイル、FREETELを契約してもいいでしょう。ネットも安く抑えたいのであればFREETELを利用して低速通信で利用するようにしてください。でも5分以上の電話は基本的にNGです。

公式サイト:楽天モバイル

公式サイト:FREETEL

Y!mobileでも安い

携帯電話と格安SIMを2台持ちするのが嫌な人はY!mobile(ワイモバイル) を選ぶといいでしょう。

Y!mobileでスーパー誰とでも定額を使って電話をすれば4,300円程度でネットとたくさんの電話が利用できます。2台持ちから比べると高くはなりますが、長電話のしすぎで電話料金が多くなることは防げます。ですが、ネットも高速通信でたくさん使いたいのであればY!mobileでも不満が出ることになるでしょう。

公式サイト:Y!mobile

電話をたくさんする人が買ったら損をする格安SIMまとめ

電話をたくさんする人が買ったら損をする格安SIMをまとめました。

電話をたくさんする人が買ったら損をする格安SIMまとめ

携帯電話と格安SIMの2台持ちは今の所通信費を一番安くできる方法です。筆者もあれこれと安くする方法を考えて実践してきましたが、2台持ちには敵いませんでした。LINEやSkypeの利用を多用しましたが、それでも携帯電話しか持っていない人や電話番号しか知らない人などと電話することが多い場合は2台持ちが一番でした。また、請求がいくらになるかわからない通話料金のためにお金を置いておくよりも決まった料金で支払いが全て済むので気持ちに余裕ができます。電話をたくさん使う人は2台持ちをおすすめします。