1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. キャリアの5分通話定額 VS FREETELの5分通話定額はどちらがおすすめ?
 

キャリアの5分通話定額 VS FREETELの5分通話定額はどちらがおすすめ?

pixta_18110600_M
SIM

5分通話定額は格安SIMにもあります。格安SIMではなくドコモ、au、ソフトバンクで利用している方は今すぐFREETELに乗り換えましょう。月額料金がすぐに安くなります。

ドコモ、au、ソフトバンクの5分通話定額は人気が出てたくさんの人が使っています。でもその通話定額は本当に必要ですか?もしかしたら必要もないのに通話定額を使ってお金を払いすぎてるかもしれませんよ?見直してみませんか?


通話定額を比較、安さと使いやすさ

キャリアに通話定額プランが登場してから数年が経ちました。これをFREETEL(フリーテル)の通話定額と比較しました。どちらの方が安いのでしょうか?便利なのでしょうか?

安い通話定額はどっち?

キャリアの5分通話定額は1,700円です。一方FREETEL(フリーテル)の5分通話定額は840円です。どちらも5分の通話定額です。ですが、安いのはFREETEL(フリーテル)です。キャリアの半額以下の料金になっています。

FREETEL(フリーテル)の5分通話定額は半額ですが、サービス内容はキャリアの5分通話定額より劣るのでしょうか?

答えはNOです。まったく劣りません。むしろもっと良いサービスになっているのです。

例として10分電話した場合の通話料金を計算してみました。キャリアの場合は最初の5分は無料です。終わりの5分は有料です。なので10分の通話料金は200円です。FREETEL(フリーテル)の場合は最初の5分は同じく無料、終わりの5分も同じく有料です。10分の通話料金を計算すると100円になります。

あれ?っとなってしまいますよね?実はFREETEL(フリーテル)の電話は30秒10円で電話ができるのです。一方キャリアの電話は30秒20円です。なので100円の差が産まれてしまったのです。

ということは安いのはFREETEL(フリーテル)の5分通話定額になります。

便利な5分通話定額はどっち?

5分通話定額で便利さを比べてみました。使い勝手ですね。どちらがいいでしょうか?

FREETEL(フリーテル)の5分通話定額は専用アプリから電話をかけます。電話番号は携帯電話の番号そのままを使えるので番号が変わってしまったりなど不都合は起きません。ですが、着信があった場合はFREETEL(フリーテル)アプリに通知があるわけではなく、普通の電話アプリに履歴が残ります。FREETEL(フリーテル)の電話アプリは発信専用となります。なので着信があった場合、FREETEL(フリーテル)の電話アプリでかけ直す必要があります。すばやくかけ直すことはできないことになります。

一方キャリアの方では、電話アプリに変わりはありません。なので着信も発信も同じアプリからです。かけ直しもスムーズです。

電話サービスオプションも違いがあります。FREETEL(フリーテル)の電話オプションは留守電とキャッチホンだけです。キャリアの方では留守電、キャッチホン、番号通知リクエスト、着信転送、迷惑電話撃退、三者通話、待ちうた等のサービスが使えます。

便利さサービスの多さではキャリアにはかないません。

公式サイト
FREETEL(フリーテル)

5分通話定額を申し込む基準はどこ?

紹介してきた5分通話定額ですが、必要とするか必要としないかを決める基準はどこにあるのでしょうか?

通話料金はどのくらい?

今の通話料金を調べてみましょう。

ドコモの通話料金確認はこちらです。ドコモお客様サポート。ドコモショップでの申し込みが必要こちらは先にドコモショップでサービス利用の申し込みが必要になります。

auの通話料金確認はこちらです。auお客様サポート。au IDでのログインをすれば確認できます。

ソフトバンクの料金確認はこちらです。My SoftBank。My SoftBankで確認が出来ます。

キャリアの通話明細は上記の方法で確認することができます。

通話料金が1000円程度の人はFREETEL(フリーテル)を選ぼう

5分通話定額なので5分程度の電話が多い人が使うとメリットが多くなります。

ですが、5分以上の電話が多い人はどうでしょうか?5分以上の電話が多いということはすでにカケホーダイなどの通話定額を利用しているか、利用する予定にあることでしょう。単純に考えて通話料金が毎月2,500円以上必要になっている人の場合は通話定額か、5分通話定額を使いましょう。毎日10分の電話をする人はカケホーダイ等の通話定額サービスを選びましょう。

通話料金が1000円~2000円以内の人は5分通話定額にすると通話料金が安くなる可能性があります。その上でデータ通信料もグッと安くなるので全体的に大きな節約につながります。

公式サイト
FREETEL(フリーテル)

キャリアの5分通話定額 VS FREETEL(フリーテル)の5分通話定額はどちらがおすすめ?まとめ

キャリアの5分通話定額 VS FREETEL(フリーテル)の5分通話定額はどちらがおすすめ?

キャリアの5分通話定額 VS FREETEL(フリーテル)の5分通話定額はどちらがおすすめ?まとめ

FREETEL(フリーテル)で始まった5分通話定額は格安SIMの中でも数少ないサービスです。このサービスをよりよく使うことで格安SIMがもっと格安になります。通話料金があまり多くない人はFREETEL(フリーテル)を使う方がきっといいでしょう。FREETEL(フリーテル)の申し込みは以下からできます。

公式サイト
FREETEL