1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ZenFone 3 Max徹底解説!スペックや評判、他スマホとの比較も
 

ZenFone 3 Maxに関する記事

3件の記事があります
格安スマホの「ZenFone 3 Max」 (ZC520TL)のスペックや評判を他の格安スマホと比較し、最新キャンペーン情報についてなど、ZenFone 3 Maxについての記事をまとめています。
ZenFone 3 Maxに関する記事の一覧を見る

ZenFone 3 Maxのおすすめポイントと注意点


出典:ASUS 公式ホームページ

ZenFone 3 Max 3(ZC520TL)は2017年1月中旬に発売を予定している5.2インチスマホ。メーカーはZenFoneシリーズでお馴染みのASUSで、ZenFone 3 Maxはバッテリーの持ちに重点を置いているZenFone Maxの後継機にあたります。スペックとしてはエントリーモデルとしての利用はもちろん、ゲームアプリを多用し充電残量を気にしがちなミドルレンジにもオススメできる仕上がりになっています。

ZenFone 3 Maxのおすすめポイント

早速ZenFone 3 Maxのおすすめポイントを挙げていきましょう。ZenFone 3 Maxは大容量バッテリーに加えリバースチャージ機能も搭載していますので、タブレットやポケットWi-Fi等と一緒に持ち歩く際にも何かと使いやすい点が魅力です。

5.2インチサイズのASUS大容量バッテリー搭載スマホ
4100mAhの大容量バッテリーを搭載しながらも5.2インチのコンパクトなサイズに収めたモデルです。
コストパフォーマンスに優れていたZenFone Maxの後継機
1月中旬に発売予定ですが、端末料金は2万円台前半と手ごろな価格を予定しています。
指紋認証センサーを搭載
ZenFone Maxにはなかった指紋認証センサーにも対応しました。360度どこからでも認証でき、約0.3秒でアンロックしてくれます。

ZenFone 3 Maxの注意したい点

同様にZenFone 3 Maxの注意したい点も挙げていきます。バッテリー容量が非常に大きいのでアプリや動画視聴をたくさん楽しみたいところですが、ZenFone 3 Maxはメインメモリ(RAM)が2GBと比較的少なく、複数のアプリを起動するには不向きなスペックです。

バッテリー容量は魅力的、でもCPU・内部メモリに不安
ゲームアプリを支える大容量バッテリーは魅力的ですが、情報処理速度は速くありません。
デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)には非対応
ZenFone 3シリーズはDSDSに対応したモデルが多いですが、ZenFone 3 Maxは非対応です。

ZenFone 3 Maxの特徴とスペック(性能)・取り扱いMVNO一覧

では気になるZenFone 3 Maxの特徴やスペック(性能)・格安SIMとセットで販売しているMVNOについて紹介します。

ZenFone 3 Maxの特徴

冒頭に述べたように、ZenFone 3 Maxは数あるZenFoneシリーズの中でもバッテリーの持ちに重点を置いたシリーズに位置付けられます。大容量バッテリー型としては初代であるZenFone Max(5000mAh)と比べるとZenFone 3 Max(4100mAh)はバッテリー容量が減っていますが、それでも一般的なスマホと比べると2倍近い容量を誇ります。加えてZenFone Max同様に、他のデバイスに給電できる「リバースチャージ機能」も搭載しているので、Wi-Fiのモバイルルーターを充電したりと何かと器用にこなしてくれる点が特徴的ですね。

価格帯については2万円前半での販売を予定しているようなので、スペックよりも端末料金の手ごろさやコストパフォーマンスを追求しています。

ZenFone 3 Maxのスペック(性能)

ZenFone 3 Maxのスペック(性能)は以下の通り。

ZenFone 3 Max スペック表

端末名
ZenFone 3 Max (ZC520TL)
メーカーASUS
画面サイズ5.2インチ 1,280×720ドット (HD)
CPUMediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)
OSAndroid™ 6.0

RAM2GB
ROM16GB
カメラ画質背面:1300万画素
前面:500万画素
micro SD スロット
SIMカードmicro nano
通信(LTE)FDD-LTE (B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28)

TD-LTE (B38/B41)

W-CDMA (B1/B2/B5/B6/B8)

GSM/EDGE (850/900/1,800/1,900MHz)
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
Bluetoothv4.0
バッテリー4,100mAh

入出力端子micro USB type B
サイズ149.5mm × 73.7mm × 8.55mm
重量160g
本体カラーシルバー,ゴールド,グレー

ZenFone 3 Maxを取り扱うMVNO一覧

ZenFone 3 Maxを取り扱い予定のMVNOは以下の通り。(順次更新中)

なお、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)では発売を記念して割引クーポンを配布しています。こちらのクーポンは対象プラン(音声通話SIMのライトSプラン(6GB)、12ギガプラン)を新規にお申し込みの際に、利用料金から毎月500円を6カ月間(合計3,000円分)値引きしてくれますので、ぜひご利用ください。
※クーポンの配布および利用可能期間は2017年4月2日まで

公式サイト:BIGLOBE SIM

ZenFone 3 Maxの評価・評判と他の機種との比較

最後にZenFone 3 Maxの評判や他機種との比較をしてみます。

ZenFone 3 Maxの評価・評判

気になるZenFone 3 Maxの評判ですが、価格も2万円台、分割払いでは1,000円/月以下で購入できる手ごろさが人気です。大容量バッテリー搭載のスマホは充電回数を抑えられるぶん高寿命ですし、コストパフォーマンスとしても良いでしょう。ただし、コストカットのためかRAM/ROMなどはZenFone 2 Laserと同程度くらいなので、日常生活にはないものの、ゲームアプリなどのヘビーユーザーにはあまりおすすめはしません。

ZenFone 3 Maxと他の機種との比較

前作であるZenfone Maxからの改善点をチェックしていきます。RAMやROMなど据え置きになっている部分もいくつかありますね。ちなみにZenFone Maxでは5.5インチ・202gとサイズ感がデメリットになっていましたが、ZenFone 3 Maxでは5.2インチ・160gと課題を克服してきました。ZenFone 3シリーズはかなりバリエーションが豊かなので、自分に合ったモデルをぜひ見つけてみて下さい。

ZenFoneシリーズについての紹介は以下からどうぞ。

ZenFone 3 MaxとZenFone Max スペック比較

端末名
ZenFone 3 Max (ZC520TL)
ZenFone Max
(ZC550TL)
メーカーASUSASUS
画面サイズ5.2インチ 1,280×720ドット (HD)
5.5インチ, 1,280×720ドット(HD),IPS
CPUMediaTek MT6737M (クアッドコアCPU)Qualcomm® Snapdragon™ 410
OSAndroid™ 6.0

Android™ 5.0
RAM2GB2GB
ROM16GB16GB
カメラ画質背面:1300万画素
前面:500万画素
背面:1300万画素
前面:500万画素
micro SD スロット
SIMカードmicro×1
nano×1
microSIMスロット×2
通信(LTE)FDD-LTE :
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B18
/B19/B26/B28

TD-LTE :B38/B41

W-CDMA :B1/B2/B5/B6/B8

GSM/EDGE :850/900/1,800/1,900MHz
FDD-LTE:
B1/B3/B5/B6/B8/B9
/B18/B19/B28

W-CDMA:
B1/B2/B5/B6/B8/B19

GSM : 850/900/1800/1900
Wi-FiIEEE802.11b/g/nIEEE802.11b/g/n
Bluetoothv4.0
v4.1
バッテリー4,100mAh

5,000mAh
入出力端子micro USB type Bmicro USB type B
サイズ149.5mm × 73.7mm × 8.55mm
156 ×77.5 ×5.2 mm ~ 10.55 mm
重量160g202 g
本体カラーシルバー,ゴールド,グレーブラック/ホワイト