1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. RAIJIN(雷神)徹底解説!スペックや評判、他スマホとの比較も
 

RAIJIN(雷神)に関する記事

2件の記事があります
格安スマホの「RAIJIN(雷神)」のスペックや評判を他の格安スマホと比較し、最新キャンペーン情報についてなど、RAIJIN(雷神)についての記事をまとめています。
RAIJIN(雷神)に関する記事の一覧を見る

RAIJIN(雷神)のおすすめポイントと注意点

RAIJIN(雷神)は2016年12月に発売が予定されている超大容量バッテリー搭載の5.5イン型オクタコアスマホ。メーカーは格安SIMを提供するMVNOでもあるFREETEL(フリーテル)で、10コアCPU搭載の新端末「SAMURAI KIWAMI(極)2」と同時期に発表されました。

公式サイト:FREETEL

RAIJIN(雷神)のおすすめポイント

早速ですがRAIJIN(雷神)のおすすめポイントを挙げてみましょう。超大容量のバッテリー容量だけがRAIJIN(雷神)の魅力ではありません。5.5インチの鮮やかなディスプレイや高負荷と低負荷に対応する2種類のコアクラスタを搭載したオクたコアCPU、またZenFone 3同様にデュアルSIMデュアルスタンバイにも対応するなど、非常にマルチに使えるスマホです。

RAIJIN(雷神)はデュアルSIMデュアルSIMに対応!
デュアルSIMのデュアルスタンバイ対応の端末では最安値(32,184円)ではないでしょうか。
5000mAhの超大容量バッテリー
iPhoneシリーズの約3倍ほどの容量なのでスマホの寿命も長そうです。
Android 7.0 Nougat搭載予定
Android OSの新バージョンであるNougat(ヌガー)を搭載予定です。

RAIJIN(雷神)の注意したいこと

同様にRAIJIN(雷神)の注意したいことも挙げてみましょう。FREETELでは従来バッテリーの交換が可能なスマホを多数提供してきましたが、RAIJIN(雷神)は交換不可です、バッテリーの摩耗に注意しましょう。

バッテリーは取り外し不可
バッテリーの不調=端末の故障ともいえるので、長くスマホを使えるように工夫しましょう。
auの通信規格には非対応
格安SIMを検討の際はdocomo系MVNOとの契約をおすすめします。

RAIJIN(雷神)の特徴とスペック(性能)・取り扱いMVNO一覧

では気になるRAIJIN(雷神)の特徴やスペック(性能)・格安SIMとセットで販売しているMVNOについて紹介します。

RAIJIN(雷神)の特徴

RAIJIN(雷神)の特徴は何といっても5000mAhの超大容量バッテリーを搭載し、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応したスマホであること。容量で言えば大容量バッテリーをウリにしたスマホ「Zenfone Max」と同一ですが、RAIJIN(雷神)はバッテリー以外のスペックも非常に高いです。大容量の4GBメモリ・オクタコアCPUを搭載しているので、単なるバッテリー容量重視のスマホと侮ってはいけませんね。ミドルレンジ~ハイエンドのユーザーにとっては非常に使いやすいモデルです。コストパフォーマンスとしてもデュアルSIMデュアルスタンバイに対応したスマホでは最安級の価格と言えそうです。

RAIJIN(雷神)のスペック(性能)

RAIJIN(雷神)のスペック(性能)は以下の通りです。

RAIJIN(雷神)スペック表

機種
FREEETL RAIJIN (雷神)
OSAndroid 7.0 Nougat
ディスプレイ5.5インチ フルHD(1080*1920)
Gorilla Glass 3
プロセッサMediaTek MT6750T オクタコアCPU
Cortex-A53(4×1.5GHz+4×1.0GHz)
メモリ4GB RAM
ストレージ64GB ROM
外部メディアmicroSDカードスロット
micro SDHC / microSDXC (最大128GB)
カメラ背面カメラ:1,600万画素
フロントカメラ:800万画素
バッテリー5,000mAh 取り外し不可
USBType-C (USB2.0)
SIMスロット数:2
micro / nano
ネットワーク2G(GSM): band 2/3/5/8
3G(WCDMA): band 1/5/6/8/19
4G(FDD): Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
4G(CA):Band 3/19、Band 1/19
Wi-Fi802.11 a/b/g/n (2.4GHz &5GHz)
Bluetooth4.0 BLE
テザリングWi-Fi / Bluetooh / USB
センサーGPS搭載(A-GPS, QZSS)、加速度、近接、光、重力、ジャイロ、e-compass、指紋
同梱物製品本体、AC アダプター、USBケーブル、SIMピン、保証書、スタートアップガイト、取扱説明書

RAIJIN(雷神)を取り扱うMVNO一覧

発売は2016年12月に発売予定のRAIJIN(雷神)を販売予定のMVNOは以下の通りです。

RAIJIN(雷神)の評価・評判と他の機種との比較

最後にRAIJIN(雷神)の評判や他機種との比較をしてみます。

RAIJIN(雷神)の評価・評判

気になるRAIJIN(雷神)の評判ですが、発表されてから注目度は上々のようです。CPUの性能はあえてオクタコアを維持し、バッテリー容量の高さを確保したことで2年以上は使えそうな性能です。デュアルSIMデュアルスタンバイ対応のスマホとしてもZenFone 3よりも安いので手が届きやすいですね。FREETELで最も人気があるSAMURAI REI(麗)を超えるスマホになることは間違いないでしょう。

RAIJIN(雷神)と他の機種との比較

FREETELで同時期に発売されるSAMURAI KIWAMI(極)2とスペックの違いを比べてみましょう。両端末ともデュアルSIMデュアルスタンバイに対応、カメラ画質やメモリも同水準のスマホになりますが、CPUでは10コアのSAMURAI KIWAMI(極)2に軍配があがります。またバッテリー容量の影響でSAMURAI KIWAMI(極)2のほうがやや軽量です。

価格面でみるとRAIJIN(雷神)はSAMURAI KIWAMI(極)2の半額以下なので、圧倒的にRAIJIN(雷神)が安いですね。5000mAhのバッテリー内臓でも5.5インチのすっきりしたサイズに収まっていますし、デュアルSIMスタンバイを利用するエントリーモデルとしてRAIJIN(雷神)は非常におすすめです。スペックによりこだわりたい場合はSAMURAI KIWAMI(極)2をぜひお試しください。

Raijin(雷神) SAMURAI KIWAMI(極)2 スペック比較

端末名
SAMURAI KIWAMI (極) 2
RAIJIN(雷神)
画面サイズ5.7インチ WQHD(1440×2560) Super AMOLED
Gorilla Glass 3
5.5インチ フルHD(1080*1920)
Gorilla Glass 3
メーカーFREETELFREETEL
CPUMediaTek Helio X20(MT6797) 10コア
※Cortex-A72×2(2.3GHz)
※Cortex-A53×4(2GHz)
※Cortex-A73×4(1.4GHz)
MediaTek MT6750T オクタコアCPU
Cortex-A53(4×1.5GHz+4×1.0GHz)
OSAndroid 6.0 Marshmallow
(7.0 Nougatへアップデート予定)
Android 7.0 Nougat
RAM4GB4GB
ROM64GB64GB
カメラ画質背面:1,600万画素
前面:800万画素
背面:1,600万画素
前面:800万画素
SIMカードスロット数:2
nano × 2
デュアルSIMデュアルスタンバイ
スロット数:2
micro / nano
デュアルSIMデュアルスタンバイ
microSD スロット
Wi-Fi802.11 a/ac/b/g/n
802.11 a/b/g/n (2.4GHz &5GHz)
通信(LTE)2G(GSM):Band 2/3/5/8
3G(WCDMA):Band 1/5/6/8/19
4G(FDD):Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
4G(CA):Band 3/19, band 1/19
2G(GSM): band 2/3/5/8
3G(WCDMA): band 1/5/6/8/19
4G(FDD): Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
4G(CA):Band 3/19、Band 1/19
Bluetooth4.1 HS対応
4.0
センサーGPS(A-GPS対応)/GLONASS/Beidou/加速度/近接/光/重力/気圧/ジャイロ/磁気/e-compass/指紋
GPS搭載(A-GPS, QZSS)、加速度、近接、光、重力、ジャイロ、e-compass、指紋
バッテリー3,400mAh ※取り外し不可
5,000mAh 取り外し不可
入出力端子Type-C(USB2.0)
Type-C (USB2.0)
サイズ157.2mm x 77.5mm x 7.2mm
153mm x 76mm x 8.7mm
カラーメタルシルバーシルバー/ブラック他1色
重量168g183g

公式サイト:FREETEL