1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. arrows M02/RM02 の一覧 » SIMチェンジ
 

arrows M02/RM02に関する記事

72件の記事があります
格安スマホの「arrows M02/RM02」のスペックや評判を他の格安スマホと比較し、最新キャンペーン情報についてなど、arrows M02/RM02についての記事をまとめています。 arrows M02を実際に使用したレビューについては、富士通からSIMフリースマホArrows M02が発売。スペック比較をご覧ください。
arrows M02/RM02に関する記事の一覧を見る

arrows M02/RM02のおすすめポイントと注意点

arrows M02/RM02は、おさいふケータイや防水防塵にも対応しており、約3日間も電池が持ちます。富士通独自の省電力機能「ヒューマンセントリックエンジン」が省エネを実現し、電池の消費を抑えています。arrows M02/RM02は、5インチのゴリラガラス搭載ディスプレイを搭載し、ドコモとauのMVNO回線に対応した万能のモデルです。

arrows M02/RM02のおすすめポイント

arrows M02/RM02のおすすめポイントを挙げてみましょう。arrows M02/RM02はスペックの高さから、スマホのヘビーユーザーや画面サイズの大きいスマホが好きな人にはおススメですね。

arrows M02のOSはAndroid 5.1 Lollipop
標準搭載のOSにはAndroid 5.1 Lollipopを搭載。前作のARROWS M01が4.4でしたのでアップデートされています。
arrows M02のCPUは1.2GHzのクアッドコア仕様
前モデルのarrows M01と同じく、クアルコム製のSnapdragon410をCPUに採用。クロック数は1.2GHzのクアッドコア仕様です。こちらは他社格安スマホにも搭載されることの多いエントリー・ミドルレンジスペックの機種です。
電池持ちが安心の3日持ち
富士通独自の省電力機能「ヒューマンセントリックエンジン」が省エネを実現。アプリごとにCPU動作を最適化して、電池の消費を抑えます。連続通話や大量に動画を見るなどをしなければ、約3日間はバッテリーが持ちます。
格安SIMではau・ドコモ回線に対応
対応周波数はdocomoだけでなくau回線にもLTE対応しています。
おサイフケータイに対応
国内独自のおサイフケータイ・Felicaなどに対応しています。
防水防塵・MIL規格準拠の耐久性
防水・防塵機能を搭載しています。塗装もはがれにくく、キズや指紋もつきにくいコーディングを採用しています。

arrows M02/RM02の注意したいこと

同様にarrows M02/RM02の注意したいことも挙げてみます。

イヤホンマイクを利用しての通話の際に、音声の通りが悪い
受話口の穴が塞がれていると声が伝わりにくくなります。通話中は受話口が耳の中央にあたるようにしてご利用ください。

arrows M02/RM02の特徴とスペック(性能)

では気になるarrows M02/RM02の特徴やスペック(性能)について紹介します。

arrows M02/RM02の特徴

屋内・屋外、どこでも色鮮やかな映像を見ることができるディスプレイ
有機ELディスプレイを搭載しており、本物のように豊かな色を再現しています。動きの速い動画も応答速度が速く、ぶれません。
カンタン・キレイに残せる高性能のカメラ
約810万画素の高画質カメラで細部まで美しいままに撮影することができます。富士通独自の画像処理エンジン「GRANVU(グランビュー)」で静止画も動画も美しく撮影可能。
たっぷり3日間、電池も長く使える。
大容量の2330mAhバッテリーに加えて、富士通独自の「ヒューマンセントリックエンジン」がアプリごとにCPUの動作を最適化して省電力機能を実現。
パスワードマネージャーと連携しており、いつも使うサービスへ、らくらくログイン。
たくさんのサービスを利用していると、それぞれのIDやパスワードは忘れがち。あらかじめ登録をしておけばパターン認証させることで呼び出し入力が可能に。
長文も、すいすい簡単に文字入力ができる。
パソコン版「ATOK」相当の高性能なエンジン、Super ATOK ULTIASを搭載。文節・文脈を読み取り、入力する言葉を高い精度で予測変換します。

arrows M02/RM02のスペック(性能)

arrows M02/RM02のスペック(性能)は以下の通りです。

機種名
arrows M02
メーカー富士通
OSAndroid 5.1 Lollipop
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
RAM2GB
ROM16GB
SDカードスロットmicroSDHC
最大32GBまで
ディスプレイ約5インチ
有機ELディスプレイ
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
カメラ機能背面カメラ810万画素
インカメラ240万画素
バッテリー2,330mAh
連続通話時間約780分(VoLTE)
連続待受時間約580時間(4G LTE)
SIMサイズnano SIM
対応周波数(LTE)[docomo]
2GHz,1.8GHz,800MHz
[au]
2GHz,800MHz
防水・防塵防水 IP5/8
防塵 IP6X
おサイフケータイ
WiFiIEEE802.11 b/g/n
Bluetooth4.1

arrows M02/RM02の評価・評判と他の機種との比較

おさいふケータイ・防水防塵・3日の電池持ちなど、国内仕様でガンガン使い倒せます。回線もdocomoとau両方の格安SIMを利用でき、MVNOでの利用も可能です。

arrows M02/RM02の評価・評判

「5.0インチもあることから、小型スマホに比べると大きいですが、片手でコンパクトに扱えます。」
「標準搭載のATOKの予測変換は使いやすい。」
「通常使用する分には十分サクサク動く。」
「スピーカーは少し物足りないかな、と。ですが特段大きな不満はないです。」
「電池は結構持ってくれます。ブラウジングやフリマアプリの利用を2~3時間程、動画視聴1時間程の利用で2日は持ってくれます。」

arrows M02/RM02と他の機種との比較

arrows M02/RM02と、arrows M01の比較をしました。
標準搭載のOSにはAndroid 5.1 Lollipopを搭載しており、前作のARROWS M01が4.4でしたのでアップデートされています。
ARROWS M02のCPUは前モデルのARROWS M01と同じく、クアルコム製のSnapdragon410をCPUに採用しています。

機種名
arrows M02
ARROWS M01
メーカー富士通富士通
OSAndroid 5.1 LollipopAndroid 4.4
CPUQualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
Qualcomm Snapdragon410
(1.2GHzクアッドコア)
RAM2GB1GB
ROM16GB16GB
SDカードスロットmicroSDHC
最大32GBまで
microSDHC
最大32GBまで
ディスプレイ約5インチ
有機ELディスプレイ
ゴリラガラス3
(1280×720)HD
約4.5インチ
有機ELディスプレイ
(1280×720)HD
カメラ機能背面カメラ810万画素
インカメラ240万画素
800万画素
130万画素
バッテリー2,330mAh2500mAh
連続通話時間約780分(VoLTE)約670分
連続待受時間約580時間(4G LTE)約950時間(3G)
約700時間(LTE)
SIMサイズnano SIMmicro SIM
対応周波数(LTE)[docomo]
2GHz,1.8GHz,800MHz
[au]
2GHz,800MHz
docomoのみ
防水・防塵防水 IP5/8
防塵 IP6X
防水 IPX5/8
防塵 IP5X
おサイフケータイ-
WiFiIEEE802.11 b/g/nIEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.14.0

同時期に富士通とシャープが発売したSIMロックフリースマートフォン、arrows M02/RM02と、SH-M02の比較をしました。

機種名
arrows M02/RM02
AQUOS SH-M02/RM02
( エヴァコラボ:EVA20)
(gooスマホ:g04)
OSAndroid 5.1Android 5.0
CPUSnapdragon 410
クアッドコア1.2GHz
Snapdragon 400
クアッドコア1.2GHz
RAM/ROM2GB/16GB2GB/16GB
ディスプレイ5インチ HD
1280×720
5インチ HD
1280×720
カメラ背面:810万画素
イン:240万画素
背面:1310万画素
イン:210万画素
バッテリー2330mAh2450mAh
防水防塵防水 IP5/8
防塵 IP6X
防水 IPX5/7
防塵 なし
おサイフケータイ
VoLTE
本体サイズ横68.9mm
縦141mm
厚さ8.6mm
横71mm
縦134mm
厚さ9.9mm
SIMサイズNano SIMNano SIM