1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 無制限通信スマモバ&Wi-FiルーターFS020Wを試す
 

無制限通信スマモバ&Wi-FiルーターFS020Wを試す

スマモバ
WiFi

格安SIMで無制限通信を実現したい方は必見!無制限通信スマモバ&Wi-FiルーターFS020Wを試してみました。格安SIMのスマモバLTE使い放題プランは動画再生も問題なし。定額!無制限!使い放題!を実現した携帯キャリアにはないプランです。

今回スマモバ様よりWi-FiルーターFS020Wをお借りしたのでその性能、そしてスマモバLTE使い放題プランの使用感をレビューしたいと思います。無制限通信をお探しの方は必見ください。

name

スマモバLTE使い放題は高速無制限通信プラン

MVNOとして格安SIMも提供するスマモバのLTE使い放題プランは名前の通り高速通信無制限のプランです。まずはその性能を検証しました。

ドコモエリアLTE回線を使用

スマモバはドコモ回線を利用したモバイル回線を利用できます。

このスマモバのLTE回線は基本的にドコモと同じなので最大通信速度は150Mbpsです。

時間帯別速度測定

では、早速筆者の環境で通信速度を計測しました。計測は2015年12月5日土曜日です。

計測は基本的に午前9時から1時間ごとに午後9時まで行いました。

全体的には7Mbps〜1Mbpsの間でバラツキが多く感じます。しかし、Ping応答速度は50台から60台と悪くはないため、体感では遅いと感じにくくなっています。

IMG_0840

21時台の1Mbpsを下回るあたりは苦しい通信速度ですね。動画再生ではカクっとなることが増えるかもしれません。ただし、バラツキが多い分、すぐに速度を回復させていることもあります。

帯域制限テスト、動画再生

そして実際の利用テスト。ここが一番無制限通信プランを探している方には大事になってくるところです。

スマモバはホームページにも「動画再生やファイル交換(P2P)アプリケーション等により、一定期間において(日時や月間で)一定量以上の連続、大量の通信を利用したお客様については、帯域制御を実施する場合がございます。」とあります。この制限は帯域制限と呼ばれる制限ですが、実際制限はかかるのか?テストを実施しました。テストに使ったのはiPad Air 2です。

まず動画再生。Youtubeとテレビ番組が見れるTVerを長く利用した場合を検証しました。

Youtubeは吉本のお笑い動画をずっと連続再生しましたが、再生は順調に進みます。SD(スタンダード)画質(アナログ放送時代の動画)な為、通信速度も高速を必要とせずに問題なく見れました。またフルハイビジョンの動画も再生テストしましたが、時折カクっとなることはあるものの見れない事は無い状態です。

1時間程Youtubeを再生し問題がないためTVerに変更。まず、TVerで番組を選ぶと必ず流れるPRの動画部分(コマーシャル)では再生が全くできないくらいカクッカクッとなっていました。15秒程度の動画ですが、再生が終わるのに1分近く必要となってしまいます。

しかし、PR部分が終わり動画本編では全く止まることなくスムーズな再生で番組視聴ができました。午前10時頃から午後2時頃まで再生し約3GB程通信しましたが、速度制限に引っかかる事無く再生ができました。

帯域制限テスト、ファイル転送

今度はファイル転送をテストしました。

自前のFTPサーバーにまずは5G程の動画を転送してみました。約2時間程必要としましたがアップロードでは全く問題なく完了です。

次に、7GB程のファイル群をダウンロードテスト。ここで問題が発生です。5分程ダウンロードを続けるとFTPがエラーを発生。通信がタイムアウトすると警告が出てました。

そのため気を取り直して、もう一度ダウンロード。このときずっと通信速度を測り続けてましたが、FTPとの接続がタイムアウトする頃に通信速度が2Mbpsあたりから1Mbps以下に一気に落ちていくのが確認できました。

おそらく帯域制限と思われます。

その直ぐ後にもう一度速度を計測しましたが3Mbps程度を確認。YouTubeもTVerも問題なく再生されました。

これは推測でしかありませんが、大容量ファイルのダウンロードが一定のグローバルIPに対して確認された場合一旦、通信速度を制限まで下げられて通信を遮断してしまう方法がとられているのでは?思いました。

ですので、大容量ファイルのダウンロードが検知されると通信に制限がかかると思って良いと思います。大容量動画や大容量ファイルの受取は避けた方が良いでしょう。

しかし、YoutubeやTVer等の動画再生程度では制限にはならないようです。この日の通信は5GB程を一気に消費しましたがそれでもその他の通信に問題はありませんでした。そのため動画再生等の無制限通信が必要な方は契約しても問題無いと思います。ただし、通信速度にバラツキが多いことは理解しておく必要があります。

公式サイト
スマモバ

FS020Wをいじくる

今回お借りしたWi-FiルータはFS020Wです。さっそく、レビューしましょう。

mineoを使ったが通信はできなかった

このFS020Wは1枚の標準SIM対応のルーターです。そこでドコモ以外のSIMカードが認識できるのか?という点をテストしました。使ったSIMカードはau回線格安SIMでおなじみのmineo(マイネオ)です。

FS020wSIM

mineoのSIMカードを装着したところ、SIMカード自体は認識しています。そこにmineoのAPNを設定しましたが、アンテナは立たず。つまり使えません。ドコモの周波数に対応していないのか、SIMカードとの通信上でできないのかは不明です。

windows home server などが使えそう

次に各設定を覗いてみました。

設定等は説明書通りなので割愛しますが、説明書にはない設定がいくつかありました。

ポート等の設定が可能です。DHCP、IPフィルタリング、ポートマッピング、DMZ設定、UPnP、VPNの設定項目がありそれぞれ設定が可能です。

つまり自宅にサーバーを設置する方、ソーシャルワーキング等でファイルサーバーが利用可能になるようです。今はもう売られていませんがWindows Home Serverなどを利用することが可能と思えます。

FS020w1 FS020w2 FS020w3 FS020w4

無線プリンターもOK

さらに、無線プリンタの接続も試みました。古いタイプのプリンタですが、筆者のEpson EP-901AをFS020Wと接続し印刷ができることも確認しました。

電池持ち

電池の持ちですが、公式では2700mAhです。テスト等で利用した場合10時間程で電池が切れました。外出時であれば使用に耐えるレベルだと思います。

無制限通信スマモバ&Wi-FiルーターFS020Wを試すまとめ

無制限通信スマモバ&Wi-FiルーターFS020Wを検証しました。

無制限通信スマモバ&Wi-FiルーターFS020Wを試すまとめ

今回スマモバLTE使い放題とFS020Wをセットでテストしました。

筆者の環境であれば、動画再生程度では帯域制限に引っかかることなく文字通り使い放題が可能と判断しました。しかし、大容量ファイルの受信になると通信制限がすぐに発生するため止めておくべきでしょう。SIMカードを契約してスマホで使う分には問題なく使えると思います。たまに通信速度が非常に落ち込んだりする瞬間もありますが、大きな支障は無いと思います。

また、テスト機のFS020Wはしっかりとした性能を持っており、家庭用ルーター程度の機能は持っていました。この2つで家庭の光インターネットではなくこちらをメインとしたネット環境も場合によっては可能かもしれません。

今回のテストは3日間程度の短いテストだったため、帯域制限条件の一定期間に満たなかった可能性もありますが、おそらく問題はないように思いました。

公式サイト
スマモバ