1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. ソフトバンクがSIMフリー版の『Surface3』を発売!
 

ソフトバンクがSIMフリー版の『Surface3』を発売!

softbank_news2015
スマホ

ソフトバンクから国内初の『サーフェス3』LTE版が販売開始発表される。日本国外ではすでに販売開始しており、待望の日本国内販売となる。ソフトバンク版サーフェス3をSIMロック解除してiijなどの格安SIMでの利用や、価格、スペックに関する情報を掲載。

ソフトバンクから国内初のSIMフリー版『サーフェス3』LTE版の販売開始発表がありました。日本国外ではすでに販売開始しており、日本はまだかと首を長くしていた方もいらっしゃると思います。ソフトバンク版サーフェス3をSIMロック解除してiijなどの格安SIMでの利用、価格やスペックに関する情報を掲載しています。

name

サーフェス3

ソフトバンクは世界初のSurface3 LTEを6月から取り扱いする事を発表しました。

サーフェス3とは?

サーフェス3(Surface3)はwindowsやOfficeを手がけるマイクロソフト社のwindowsOS搭載タブレットです。

surface3

OSにwindows8.1を搭載し、タブレットでありながらwindowsPCと同様の使い方が可能です。持ち運びに最適なPCといったところでしょうか。推奨のタッチペンもあり手書きも自由にこなせます。windows8にインストール可能なソフトはサーフェス3にも自由にインストールが可能で、スペックパワーの許す限りビジネスにも生活にも多様に適応できるタブレットとして現在人気を集めています。

サーフェス3のスペック

以下はサーフェス3のスペックです。

surface3 LTEスペック

OS
Windows 8.1 Update (64ビット)
搭載OfficeOffice Home & Business Premium プラス Office 365 サービス (Word、PowerPoint、Excel、OneNote、およびOutlook)
サイズ約187 x 267 x 8.7 mm
重量約622g
CPUインテル Atom x7 プロセッサー(クアッドコア) (2MB cache, 1.6 GHz with Intel Burst technology up to 2.4 GHz)
RAM2GB (64GBモデル), 4GB(128GBモデル)
記憶域
(内蔵フラッシュ メモリ)
64 GB, 128 GB
ディスプレイ10.8インチ
解像度:1920 x 1280
外部端子USB 3.0 (フルサイズ)端子 Mini DisplayPort microSD メモリ カード スロット ヘッドセット ジャック カバー端子、マイクロ USB 充電端子 (USB 2.0 データ通信対応) Nano-SIM カード スロット
無線LAN802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 4.0
対応周波数帯(4G LTE) バンド 1 (2.1GHz) / 3 (1.7GHz) / 8 (900MHz) 対応 (3G) バンド 1 (2.1GHz) / 8 (900MHz) 対応 *Surface 3 (4G LTE) はソフトバンクモバイル(ワイモバイルを含む)のネットワークのみ相互運用テストを行い検証しております。
カメラリアカメラ:8.0 メガピクセル(1080p対応、オート フォーカス対応) フロントカメラ:3.5 メガピクセル(1080p対応)

サーフェス3の通信料金

サーフェス3のソフトバンクでの月額料金ですが、サーフェス3はYモバイルブランドからの発売になります。

Yモバイルで既にスマホの契約がある場合は通信を契約中のスマホと分け合う形になるためサーフェス3を契約することで発生する月額料金はありません。サーフェス3の本体代金のみの支払いで可能なのです。

もしもサーフェス3のみを契約する場合の月額料金は2年契約で月額3991円になります。(月間7GB契約の場合)

サーフェス3の価格

そして気になるのはサーフェス3の本体価格です。サーフェス3のラインナップには64GBモデルと128GBモデルの2タイプがあります。64GBモデルは81800円。128GBモデルは91800円となっています。

Surface3 本体価格

タイプ64GB128GB
本体価格81800円91800円

発売日

サーフェス3はソフトバンクのYモバイルから発売です。販売開始は6/19日、先行予約は5/20日から開始です。

購入の際に予約特典、購入特典があり、予約特典としてサーフェス3専用サーフェスペンプレゼントと購入特典として月額基本料金3ヶ月無料があります。購入特典は6/19日〜7/31日までです。

通常であればソフトバンクの契約をしないとサーフェス3は手に入りませんが、一括購入をすればサーフェス3を契約なしで手に入れる事が可能です。

格安SIMで使える?

ソフトバンクから販売されるサーフェス3、実は販売当初からSIMフリー端末になるそうです。ですのでソフトバンクを解約後にIIJ等の格安SIMを使って1000円前後で使う事も可能になります。

しかし一つ問題点があるようです。
このサーフェス3はソフトバンクネットワーク専用に作られておりドコモ系ネットワークやとは相性が良くないのです。

スペックには
4G LTE
バンド1 (2.1GHz)
バンド3 (1.7GHz)
バンド8 (900MHz) 対応
3G
バンド1 (2.1GHz)
バンド8 (900MHz) 対応
*Surface 3 (4G LTE) はソフトバンクモバイル(ワイモバイルを含む)のネットワークのみ相互運用テストを行い検証しております。

とあります。

ドコモ系ネットワークの場合、この中でつかえるのは
LTE
バンド1(2.1GHz)
バンド3 (1.7GHz)
3G
バンド1 (2.1GHz)
のみが使えます。

ドコモのプラチナバンド800MHzタイプの周波数が使えないのです。800MHz帯がないと建物の中や物陰でも電波が届かなくなる可能性がありますので注意が必要です。

ドコモ系周波数帯、ソフトバンク周波数帯については SIMフリースマホを購入?ちょっと待った!通信規格はあってるかチェックしようを参照

まだ国内ではソフトバンク版のサーフェス3しか取り扱いがありませんが、格安SIMでサーフェス3を使いたいと狙う人はソフトバンク版ではなく国内ノンキャリア版を待った方がいいかもしれません。もしくはIIJ等の格安SIM+モバイルルーターを使う方法を選んだ方が通信は良好なまま通信料を安くできます。

週アスでは展示機のサーフェス3にIIJの格安SIMを装着してテストした強者もいました。電波は拾ったようです。 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/337/337553/

SIMロック解除義務化手数料

ソフトバンクでは総務省が定めるSIMロック解除義務化対応も進められていました。

SIMロック解除までの180日制限

SIMロック解除義務化の条件としまして、5月発売以降の端末が対象になり、購入から180日以降にSIMロック解除が可能になります。またソフトバンクを解約した場合は解約後90日以内でなければSIMロック解除はできません。

SIMロック解除に必要な手数料

SIMロック解除手数料はインターネットのMy SoftBankから行う場合は無料です。手続きを店頭で申し込む場合は3000円の手数料が発生します。

ソフトバンクも他社と同じ180日制限を設けてきました。iPhoneシリーズに対しての言及はありませんでしたが、iPhoneシリーズのSIMロック解除にも期待したいですね。

ソフトバンク『サーフェス3』発売まとめ

ソフトバンクの『サーフェス3』の価格や注意点をまとめてみました。

ソフトバンク SIMフリー版『サーフェス3』まとめ

ソフトバンクから日本初SIMフリー版であるSurface3 LTEの取り扱いが発表されました。元からSIMフリー版として発売されますのでIIJ等の格安SIMでも通信が可能です。対応周波数が少し残念ですが、国内ノンキャリア版サーフェス3発売発表が待ちきれない方は購入してもいいでしょう。格安SIM運用を目的とする方はもう少し待った方が良さそうです。 SIMロック義務対応も始まり180日後にはSIMロック解除が可能になります。180日経ったらすぐにSIMロック解除しましょう。

下記の診断を利用してあなたに最適な格安SIMを探すことをお勧めします。