1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 待望の格安SIM!SoftBank(ソフトバンク)もMVNO参入か?
 

待望の格安SIM!SoftBank(ソフトバンク)もMVNO参入か?

happy students giving high five at school
SIM

ドコモ系・au系と呼ばれる格安SIMはありましたが、ソフトバンクのMVNOはいままで存在していませんでした。ところが、最近の動向を見ると、SoftBankのMVNOが現れる日もそう遠くない様子!ソフトバンクも参入するとなると、格安SIM業界にはどんな影響があるのでしょうか?

大手キャリアから通信網を借りて格安通信を提供してくれるMVNO。ドコモ・auの通信回路を通した格安SIMはありましたが、ソフトバンクのMVNOはいままで存在していませんでした。ところが、最近のsoftbankの動向を見ると、SoftBank(ソフトバンク)のMVNOが現れる日もそう遠くない様子です!

name

ソフトバンクも参入するとなると、格安SIM業界にはどんな影響があるのでしょうか?見ていきましょう。

SoftBank(ソフトバンク)のMVNOが待望されている理由

まず、SoftBank(ソフトバンク)系のMVNOがどうして注目されているのか、押さえておきましょう。それを知るには、格安SIM業界の現状をチェックする必要があります。

ドコモ系、au系ってなに?

まず、ドコモ系・au系MVNOとは何でしょうか?MVNOとは「仮想移動体通信事業者」。つまり、大手キャリアのドコモやauから通信網を借りて、格安でモバイル通信を提供しているんです。ドコモから通信網を借りている事業者はドコモ系、auから借りている事業者はau系と呼ばれます。

ドコモとauの格安SIMしか存在していない

現在のMVNOの通信網は、ほとんどがドコモ系。au系はmineo(マイネオ)UQ mobile(UQモバイル) しかありません。

au系は
mineo
ag
UQモバイル

ドコモ系で有名なのは、一番人気のSIMと言ってもいいIIJmio(みおふぉん)や、ドコモ純正のOCN モバイル ONEでしょう。どれも通信品質の高い行き届いたサービスを提供しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

画像タイトル 出典:みおふぉん公式サイト

IIJmioのプランを詳しくチェックする

OCNモバイルONEのプランを詳しくチェックする

中古のスマホが使える

ドコモ系、au系という系統が物を言うポイントの大部分は、中古のスマホを使いたいという場面です。SIMフリーのスマホでなければ使えないと思われている方も多いのですが、実はドコモで買ったスマホをドコモ系のMVNOで使うのであれば、SIMロックがかかっていてもそのまま利用できます。au系も同じです。 au系のスマホの利用についてはこちらの記事をご覧ください。

それぞれ相性などがあり、一概に必ず使えるとは言えませんが、中古のスマホを持っている人にとってはかなり重要な情報ですね。

ここでSoftBank(ソフトバンク)のMVNOが現れれば、三大キャリア全部が揃い、SIM業界が盛り上がること間違いなしというわけです。ソフトバンクの古いスマホを持っている人にとっても朗報になるでしょう。

SoftBank(ソフトバンク)系と言われるY!Mobileについて

ソフトバンク系として取り上げられるY!mobile(ワイモバイル)ですが、こちらはMVNOではありません。キャリアから通信網を借りるのではなく、三キャリアと同じように自社で通信回線を持っているからです。

Y!mobileはソフトバンクモバイルに吸収されたので、ある意味ではソフトバンク系と言えるかもしれません。しかしソフトバンクのロックがかかったスマホをそのまま使うことはできません。

Y!mobileには無料通話分などの独自のお得なサービスが提供されているので、要チェックです。

Y!mobileのプランについて詳しく知る

SoftBank(ソフトバンク)がMVNO推進の子会社を設立

ソフトバンクのMVNO参入なるか?気になるSoftBank(ソフトバンク)の最近のニュースをお伝えします。

ソフトバンクの子会社「SBパートナーズ」

6月30日に発表されたソフトバンクの新たな試みは、MVNOにかかわるものでした。MVNOを推進する「SBパートナーズ」という子会社が設立され、ますます移動通信サービスに力を入れていく様子です。

6月30日付のプレスリリースはこのような内容です。

移動通信サービスの拡大と同時に、IoT(インターネット・オブ・シングス)に関係する多くのビジネスも生まれつつあり、今後、移動通信サービスのニーズはさらに多種多様に変化していくことが予想されます。
SBパートナーズは、こうしたニーズに対応するため、通信事業者としてのノウハウやインフラの提供を通じて、パートナー企業とともに付加価値の高いサービスを開発し、MVNO事業の拡大を目指していきます。
出典:SoftBank公式HP

推進の行く末は?

SBパートナーズは推進事業であり、格安SIMを自社で手掛けるまでには至っていません。

SIM業界参入ではありませんが、SIM業界に力を入れ始めたのは事実なので、近いうちにその日がやってくるかもしれないという期待が高まりますね!

SoftBank(ソフトバンク)系のMVNOと格安SIMが出てくる可能性について

ソフトバンク系のMVNOの登場の兆しは、他にもあります。さらに見ていきましょう。

接続料の値下げも後押し

ドコモ、au、SoftBank(ソフトバンク)の接続料は公開されています。接続料が一番安いのはドコモで、頭ひとつ分高い接続料だったのがSoftBank(ソフトバンク)でした。接続料が高いと事業者の負担が大きくなるので、SIM業界ではドコモの回線ばかりなのももっともなこと。

しかし、4月30日に公開された接続料は、今までの料金から60%以上値引きされた額の135万円でした。ドコモの94万円に比べると割高ではありますが、以前までありえなかったソフトバンク系のSIMも出現可能性がかなり高くなったと言えます。

仮想移動体通信事業者のしくみについて

前述で触れたように、キャリアから回線を借りて通信を配信している事業ですので、各業者はキャリアへ接続料を払っています。その接続料が安いドコモ系の事業者が多いので、格安SIMの多くはドコモの回線を使うことになります。

今年中に登場なるか?

接続料が値下がりしたことで、ソフトバンク系MVNOも参入する可能性は高くなりましたが、事業者が通信接続を契約するに至るまでには時間が必要。早くても2015年の冬ごろに、今年中に登場してくれるかどうか気になりますね。

SoftBank(ソフトバンク)のMVNO進出のまとめ

ドコモ・auだけでなくSoftBank(ソフトバンク)のMVNOも出てくる可能性が高まっている点について、まとめてふりかえりましょう。

ソフトバンクはMVNO事業を推進

2015年4月
事業者の接続料を大幅値下げ
2015年6月
事業推進のため100%子会社のSBパートナーズ設立
今年も新たなSIM業者が登場するのでしょうか?期待が高まりますね。ソフトバンクの格安SIMが出るまで、キャンペーン中のSIMプランをトライしてみるのもおすすめです。各社のキャンペーン情報、プラン情報をぜひチェックしてみてください。

ドコモ系OCNモバイルONEのプランをチェックする
ドコモ系ぷららの初月額無料キャンペーンをチェックする
au系のmineoの解約金なしで気軽にお試しできるプランをチェックする

どのSIMがいいか迷っている方は、自分に合うプランを選んでくれるプラン診断もおすすめです。無料で診断できるのでぜひお試しください。