1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホの電波はどうなってる?大手会社とどれくらい違うのか
 

格安スマホの電波はどうなってる?大手会社とどれくらい違うのか

pixta_17119996_M
格安スマホ

大手通信会社で現在スマホを運用していて、格安スマホに乗り換えたいと考えている時に、一番気になるのが電波がどうなっているのかどうかだと思います。今回はそんな格安スマホの電波がどうなっているのか、どれくらいの速度なのかなどをご紹介していきます。

今現在大手通信会社のスマホを使っている方で、月額料金などに不満があり格安スマホに変更したいと思った時に、気になってしまうのが電波はどれくらい安定しているのかどうかだと思います。今回は格安スマホの電波がどうなっているのか、気になっている方のために、どれくらい違うのか、繋がりやすさはどうなっているのかなどをご紹介していきます。

格安スマホの電波の繋がりやすさは大手通信会社と同じ

格安スマホをセット販売などで提供している会社は、自分の会社で回線を用意しているわけではありません。用意されている回線は、docomoやauなどの回線を借りているのです。

docomoの回線を借りている会社であれば、docomoのネットワークで繋がるということなので、繋がりやすさはdocomoと同じです。なので、格安スマホだから電波が悪いということはありません。

格安スマホを使っていても、電波の繋がる具合は大手通信会社と同じなので、もし繋がりにくい場所があれば、それは大手通信会社であっても繋がりにくくなっています。

格安スマホでも音声通話の品質は変わらない

格安スマホの音声通話も、大手通信会社と同じ品質となっています。これは大手通信会社で使われているものを、格安スマホ会社でもそのまま使っているからです。

全ての格安スマホ会社が超高速通話サービスに対応していて、このサービスに対応している端末であれば、高品質な音声通話が出来ます。

ただし大手通信会社と比べると、超高速通話サービスに対応している端末を提供している格安スマホ会社が少なくなっています。

超高速通話サービスに対応している端末:arrows M02

出典:arrows M02/RM02

現在販売されている格安スマホで超高速通話サービスに対応しているものはarrows M02となっています。これからも増えてくるでしょうが、今のところの選択肢は少なくなっています。

arrows M02のスペックは以下になります。

プラットフォーム
Android™ 5.1
ディスプレイ
約5.0インチ 有機ELディスプレイ
解像度
1280×720ドット (HD)
メインメモリ
2GB
ストレージ
16GB
カメラ
アウトカメラ 約810万画素
インカメラ
約240万画素
インタフェース
microUSB nanoSIMカードスロット microSD/microSDHC メモリーカードスロット イヤホンマイクジャック
バッテリー 容量
2330mAh

電波は同じでも通信速度は格安スマホ会社によって変わる

pixta_14129000_M

電波の繋がりやすさ、音声通話の品質は大手通信会社と同じですが、通信速度は違います。繋がりやすさは大手通信会社と一緒でも、速度は遅くなることが多いです。また格安スマホ会社によっても速度は異なってきます。

格安スマホの通信速度がなぜ遅いのか

格安スマホ会社は前述のとおり、大手通信会社に回線を借りています。大手通信会社の一部を借りていて、それを提供しているので時間帯によって遅くなってしまうことがあるのです。

格安スマホ会社が遅くなる時間帯

格安スマホを運用していて遅いと感じる時間帯の多くは、お昼ごろとなっています。お昼以外では朝の8時前後、夕方18時前後も遅くなることがあります。

通信速度は人が多いと遅くなることが多い

人口が多い地域や、その格安スマホ会社の利用者が多いほど、通信速度が遅くなっていくことが多いです。さらに時間帯で多くの人の利用時間が被ることで、速度が遅くなると感じることがあります。

反対に、人口が多くない地域で、格安スマホ会社の利用者が少ないほど、通信速度は速くなっています。

利用者が少ない格安スマホ会社ほど、通信速度は速くなっている傾向がありますが、利用者が少ない会社を選ぶことが正解だという訳でもありません。

その理由は最初は利用者が少なくて通信速度が速くても、利用者が増えてしまえば遅くなってしまうからです。そして利用者が少ない会社の場合、急に利用者が増えたからといって、設備投資が出来ないため改善されるのに時間がかかってしまいます。

どこを選ぶか決める時に見ると良いポイントとしては、設備投資をしているかどうかです。設備投資をしていて、通信設備が改善されていっていると発表している会社であれば、利用者が増えていっても、また設備を整えてくれるから安心です。

回線速度はストレスが溜まるほど遅いということはない

時間帯や利用者の数によって遅いと感じることもありますが、普通の使い方をするだけの場合はストレスを感じることはないでしょう。

サイトの閲覧などのネットサーフィンだけでストレスを感じることはほとんどありません。昼頃の時間帯に遅いと思ってしまうことはあるかもしれませんが、使い物にならないなんてほどではありません。

また動画の再生に関しても、普通の画質で再生する場合は格安スマホでも止まったりせずに見られます。ただし、長時間動画を再生するという方や、ゲームアプリなどを使いたいという場合には、ストレスを感じてしまうことがあるかもしれません。

格安スマホの電波についてまとめ

格安スマホの電波については、電波などの繋がりやすさ、通話の品質は大手通信会社と全く同じになっています。格安スマホだから圏外になりやすい、通話にノイズが混ざってしまうなんてことはありません。

ですが通信速度に関しては、大手通信会社よりも劣っています。大手通信会社と比べて、通信速度は劣ってはいますが、ネットサーフィンやLINEなどの利用がしづらくなるなんてことはありません。

また、格安スマホ会社によっても速度に違いは出ています。地域によって速度は異なってしまうので、一概にここが良いとは言えません。なので周りで格安スマホ会社の利用者がいる場合は、速度がどうなっているのかなどを聞いてみると良いでしょう。

通話をメインで使いたい、子供に安心して持たせたい、などの場合は電波はしっかりとしているので安心して使えますが、メイン機種として使うような場合では、設備投資をしているかを確認して選ぶようにしましょう。

どこの格安スマホ会社に決めるか、決めかねている場合は、格安SIM診断を試すと自分にあった会社とプランを診断してくれるので、使ってみることをおすすめします。