1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安スマホのハイエンド機をご紹介!ZenFone、Xperiaなど便利な機能を搭載
 

格安スマホのハイエンド機をご紹介!ZenFone、Xperiaなど便利な機能を搭載

スマホ
格安スマホ

以前は格安スマホと言えば、値段が安い分スペックがイマイチ、そんなことが多かったのですが、今は格安スマホでもハイエンド機は充分あります。今回はそんな格安スマホのハイエンド機をご紹介したり、おすすめのポイントやスペックなどもまとめていくので、ぜひご覧ください。

少しでも月額料金を安くしたいと考えている時に、思い浮かぶものが格安スマホではないでしょうか。格安スマホはスペックがイマイチそうで少し嫌だ、なんて思ってしまうかもしれません。ですが現在は格安スマホでもハイエンド機は複数存在しています。今回は格安スマホのハイエンド機や、ハイエンド機のおすすめのポイント、スペック等をご紹介していきます。

格安スマホでおすすめのハイエンド機、ZenFone 2

p5_example 出典:ASUS

ハイエンド機で一番おすすめの格安スマホがZenFone 2です。非常に性能が高く、スペックが良い格安スマホを探しているという場合はZenFone 2を選んでおくのが間違いありません。

格安スマホのハイエンド機、ZenFone 2のスペック

プラットフォーム
Android™ 5.0
プロセッサー/動作周波数
インテル® Atom™ プロセッサー Z3580/Z3560(クアッドコアCPU)
画面サイズ
5.5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶(LEDバックライト)
メインメモリ
4GB(Z3580)・2GB(Z3560)
記録装置
16GB、32GB、64GB
カメラインカメラ
500万画素Webカメラ内蔵
アウトカメラ
1,300万画素Webカメラ内蔵
バッテリー容量
3,000mAh
サイズ
幅152.5mm×奥行き77.2mm×厚み3.9mm~10.9mm

格安スマホのハイエンド機、ZenFone 2のおすすめポイント

ハイスペックでサクサク動作

ZenFone 2はクアッドコアを搭載しているだけでなく、メモリも大容量になっています。この2つが兼ね備わっているので、動画の再生、ネットサーフィン、アプリなどがサクサク動作します。

大容量のバッテリーを搭載

搭載しているバッテリーは3000mAhと大容量になっています。大容量バッテリーのおかげで、長持ちするようになっています。またバッテリーを充電する時間を短くする急速充電機能も搭載しており、40分程度でバッテリーの60%を充電できます。

持ちやすいデザイン

画面の占有率は70%を超えており、5,5インチの大画面を搭載しているとは思えない持ちやすさになっています。持ちやすい理由は手にフィットするように作られた丸みが理由です。人間工学に基づいたデザインで、ストレスを溜めることなく使えます。

高性能なカメラを搭載

ノイズを減らし明るさを400%、コントラストを200%上げ、暗い場所でも明るく撮影できるようになっています。また、搭載されているフラッシュは2色のLEDフラッシュで、周りの明るさを測り発光を調整してくれるので、フラッシュを使う場合でも、自然な撮影が可能になっています。

ZenFone 2のセット販売をしている会社

U-mobileIIJmio楽天モバイルDMM mobileNifMoBIGLOBEOCN モバイル ONE

格安スマホでおすすめのハイエンド機、ZenFone 2 Laser

p5_example (1) 出典:ASUS

先ほどご紹介したZenFone 2の廉価版がZenFone 2 Laserです。廉価版なので、スペックなどはZenFone 2よりも劣りますが、その分値段も安くなっていますし、充分なスペックは持っています。

ZenFone 2 Laserのスペック

プラットフォーム
Android™ 5.0.2
プロセッサー/動作周波数
Qualcomm® Snapdragon™ 410/1.2GHz
画面サイズ
5型ワイド TFTカラータッチスクリーン IPS液晶 (LEDバックライト)/1,280×720ドット (HD)
メインメモリ
2GB
記録装置
8GB、16GB
カメラインカメラ
500万画素Webカメラ内蔵
アウトカメラ
1,300万画素Webカメラ内蔵
バッテリー容量
8GBモデル:2,070mAh、16GBモデル:2,400mAh
サイズ
幅143.7mm×奥行き71.5mm×厚み3.5mm~10.5mm

ZenFone 2 Laserのおすすめポイント

複数のUIを搭載し使い勝手に優れる

ZenFone 2 Laserに搭載されているユーザーインターフェイスは「簡単モード」「キッズモード」「ZenMotion」「片手モード」の4つです。4つ搭載していることで、使う人が一番使いやすいUIを設定出来るので非常に便利です。

デュアルSIMスロットを搭載

ZenFone 2 LaserはデュアルSIMスロットを搭載しています。これによって仕事とプライベートをしっかりと分けることが可能になります。

ZenFone 2 Laserのセット販売をしている会社

U-mobileIIJmio楽天モバイルDMM mobileNifMoBIGLOBEOCN モバイル ONE

Xperia J1 Compact

xperiaj1c0322 出典:SONY

大手通信会社でも取り扱っているXperiaのSIMフリー機種がこちらになります。安心のSONYブランドなので、聞いたことのないメーカーのものは不安だという方などにおすすめです。

格安スマホでおすすめのハイエンド機、Xperia J1 Compactのスペック

プラットフォーム
Android™ 4.4
プロセッサー/動作周波数
2.2GHzクアッドコア
画面サイズ
約4.3インチ(1280×720)トリルミナスディスプレイ for mobile
解像度
1280×720ドット(HD)
メインメモリ
2GB
記録装置
16GB
フロントカメラ
有効画素数約220万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサー Exmor R for mobile
メインカメラ
有効画素数約2070万画素 裏面照射積層型CMOSイメージセンサー Exmor RS for mobile
バッテリー容量
2300mAh
サイズ
幅128mm×奥行き65mm×厚み9.7mm

Xperia J1 Compactのおすすめポイント

片手で操作しやすい

ボディは薄いだけでなく、軽くもなっていて非常に持ちやすい作りになっています。背面は手にフィットする作りになっていて、親指だけで簡単に画面の端までと届く設計になっています。

便利な機能が多数搭載

Xperia J1 Compactはおサイフケータイに対応しています。なので楽天EdyやモバイルSuicaなどを利用出来ます。また防水、防塵機能も搭載しているので、水回りでも安心してスマホを利用できます。

Xperia J1 Compactのセット販売をしている会社

So-net楽天モバイルイオン

格安スマホのハイエンド機まとめ

格安スマホでハイエンドなものをご紹介しました。それぞれ値段やスペックは違うので、自分に合った機能が付いているものやスペックのものを選ぶようにしましょう。

またどこの格安SIMで運用するか決めかねている場合は、格安SIM診断を試してみると、自分に合ったプランが分かるのでおすすめです。