1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 電話番号を変更せずにスマモバに乗り換える方法を紹介!
 

電話番号を変更せずにスマモバに乗り換える方法を紹介!

sumamoba
SIM

月々の利用料金の安い格安SIMに乗り換えようと考えた時、気になることの一つに、電話番号はそのまま引き継げるか、ということがあるかと思います。この記事では、今話題の格安SIMスマモバに、電話番号を変更せず乗り換える手順を紹介します。

月々の利用料金の安い格安SIMに乗り換えようと考えた時、気になることの一つに、電話番号はそのまま引き継げるか、ということがあるかと思います。この記事では、今話題の格安SIMスマモバに、電話番号を変更せず乗り換える方法を紹介します。

電話番号をそのまま引き継げるMNPについて

まず、スマモバに乗り換える方法を紹介する前に、電話番号を変更せずに契約する通信会社を変更できるMNPについて紹介します。

MNPってどんな制度?

今までずっと同じキャリアで携帯電話やスマートフォンを使ってきた人や、初めて格安SIMに変更しようとしている人の中には、MNPという制度自体を聞いたことがない人もいるかもしれません。なので、まずはMNPという制度について、簡単に紹介してみます。

MNPとは、モバイルナンバーポータビリティーの略語で、一言でいえば、自分の携帯電話の電話番号を変えずに、他の携帯電話会社と契約し直せる制度ということになります。

スマモバはMNPを使えるの?

さて、それでは、スマモバでは、MNPの制度を利用できるのでしょうか。答えは、Yesです。

スマモバに限らず、多くの格安SIMを取り扱うMVNOと呼ばれる会社で、MNPの制度が利用可能になっています。格安SIMに変えて、月々の利用料金を安くしたいけれど、電話番号が変わらないか心配、という人は、安心してスマモバに乗り換えることを検討できますね。

公式サイト:スマモバ

スマモバに乗り換える際、MNP制度はどうやって使う?

出典:cajon 通信会社を変更しても、それまでの電話番号を使えるMNPという制度があるのはわかってもらえたかと思います。それでは次に、実際にMNPの制度を利用するには、どのような手順を踏めばいいのかについて紹介します。

まずはMNP予約番号を取得しよう

MNP制度を利用するには、まず現在契約中のキャリアでMNP予約番号なるものを取得する必要があります。これは、現在の契約会社に対して、「私はMNP制度を使って、あなた方とは違う会社と契約する準備を進めますよ」ということを宣言するもの。ただし、だからといって遠慮は要りません。MNP制度は誰もが使えるフェアな制度です。予約番号を取得する際は、せいぜい「本当にうちを解約して大丈夫ですか」という確認があるくらいでしょう。

MNP予約番号の取得は、専用のコールセンター、もしくは大手キャリアであれば、ショップの店頭で発行してもらえます、利便性を考えると、電話で発行してもらうのが簡単でしょう。なお、取得できるMNP予約番号は、10桁の番号となっており、これを乗り換え時に新しく契約する会社に伝える必要があるので、しっかりと控えておきましょう。

MNP予約番号の期限は15日間

一度MNP予約番号を取得してしまえば、その後はいつでも会社を乗り換えることができる、というわけではありません。MNP予約番号の有効期限は、発効日を含めて15日間。この期限がきれないうちに、新しい会社との契約を完了させる必要があります。

なお、乗り換えを考えて、一度MNP予約番号を取得したものの、その期限が切れてしまったという場合は、再度、MNP予約番号を取得する必要があります。回数の制限は特にないようですが、一回の番号発行につき、2000円から3000円ほどの発行手数料が必要になりますので、会社を乗り換える手続きを行う日をしっかり決めて、そこから逆算してMNP予約番号を取得するようにしましょう。

「MNP予約番号取得=解約」ではない

MNP予約番号を取得したからといって、その瞬間で今契約している通信会社と解約になる、ということではありません。あくまでも、乗り換える意思があることを提示するにとどまります。なので、MNP予約番号を取得しても、契約している会社と解約するまでは、持っているスマートフォンは問題なく使うことができます。

公式サイト:スマモバ

スマモバに乗り換える際の注意点

【スマモバ】格安SIM 格安スマホ 高速通信 - smamoba.jp

それでは、MNP制度を用いて、電話番号を変更せずにスマモバに乗り換える際の注意点についてみていきましょう。

MNP予約番号の有効期限には余裕を持とう

上で、MNP予約番号には15日間の有効期限があることを説明しましたが、スマモバに乗り換える際は、その有効期限15日のギリギリで契約するのではなく、ある程度余裕を持って契約に臨む必要があります。

公式サイトでは、MNP予約番号の有効期限が7日以上残っている状態で契約することをオススメしています。というのも、スマモバに契約変更する際、店舗での契約なら即日から3営業日中、ウェブでの申し込みなら4営業日から6営業日中に契約が完了するからだそうです。

電話番号は選べない

基本的には、電話番号を変えずに新しい会社と契約するのが便利ですが、中には、新しい会社と契約するのを機会に、新しい携帯電話の番号を手に入れたいと思う人もいるかもしれません。

大手キャリアの場合、ショップで契約するときに、自分の好きな電話番号を幾つかの候補の中から選ぶということができる場合がありますが、スマモバではそれはできません。

そのことを考えると、乗り換えの場合は、MNP制度を利用して、電話番号を引き継ぐのがおすすMです。

公式サイト:スマモバ

他にもまだある、乗り換え時の注意点

電話番号を引き継いで、スマモバに乗り換える際の注意点を上で説明しましたが、他にもいくつか注意すべきことがあります。最後に、それらの注意点を紹介します。

乗り換え時期を見極めよう

大手キャリアからスマモバに乗り換える際、そのタイミングは非常に重要です。

まず、大手キャリアには通常、2年縛りと呼ばれる契約期間が存在し、契約から2年以内に解約してしまうと、違約金として1万円近く支払う必要があります。この金額については、格安SIMに乗り換えた場合、何ヶ月の利用の差額分で元が取れるのか、しっかり計算した上で、本当に今が乗り換えに適したタイミングかどうかを考えましょう。

もう一つは、スマモバでキャンペーンの行われているタイミングというのも重要になります。お得なキャンペーンが展開されていれば、そのキャンペーンが終わらないうちに乗り換えるのがいいでしょう。

使っている携帯がスマモバに対応しているか事前にチェックしよう

MNP予約番号もゲットして、さぁ、いよいよスマモバに乗り換え。手元にスマモバのSIMカードが届いて、さぁ、これからスマモバで利用していこう。そんなときに、自分の持っているスマートフォンがスマモバのSIMでは利用できない機種だということが初めて分かったのでは、もう後の祭りです。

そうなってしまわないように、あらかじめ、自分のつかっているスマートフォンがスマモバのSIMで利用可能かどうか調べておきましょう。スマモバのホームページの動作確認端末という項目から、利用可能なスマートフォン端末を調べることができます。

公式サイト:スマモバ

電話番号を変えずにスマモバに乗り換える方法まとめ

以上、電話番号を変えずに、スマモバに乗り換える方法を紹介しました。

基本的には、他のキャリアへ乗り換えるときと同様、事前にMNP予約番号を取得し、それを契約時に店舗またはWEBで伝えるという流れです。

スマモバに乗り換えることが決定している場合は、自分のスマートフォンがスマモバのSIMで利用可能か、あらかじめ調べておく必要もあります。月々の利用料金が安く、しかも速度制限を気にせずデータ量を使い放題できるスマモバへの乗り換えを検討してみてください。

公式サイト:スマモバ