1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMロック解除のガイドラインってどうなってるの?今の端末はロック解除出来る?
 

SIMロック解除のガイドラインってどうなってるの?今の端末はロック解除出来る?

pixta_1102797_M
SIMロック解除

現在大手通信会社のスマホを使っていて、その端末のまま格安SIMに乗り換えたいという場合はSIMロック解除しないといけません。今回はSIMロック解除のガイドラインや、どうやったらSIMロックを解除出来るのかなどをご紹介していきます。

現在SIMロックされているスマホを利用していて、その端末を使って格安SIMを利用したいという時にはSIMロックを解除する必要があります。今回はSIMロック解除のガイドラインと、SIMロックを解除する方法などをご紹介していくので、SIMロックのことで悩んでいる方はぜひご覧ください。

そもそもSIMロックとは?

SIMロックとは、他の携帯会社のSIMカードが使えないように端末にロックをかけていることを言います。他の携帯会社のSIMカードが使えないだけなので、同じ会社のSIMカードであれば使えます。

ただし、キャリア内ロックがかかっていることもあり、キャリア内ロックがかかっている場合は、同じ会社でも使えなくなっています。

SIMロック解除のガイドラインを分かりやすくご紹介!

SIMロック解除のガイドラインは総務省が公表しているもので、2015年の5月以降に売られた端末は、全てSIMロック解除に応じなければいけないというものになります。

ここからは各大手通信会社毎に必要なSIMロック解除の手続きをご紹介していきます。

docomo

  • SIMロック解除に対応した端末:2015年5月以降に発売された端末(一部の端末は対象外)こちらで確認が可能です。
  • SIMロック解除に対応してもらえる日:購入してから6ヶ月後
  • SIMロック解除の手数料インターネットでの申し込み無料
  • SIMロック解除の手数料電話での申し込み3,000円
  • SIMロック解除の手数料ショップでの申し込み3,000円
  • 既に解約している場合:解約日から3ヶ月以内

au

  • SIMロック解除に対応した端末:2015年5月以降に発売された端末:こちらで確認が可能です。
  • SIMロック解除に対応してもらえる日:購入してから180日以上経過(購入日翌日が1日目)
  • SIMロック解除の手数料インターネットでの申し込み:無料
  • SIMロック解除の手数料ショップでの申し込み:3,000円
  • 既に解約している場合:解約後の期限はなし

SoftBank

  • SIMロック解除に対応した端末2015年5月以降に発売された端末:こちらで確認が可能です。
  • SIMロック解除に対応してもらえる日:購入してから181日以上経過
  • SIMロック解除の手数料インターネットでの申し込み:無料
  • SIMロック解除の手数料ショップでの申し込み:3,000円
  • 既に解約している場合:解約日から90日以内

SIMロック解除後に気を付けないといけないこと

上記の各大手通信会社毎の対応を確認し、SIMロックを解除した後にも気を付けないといけないことがあります。

基本的にはSIMロックを解除した端末はどこのSIMカードも使えますが、先にSIMロックを解除した端末が、どの周波数帯に対応しているか確認しないといけません。

各大手通信会社毎の提供周波数

docomoの場合はこちらです。

Band
周波数
docomo
Band12100MHzW-CDMA
LTE
Band31800MHzLTE
Band6800MHzW-CDMA
Band19
(Band6を含む)
800MHzW-CDMA
LTE
Band211500MHzLTE
Band28
2015/3現在未稼働
700MHzLTE

auの場合はこちらです。

Band
周波数
au
UQWiMAX
Band12100MHzCDMA2000
LTE
Band111500MHzLTE
Band18800MHzCDMA2000
LTE
Band26
(Band18を含む)
800MHzLTE
Band28
2015/3現在未稼働
700MHzLTE
Band41800MHzTD-LTE

SoftBankの場合はこちらです。

Band
周波数
softbank
Y!mobile
WCP
Band12100MHzW-CDMA
LTE
Band31800MHzLTE
Band8900MHzW-CDMA
LTE
Band91700MHzW-CDMA
Band111500MHzW-CDMA
Band41800MHzTD-LTE

ご覧頂ければ分かるかと思いますが、対応している周波数には違いがあるため、予め自分が現在使っている端末はどの周波数帯に対応しているのかと、これから使いたいMVNOの周波数帯を確認しておく必要があります。

一つも一致していないということはほとんどありませんが、出来るだけ多くの周波数帯に対応している方が、電波を掴みやすいです。

周波数帯が異なることで起こる問題

周波数帯が異なっていても、一つは一致しているので、都会などで繋がらないということは滅多にありません。

しかし回線が混みあう時間帯になると繋がりくくなってしまうことがあります。基本的に混雑してしまう時は、複数の周波数帯を利用するのですが、対応している周波数帯が少ない場合は、複数の周波数帯を利用できないので速度が遅くなることが考えられます。

またもともと電波が繋がりにくい山などで使う場合は、全く電波を掴めないということも起こります。

通信方式の違い

大手通信会社毎に通信方式も異なっており、docomoとSoftBankは「W-CDMA」という通信方式で、auは「CDMA2000」という通信方式になっています。

この2つの通信方式には互換性がないため、SIMロックを解除しても、docomoかSoftBankの端末ではau系のSIMは利用できませんし、反対にauの端末ではdocomoかSoftBankのSIMは利用できません。

格安SIMに乗り換える場合でも、docomoかSoftBankの端末ではau系MVNOのmineo(マイネオ) やUQ mobile(UQモバイル) は利用できません。これらのことも理解しておく必要があります。

SIMフリースマホを利用しよう

このような問題を起こさないためには、周波数帯の確認などを行っていき、対応しているMVNOで運用するという方法と、SIMロック解除を行わず、新しくSIMフリースマホを購入するという方法もあります。

特に現在は各MVNOで格安SIMとセットでスマホを販売していることも多く、そのような端末を購入すれば周波数帯のことで悩むことはありません。

人気の高いSIMフリースマホ:ZenFone 2

p5_example 出典:ASUS

スペックも優れていて、値段も安くなっているので人気になっているものがZenFone 2になります。

複数のMVNOで取り扱っているというのもポイントで、利用したいと思っているMVNOで取り扱っていれば、選ぶ候補に入れても良いのではないでしょうか。

人気の高いSIMフリースマホ:arrows M02

出典:arrows M02/RM02

富士通が開発しているSIMフリースマホで日本人が使いやすい機能が多数搭載されているものがarrows M02です。

こちらの端末も様々なMVNOでセット販売されているため、選びやすいというのも特徴の一つです。

SIMロック解除のガイドラインまとめ

SIMロック解除のガイドラインは以上になります。現状はまだSIMロックを解除するために必要な規制が多く、簡単にSIMロックを解除出来ないことが現状です。またSIMロックを解除した後も、対応周波数帯や通信方式を確認しておかないと、使えないということもあるため気を付けないといけません。

そのため周波数帯や通信方式のことをあまり考えたくないという場合であれば、SIMフリースマホを利用することをおすすめしています。

その場合は予めSIMフリースマホを購入する方法と、利用したいMVNOでセット販売されているものを購入する方法の2パターンあります。購入したいと思っているSIMフリースマホがセット販売されているのであれば、セット販売で購入したほうが、SIMと一緒に届くのでおすすめです。