1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリースマホで保険をつけるなら?おすすめの方法2つ!
 

SIMフリースマホで保険をつけるなら?おすすめの方法2つ!

pixta_13725392_M
SIMフリースマホ

スマホには水濡れ・落下などの危険がつきもの。端末のトラブルが多い人には保険が欠かせません。大手キャリアであれば、独自の保険サービスがありますが、格安SIMで使うスマホの場合はどうでしょうか?今回はSIMフリースマホで入れる保険についてまとめました。

スマホを使う限り、水濡れ・落下などの危険はつきまといます。端末のトラブルが多い人には保険が欠かせません。大手携帯キャリアであれば、独自の保険サービスがありますが、格安SIMで使うスマホの場合はどうなのでしょうか?今回はSIMフリースマホで入れる保険についてまとめました。

MVNOで用意している保険に加入する

mineoや楽天モバイルなど、各MVNOは端末保障のオプションを用意しています。この保険に加入しておけば、故障した際の修理・交換をおこなってくれます。保険料金は月額400円~500円ほどです。また、修理・交換中は代替機を貸し出してくれることが多いのも魅力。

MVNOでの保険での注意点は、端末+SIMカードのセット購入のみを対象にしていることがほとんどということです。SIMカードだけの契約では、保険に加入することはできません。MVNOでセット購入する人なら第一に考えられる選択肢と言えます。以下、いくつかのMVNOの補償サービスを表にまとめましたので参考にしてください。

MVNO
サービス名称
月額料金
注意点
DMM mobile端末交換オプション350円年間1回までの上限あり
mineo端末安心サポート399円3回目以降は通常の修理費用が必要
楽天モバイル端末補償500円端末とSIMカードセットを同時購入の場合のみ申し込み可能

公式サイト:DMM mobile(DMMモバイル)

公式サイト:mineo

公式サイト:楽天モバイル

「モバイル保険」に加入する

出典:モバイル保険 説明ページ

今注目を集めている保険がこちら。さくら少額短期保険株式会社が提供しています。スマホ・タブレットなどのモバイル端末を3台まで、月々700円で補償してくれるサービスです。年間で10万円を限度に、何度でも修理に応じてくれる保険なので、複数のモバイル端末を所有している人におすすめ。また、MVNOの保険に入れない方も検討する価値はあるでしょう。対象となる3機種は途中で指定変更できるので、機種変更を行っても問題ありません。

注意点としては、保険料金は後で受け取るということ。まずユーザーが修理代金を支払った後にモバイル保険に必要な書類などを提出して保険金の申請を行い、口座に保険金を振り込んでもらう形式です。最初は自分で支払うことになることを覚えておいて下さい。

公式サイト:モバイル保険

家電量販店の延長保証は?

pixta_7786280_M

家電量販店でSIMフリースマホを購入する方も多いので、延長保証を思いつくかもしれませんね。ヤマダ電機・ビックカメラ・ヨドバシカメラ・コジマなど、各社とも保証サービスを提供しています。

しかし、これら家電量販店の延長保証は品目が指定されていて、携帯電話・スマホは対象外になっているのです。パソコン・デジカメなどは対象になるのですが、残念ながらスマホは保証を受けられません。

保険に加入するべき人とは?

pixta_17216748_M

そもそも端末保険に加入すべきユーザーとはどんな人なのでしょうか。おすすめするユーザー例をご紹介します。

事故が多い

水没・水濡れ・落下など日常的に事故を起こすことが多い人はやはり加入するのがおすすめ。逆に、これまでスマホでの事故を起こしたことがほとんどない人は、端末を丁寧に扱ったり、あまり外で使わないような人なので、保険の必要性は薄いでしょう。

安くはない端末を使用している

保険料金は月額なら数百円ですが、年額だとけっこうな料金になります。モバイル保険は1年間で8,400円、MVNOの保険でも4,800円~6,000円ほどかかります。代金が10,000円を切るような廉価の端末の場合、保険に加入する意味合いは薄いのではないでしょうか。

事故が起きたけど保険に入っていない場合はどうすればいい?

pixta_21830763_M

SIMフリースマホを使っていて事故が起きたけど保険に入ってない場合、どう対処すればよいのでしょうか。

製造メーカーへ問い合わせ

端末を製造しているメーカーを調べて、問い合わせを行いましょう。問い合わせ方法はメーカーによって異なるので、公式サイトの記載に従ってください。例えばSIMフリースマホの大手のASUSの場合、コールセンターとメールで受け付けを行っています。保証期間内かどうかで料金は異なりますので、まずは見積もりを聞きましょう。

キャリアでは受け付けてくれないことがほとんど

ドコモやauなどのキャリアでは、SIMフリースマホの修理には対応してくれないことがほとんどです。格安SIMはドコモやauの通信回線を利用していますが、あくまでの通信サービスの提供をしているので、端末のサポートは行わないというスタンスです。

ただし、ドコモでSIMロックを解除した端末の場合は、ドコモショップで対応してもらえます。保険に加入していないので修理代金は高めになりますが、製造メーカー修理と同じく、問い合わせてみる価値はあるでしょう。

保険が必要かを見極めてから検討しよう

pixta_22872561_M

スマホでよく事故を起こす方、端末の料金が高い方はやはり保険に加入するのがおすすめ。SIMフリースマホの保険なら、MVNOの保険、モバイル保険などに加入できます。事故が起こった際に保険に入っていなかったら、製造メーカーに問い合わせましょう。