1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 短期間のお試しで格安SIMを使ってみよう
 

短期間のお試しで格安SIMを使ってみよう

1218
SIM

格安SIMはキャリア契約のようないわゆる「2年縛り」がなく、短期で試しに利用してみる、ということがしやすいです(一部音声通話可能な格安SIMには最低利用期間の設定があります)。格安SIMを短期間試しで利用するには、初期費用がかからない「プリペイドSIM」がお勧めです。

「格安SIMカードに興味はあるものの、乗り換えるのは少し不安」と感じている人は結構多いのではないでしょうか。幸いなことに格安SIMは携帯電話キャリアの契約のようにいわゆる「2年縛り」がないので、「試しに短期でちょっと使ってみる」ということが比較的簡単に出来ます。そこでこの記事では試しに格安SIMカードを使ってみる際の注意点や、試しに使う際にオススメの格安SIMカードをご紹介します。

name

格安SIMをお試しで短期間使う際の注意点

格安SIMカードを短期で試しに使ってみるのは実に簡単なことですが、いくつか大事な注意点があります。

実際に使ってみたい格安SIMと同じものを試す

ちょっと調べればわかりますが、格安SIMカードは実に様々な会社がそれぞれ数種類ずつの商品を出しています。これらはauのMVNOである「mineo(マイネオ) 」「UQ mobile(UQモバイル) 」以外は全てドコモのMVNOであり、ドコモの回線を借りて運用している、という点では変わりません。

しかしだからと言ってどの会社を選んでも同じクオリティか、というとそうではありません。そのため、既に具体的に使ってみたい格安SIMカードがある程度絞り込めているのであれば、実際に同じものを使ってみるべきでしょう。

「本命」は1番最後に試してみる

これは複数の格安SIMが候補に挙がっている際に注意すべき点です。なぜなら、どのMVNOでも初期費用として3000円前後の費用が月額料金とは別に発生するからです。

例えば本命のAという格安SIMを最初に試し、1か月使って解約してからBを使い、またBを解約してC・・・と使ってみて、やっぱりAが良かったから再びAと契約しよう、となると、初期費用が2回かかってしまうことになります。そのため出来るだけ事前に情報を集めておいて、「これだ」と思ったものは最後に試してみて、問題がなければそのままずっと継続して使う、というのが理想的でしょう。

使いたい格安SIMが具体的に決まっていない場合はプリペイドSIMを選ぶ

具体的に使ってみたい格安SIMが決まっていない場合、あらかじめ料金を前払いした上で使う「プリペイドSIM」を使ってみる、という方法もあります。プリペイドSIMが出ているMVNOか限られていますが、出ているところは基本的にポストペイ(月額料金制)と同じクオリティと考えて大丈夫です。

プリペイドSIMの料金を見ると「高い」と思うかもしれませんが、ポストペイの格安SIMを契約する際に支払う初期費用と最低1か月分の月額費用を合計するとむしろプリペイドの方が安くなります。また、プリペイドSIMは家電量販店などの店頭でお金を払って購入した後、オンラインでの開通手続きをすればすぐに使えるようになります。つまりクレジットカード番号を入力して・・・という手間が掛かりません。

 短期 IIJmioプリペイドパック

出典:IIJmioプリペイドパック

お試しで使ってみたい格安SIM3選

格安SIMを試しに使う場合、前述のように実際に自分が使ってみたいと思っている格安SIMを選んで使うのがベターです。しかしまだ決まっていない場合や、とりあえず使ってみたい場合、格安SIMというものを経験してみたい、という場合にオススメしたい格安SIMをいくつかご紹介します。

OCNモバイルONEプリペイド容量型

 短期 OCN モバイル ONE プリペイド 容量型

出典:OCN モバイル ONE プリペイド 容量型(上記は1GBの容量型です) OCN モバイル ONE はNTTコミュニケーションズが運営する日本最大級のインターネットプロバイダです。MVNOとしても歴史が長く、その安定したクオリティには定評があります。

OCN モバイル ONE のプリペイドには「期間型」と「容量型」の2種類がありますが、ここでオススメしたいのは容量型です。料金だけを見ると期間型の方が安く、2800円で購入することが出来ます。しかし利用出来る期間が20日間、1日に利用出来るデータ通信容量が50MBまで、と限られています。1日のデータ通信量が50MBを超えた場合でも追加料金なしで利用が可能ですが、通信速度の最大が150Mbpsから200Kbpsにダウンします。

50MBというとYouTubeの動画で約50分程度で到達します。ニュースサイトの閲覧であれば約130ページ程度、楽曲のダウンロードなら10曲分ほどになりますので、普通の使い方であれば十分ですし、20日も使えば使い勝手はわかるでしょう。しかし容量型のSIMは3200円でデータ通信容量は1GB、最大で4か月使えます。期間型は1日50MBで20日間ですので合計すると1GBになります。つまり通信出来るデータ容量は変わりませんが、期間に20日と4か月という違いがあります。また、容量型は1日50MBという高速通信が可能なデータ通信容量の縛りがありません。料金は400円ほど高くなりますが、「4か月」「1日50MBの縛りなし」という2点を考えると容量型の方が良いのではないか、と思います。

ただし、月額料金制の格安SIMで「月2GB」のように毎月のデータ通信容量の上限が設定されている場合、この容量を超えると通信速度が下り最大150Mbpsから下り最大200Kbpsに低下する、というようなものが多いです。この通信速度の差を体感するために、あえて期間型のSIMを選んで1日50MB以上使ってみる(つまり速度の低下を体感してみる)、というのも「あり」かもしれません。

公式サイト:OCNモバイルONE

FREETEL「使った分だけ安心プラン」

 フリーテル

出典:Plus One Marketing Ltd. FREETEL(フリーテル) はプラスワン・マーケティング株式会社が展開する格安スマホと格安SIMのブランドで、本体とSIMの両方を手掛けているのが特徴です。格安スマホというと中国や台湾のものが多いですが、FREETELはれっきとした日本のベンチャー企業となります。

格安スマホ、格安SIMの世界に価格破壊の波を巻き起こしているFREETEL(フリーテル) ですが、料金プランが6段階となっていて高速データ通信を「月々使った分だけ」支払えばよい、という形になっています。月に100MBまでの高速データ通信であれば、なんと月299円から始めることが出来ます。1GBまででも月499円です。「お試しで格安SIMを短期間だけ使ってみたい」という人にとってはありがたいプランです。

公式サイト:FREETEL

IIJmioミニマムスタートプラン(データ通信専用SMS機能付きSIM)

 短期 IIJmioミニマムスタートプラン

出典:IIJmioミニマムスタートプラン 音声通話機能を使うつもりはない、あるいはとりあえずデータ通信だけでもいいから格安SIMをお試し、という人にはこちらをオススメします。IIJmio(みおふぉん) はOCN同様に日本のインターネット黎明期からプロバイダとして存在するIIJが運営する格安SIMブランドです。

公式サイト:IIJmio データSIM

ミニマムスタートプランは月2GBのデータ通信容量がついて月900円ですが、プラス140円でSMS機能付きSIMにすることが出来ますので、こちらをオススメします。SMS機能というのはこのサイトの別ページで解説している、データ専用SIMを利用する際に発生する可能性がある「アンテナピクト問題」が解消出来るということや、LINEのように登録時にSMS認証が必要になるアプリを利用する際に手続きがスムーズになる、というメリットがあります。

月のデータ通信容量に対する料金としては標準的なところで、別段安いというわけではありません。にも関わらずIIJmioをオススメする理由は2つあります。

まず1つめは「通信速度の切り替えが出来る」というところです。IIJmioの月のデータ通信容量は「バンドルクーポン」という呼び方をします。通信速度は下り最大150Mbps・上り最大50Mbpsとなりますが、これはクーポンが適用されている時の速度です。デフォルトの状態ではクーポンが適用された状態で通信されることになりますが、クーポンを適用しなければ通信速度が下り上り共に最大200Kbpsとなります。つまり動画を見る時にはクーポンを適用し、メールやツイッターをする時はクーポンを適用しない、のように必要に応じて通信速度の切り替えが出来るわけです。しかし試しで使う場合、メリットがこの点にあるわけではなく、通常であれば月2GBなり1GBなりのデータ通信容量を使い切った後でないと体験することの出来ない200Kbpsでの通信を、IIJmioではクーポン非適用にすることによって体験出来る、という点にあります。

2つめは「余ったクーポンは翌月に繰り越せる」というところです。例えばミニマムスタートプランの場合は月2GBのデータ容量があるわけですが、これを1か月間で使い切れなかった場合は翌月まで繰り越すことが可能です。例えば今月1GBしか使わず、1GB余ってしまった場合、翌月は2GBプラス繰り越し分の1GBの合計3GBが使える、ということになります。これは他のMVNOでは中々見ることが出来ない、IIJmioならではの大きな特徴と言えます。試しに使ってみた結果、もうしばらくIIJmioを使ってみよう、となった場合でも、バンドルクーポンを無駄にすることがない、ということになります。

格安SIMの短期お試しについてのまとめ

ドコモやau、ソフトバンクといった携帯電話キャリアはどこも有名な大企業ですので、乗り換える際にはあまり心配する必要はないでしょう。しかも周囲を探せば使っている人が1人くらいはいるはずですので、使い勝手などを直接聞いて確認することも簡単に出来ます。

しかしMVNOは一般的には耳馴染みのない企業が運営していることもありますし、まだまだ普及段階にあるので周囲に使っている人が中々いないという現実があります。そのため「実際に自分自身で試しに使ってみる」ということはとても大事なことですし、自分に合った格安SIMを選ぶ上ではとても有効だと思います。様々なシュミレーションの結果、使ってみたい格安SIMをある程度選ぶことが出来たら、次のステップとしてぜひとも試しに使ってみて下さい。