1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 選ぶ前に知っておきたい格安SIMの「速度」とは 
 

選ぶ前に知っておきたい格安SIMの「速度」とは 

IMG_0268
SIM

ドコモやauなどの大手キャリアに対し、受信実効速度の表示について総務省から指示が出されました。速度の基礎知識は格安SIMの選択にも役に立ちます。通信速度の目安がわかれば、MVNOを賢く選べるはず!どの格安SIMの速度が速いかなどについてご紹介します。

格安SIMの「速度」は調べる上でかかせないキーワード。MVNOを比較して最適な格安SIMを選ぶためには、通信速度について詳しく知っておく必要があります。最近では、ドコモやauなどの大手キャリアにもベストエフォートの表示を改定するよう総務省から指示が出されました。

name

ベストエフォートとは?MbpsやKbpsといった単位はどうやって見ればいいの?そんな点も含めながら、速度の速いMVNOの選び方をご紹介しましょう。

MVNOや格安SIMで表示される「速度」とは?

まず、MVNOを選ぶ時の基本になる通信速度の基礎知識を取り上げます。速さには二つの種類がありますが、それぞれ何を示しているのか見ていきましょう。

「最大速度」とは

データ通信の表示には、この「最大速度」が書かれています。ベストエフォートとも呼ばれていて、つまり理論上、「最大でこのくらいの速さで通信することが可能です」という意味。

格安SIMでは下り最大150Mbps、と表示されているものが多いです。

「下り」と「上り」について

下り150Mbps、上り50Mbpsという表示を良く見かけます。この下りは「ダウンロード」のことで上りとは「アップロード」と同義語です。

サイトを閲覧したりメールを受信するのはダウンロードで、メールを送信する時など情報をインターネットに送ることはアップロードといいます。

「実効速度」とは

ではもう一つの種類の速さは何でしょうか?これは実際に出ているデータ通信のスピードのこと。つまり最大値を示すベストエフォートは最も理想的な状態のことで、それに対して実効速度は現実的な通信状態を表しているんです。

ベストエフォートでは150Mbpsと表示されていても、実際には2~3Mbpsの速さしか出ていなかったり、時間によっては500Kbps以下ということがMVNOでは一般的です。本当に使える格安SIMを選ぶためにはベストエフォートを調べるのではなく、実効速度を調べる必要があるというワケですね。これは利用場所の混雑具合や時間帯によっても変化するので、様々な統計やレビューを調べてみないといけません。

速さの
単位
1Mbps=1000Kbps500Kbpsは0.5Mbpsということになります。
Mbpsとは?
1秒間に送ることが可能なデータ量のこと

総務省の報告書によると

表示されているベストエフォートと実際のスピードでは違いがありすぎるという苦情や相談が多くなっていることを受けて、総務省の報告書案は受信実効速度も表示するよう大手携帯キャリアに求めているようです。

これからの広告では、150Mbpsではなく11~37Mbpsといった表示を見かけることになりそうですね。

格安SIMの速度はどのくらいの速さが必要?

どのくらいの速度でどのくらいのことができるのでしょう?これがわかれば、格安SIMの選び方もわかるハズ!

動画を快適に見れる速さ

動画視聴は、通信の中でも最も重いデータ通信の部類に入ります。5Mbps前後の速さであれば、動画が途中で止まったりぶつ切れになったりするストレスを感じずに、快適に見れるでしょう。

例えばぷららの無制限SIMではベストエフォートが3Mbpsになっていましたが、動画視聴にも差し支えのないプランとして売り出されたようです。3Mbpsが持続されていれば、動画視聴は問題ないようですね。

1~2Mbpsになると、動画を見るには少し遅いかなという感じ。動画の読み込みが遅くなったり途中で止まってしまうことがあるかもしれません。

画像が多いサイト閲覧に適した速さ

サイト閲覧にはそれほど通信量を使いません。画像が多い場合は少し重いので1Mbps以上であることが必要ですが、画像が多くなければ200Kbps前後でもそれほどページを開くのに時間はかからないでしょう。

テキストメールなどができる速さ

テキストメールなどは低速通信でもできることの代表例です。LINEやツイッターなどのSNS、メールは200Kbps以下でも余裕で可能。

速度
できること
1Mbps以下メールや軽いサイトの閲覧
動画視聴には適さない
1~2Mbps画像が多いサイトの読み込み
動画視聴には少し遅い
3~5Mbps動画視聴は快適にできる
MVNOの速度で
選ぶ格安SIM
メールなどしか使わないライトユーザーは200Kbpsしか出ないMVNOでもOK
動画などを見るハードユーザーは3~5Mbpsくらいが安定して出るMVNOが良い

速度が速いMVNO&格安SIMはどれ?

では、格安SIMの実効速度はどのくらい出ているのでしょうか?MVNOのスピード結果は多くの人が随時レビューしているので、それを参考にして質の良いMVNOを選ぶことができます。スピードテストの見方や、今スピードが出ているといわれている格安SIMをご紹介します。

MVNOの契約数によって速度変動がある

まず格安SIMの速度は常に変動しています。その理由は、ユーザーが増えることによって回線が混みあうからです。よく車の渋滞に例えられますが、車が増えれば増えるほど渋滞がひどくなると同じように、契約者が増えるほどスピードは落ちてゆきます。

しかしMVNOの側も対策をとってスピードが改善されることがよくあります。道路車線を増やす、つまり回線の設備を増やすことによって通信状態が改善されるわけです。

安定感のあるMVNOを選ぶとよい

人気のSIMであればあるほど、設備増強されなければどんどん混みあってきて通信が遅くなってしまいます。そのバランスがうまくいかずスピードの変動が激しいMVNOも少なくありません。

契約者が増えるのを見越して設備を増強できる対応が素早い所は安定感があるので、そうした信頼の置ける格安SIMを選ぶといいでしょう。

速度の安定感
で定評のある格安SIM
OCN
IIJmio
DMMIIJmioが回線の供給元です。

それぞれのMVNOのお得な情報をチェックしたい方はこちらをご覧ください。
OCN, IIJmio, DMM

今ホットな格安SIM

常に一定した質の通信を提供してくれる「信頼のMVNO」と対照的に、今速いと言われている「ホットなMVNO」もあります。しかし速いと言われるSIMは契約者が増えてすぐに落ちてしまうこともあるので、なんとも言えませんが・・・2015年4月現在、速いと評判になっているものは次の通りです。

今スピードが
出ている格安SIM
NifMo(ニフモ)
UQモバイル

お得な情報はこちらの公式サイトからどうぞ。NifMoはNifMoホームページ限定キャンペーンも実施中なのでお見逃しなく!
NifMo(ニフモ), UQモバイル

スピードテストについて

スピードを図るアプリがあり、それで計量することをスピードテストと言います。よく使われているのは「Speedtest.net」というアプリ。 画像タイトル Ping値が小さいほど反応の速さが良いことを示し、ダウンロード(上り)とアップロード(下り)を計ることができます。

どのくらいのスピードが出ているのか、スピードテストをしたレビューはとても参考になるでしょう。

速度の速いMVNO&格安SIMについてまとめ

通信の速度とはどんなものかわかると、自分に合う格安SIMも見つけるのが簡単になりそうですね!安定感のあるMVNOや速いと話題になっているMVNOのプランの内容をさらによく調べて試してみてください。

プランを詳しく
調べる
OCN
IIJmio
DMM
NifMo(ニフモ)
UQモバイル
MVNOの名前の部分を押すと、プランの詳細やお得情報を見ることができます。

プランを探すのに助けになる「プラン診断」もあります。無料で自分に合うSIMを診断してくれるので、ぜひチェックしてみましょう。