1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMの選び方!選べない人に教えたい4つのポイント
 

格安SIMの選び方!選べない人に教えたい4つのポイント

pixta_17330074_M
SIM

格安SIMの選び方を一挙ご紹介します!乗り換えたいけど格安SIMを選べない、迷ってしまう、という方は少なくないはず。そこで格安SIMの選び方のコツを4つにまとめてみました。格安SIMを選ぶなら考えておきたい4つの質問に答えながら、あなたに合うMVNOを探してみてください。

格安SIM選び方を知らないと、格安SIMを提供するMVNO社の数に圧倒されてしまうかもしれません。有名なものから新規参入したものまで含めると、主要なMVNOだけでも20社以上、全体を数えると100社を優に超える数になりました。乗り換えたいけど格安SIMを選べない、迷ってしまう、という方は少なくないはず。そこで格安SIMの選び方のコツをまとめてみました!格安SIMを選ぶなら考えておきたい4つの質問に答えながら、あなたに合うMVNOを探してみてください。

格安SIMの選び方1.音声通話SIM・データ専用SIMの違いで選ぶ

格安SIMの選び方の大きなポイントの一つ、音声通話SIMとデータ専用SIMという違いを考えてみましょう。家電量販店の格安SIMコーナーでも必ずこの種類別で売られています。

「今までの電話番号を引き継ぎたいか?」

音声通話SIMとは、090・080などの電話番号で通話できるプランのことです。一方、データ専用SIMはデータ通信だけを利用する人のためのプランなので、電話番号は利用できません。

データ専用SIMでも、IP電話などを利用すれば通話することも可能なのですが、今まで利用していた電話番号を引き継ぎたい場合は、音声通話プランに申し込み、さらにAPNというシステムを利用しなければなりません。そこで格安SIMを選ぶなら、今までの電話番号を引き続き利用したいかどうか決めておきましょう。

音声通話プランで選びたい格安SIM

基本的にはどのMVNOでも音声通話・データ専用ともにプランが用意されており、データSIMにオプションで音声通話を付けられる形になっているプランもあります。音声通話がオプションとして利用できる場合、月額700円が相場でしょう。こちらの格安SIMの音声付きプランを最安値価格で利用できるのでぜひチェックしてみたください。

最安値で使える格安SIMの音声通話プラン
楽天モバイルのベーシックプラン
DTI SIMの1GB・3GB

公式サイト:楽天モバイルDTI SIM

データ専用で選びたい格安SIM

データ専用とはいえ、IP電話などを利用すれば電話機能も利用できるので、通信費をとにかく安くしたい方はデータ専用+IP電話で運用するのもおすすめです。

NTTコミュニケーションズのMVNOであるOCNモバイルONEでは、IP電話サービスの050plusが無料で使えるメリットがあります。

最安値で使えるデータ専用の格安SIM
DMM mobile
OCNモバイルONE+IP電話

格安SIMの選び方2.ドコモ系・au系の違いで選ぶ

格安SIMの選び方のコツの2つ目は、ドコモ系・au系という3種類について理解することです。格安SIMを中古の端末で運用する場合は特に、端末がドコモのものか、auのものか知っておく必要があります。

「どの端末で運用するか?」

MVNOは通信業者から通信網を借りて、ユーザーに安く通信を提供しています。現時点でほとんどのMVNOはドコモから回線を借りており、au回線を利用しているのが3社、ソフトバンクは大手のMVNOは無し、という状況です。この通信網の形態をドコモ系、au系といっているわけです。

例えば、端末がドコモの中古のものである場合、auの格安SIMだとSIMロック解除しなければならないだけでなく、動作確認されていなかったり、テザリングやメール利用に制限があったりして、相性が合わないと言わざるを得ません。それで、格安SIMを選ぶ前に、どの端末で運用するのかという質問に答えられるようにしておきましょう。

SIMフリーの端末であればドコモ系でもau系でも、どちらでも利用できるのですが、各社の公式サイトで動作確認されているかどうか、確認するのも重要です。

ドコモ系の格安SIM

格安SIMではほとんどがドコモの通信網を利用しているので、ドコモ中古端末なら実はSIMロックが解除されていなくても使えます。SIMフリー端末をもっていなくてもすぐにMVNOに乗り換えられるというわけです。ドコモ系の選択肢は幅が広すぎると思うので、格安SIMを選ぶならおすすめしたいMVNOをご紹介しておきます。

上のリンクから各社の公式サイトへ移動できます。

au系の格安SIM

au回線の通信ができるのは現在次の3社です。

上のリンクから各社の公式サイトへ移動できます。

IIJmioはもともとドコモ系でしたが、auにも対応したAプランが用意され、さらに利用しやすくなりました。逆にmineoにはドコモに対応したDプランが出され、ドコモ端末でも動作確認されているものであればロック解除なしで利用できるようになっています。そのようなわけで、ドコモ回線にもau回線にも対応しているのはmineoとIIJmioとなっています。

格安SIMの選び方3.データ量の容量で選ぶ

次に、どれほどのデータ量を利用したいかを考えましょう。このポイントがはっきりすると、格安SIMの各プランの選び方がわかります。

「自宅にWi-Fiはあるか?」

データ量は、1GB以下のプランから10GBを超えるプランまでバリエーションが様々です。外出先でSNSやウェブサイトを少し閲覧するくらいなら1GB~3GBで十分でしょう。しかし、動画視聴やファイルのダウンロードアップロードをする人であれば、大容量プランを選ぶ必要があるかもしれませんね。

特に、自宅Wi-FiやWi-Fiポケットを利用せず、SIMのデータ通信だけに頼るというのであれば、通信量無制限のプランも選択肢の一つに入れておくと良いでしょう。

無制限で使える格安SIM

無制限で使える、使い放題のプランがある格安SIMは次の通りです。

上のリンクから各社の公式サイトへ移動できます。

大容量プランのある格安SIM

また、無制限ではありませんが、20GB~50GBの大容量プランが用意されているMVNOも多くあります。

上のリンクから各社の公式サイトへ移動できます。

出典:DTI SIM公式サイト

1GB、3GBなどの容量別で格安SIMを選ぶなら、当サイトの「MVNO比較」のカテゴリから容量別に各プランを比較したページがあるのでご参照ください。プランごとに一番お得なMVNOを探すことができますよ。

格安SIMの選び方4.速度の評判で選ぶ

最後に抑えておきたい格安SIMの選び方のポイントは、MVNOの通信品質の評判です。通信速度のレビューなどを見ておくと、実際に使ったときの使用感などをイメージできるので、格安SIMを選べないと悩んでいる方は、速度の評判の良いSIMを選ぶと良いでしょう。

「速度の安定、通信の質の評判はどうか?」

格安SIMの評判は大まかに言うと、次の二つの面に分けて考えることができます。

  • 通信速度の速さの評判
  • 信頼されるブランドの評判

速度についてまず説明しましょう。各社で最高通信速度が公表されているのですが、それはあくまでも最高の状況で出る速度であって、実際に使ってみると全然通信速度が出ていないということが多くあります。実際に出ている速度のことを「実効速度」といい、アプリなどで計測した結果がネットで評判になったりします。ユーザーが増えると回線が込んできて速度が途端に遅くなるMVNOも多いので、速度のレビューや評判は最新のものを見るようにしましょう。

また、そうした通信速度の良い状態が続いている格安SIMは、波のない安定した通信が望める信頼されるブランドとして評判が高くなります。速度は速いけどこの先どうなるかわからない新しく開始したばかりのMVNOを選ぶよりも、信頼できるSIMを長く使いたいという人は、コスパやサポートの面で優れている格安SIMを選ぶのはいかがでしょうか。

速度の評判が良い格安SIM

それでは速度のレビューが良いと評判のSIMをご紹介します。

上のリンクから各社の公式サイトへ移動できます。

UQmobile(UQモバイル)は速度面で長期間トップを走り続けているMVNO。au系なので利用できる端末や機能の点で制約はありますが、質の良い通信を望むことができるでしょう。一方LINEモバイルは、2016年9月から開始した新しいMVNOで、開始以来速度面で好評です。しかし今後ユーザーが増えた後、この品質が保たれるかどうかはわからないのが不安点でもありますね。

出典:LINEモバイル公式サイト

信頼されるブランドの格安SIM

信頼され安心感のあるブランドは次の通りです。

上のリンクから各社の公式サイトへ移動できます。

OCNモバイルONEは長年格安SIMのユーザー数シェアナンバーワンでしたが、近年楽天モバイルが追い抜きました。BIGLOBE(ビッグローブ)は老舗プロバイダーなので信頼できるSIMとして知られており、IIJmioとmineoはMVNOアワードで常時コストパフォーマンス面で高い満足度を得ています。おすすめできるプラントサポートばかり揃っているので、初心者ユーザーなどには自信をもっておすすめできます。

出典:IIJmio(みおふぉん)公式サイト

格安SIMの選び方のポイントまとめ

格安SIMの選び方の4つのポイントと、買う前に考えたい質問を考えてきましたが、最後にまとめたいと思います。

格安SIMの選び方のコツは?

4つのポイントになる質問に答えて、どの格安SIMにするかイメージをつかんでくださいね。

電話番号は欲しい?
YESの人は音声通話付きプラン
NOの人はデータ専用プラン
中古端末を使う?
YESの人はMVNOの回線がドコモかauかを要チェック
NOの人は動作確認されているSIMフリー端末かどうか各公式サイトで要チェック
家にWi-Fiがある?
YESの人は少ない容量プラン
NOの人は大容量またはネット使い放題プラン
通信速度は速いのがいい?
とにかく速いほうがいい人は最新速度レビューをネットで要チェック
長く安定して使いたい人は信頼されたブランドを選ぶ

ここで紹介した格安SIMはどれもオリジナルな魅力を持つプランが盛りだくさん。ぜひ各社の公式サイトで最新キャンペーンなどをチェックして、お得な情報をゲットしてくださいね。こちらのリンクから移動できます。

公式サイト:IIJmio(みおふぉん)OCNモバイルONEmineo(マイネオ)DTI SIMUQ mobile(UQ モバイル)LINEモバイルFREETEL楽天モバイルイオンモバイルU-mobile(Uモバイル)BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)NifMo(ニフモ)DMM mobileb-mobile(ビーモバイル)

より複雑化してきているMVNOだからこそ、自分のニーズにあうSIMを簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。