1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMを選ぶ際の注意点をまとめました
 

格安SIMを選ぶ際の注意点をまとめました

caution
SIM

「格安スマホ」に「格安SIM」、現在携帯電話やスマートフォンを巡るニュースでは「格安」が1つのキーワードになっています。これは携帯キャリア3社の端末や料金プランに多くの人が割高感を感じていることの裏返しでしょう。格安SIMを検討する上で、注意したいポイントを紹介します。

「格安スマホ」に「格安SIM」、現在携帯電話やスマートフォンを巡るニュースでは「格安」が1つのキーワードになっています。これは携帯キャリア3社の端末や料金プランに多くの人が割高感を感じていることの裏返しでしょう。2015年春の「原則SIMフリー化」を控えて注目を集めている格安SIMを検討する上で、格安SIMの注意点をまとめてみました。

name

格安SIMでは「どうしても出来ない」ことを注意点として把握しておく

格安SIMの選び方は簡単なようで難しいものです。格安SIMは携帯電話キャリアの料金プランに比べると確かに安いです。値段だけを比較すると「絶対に格安SIMの方がお得!」と思ってしまいがちですが、携帯電話キャリアとの契約では当たり前に出来ても、格安SIMではどうしても出来ない、というものがいくつかありますので、それはきちんと事前に把握しておく必要があります。つまりそれを捨ててでも格安SIMに乗り換えたいのかどうか、ということです。

携帯電話キャリアのメールを使うことは出来ない

「携帯電話キャリアのメール」というのは「~@docomo.ne.jp」のように、携帯電話会社から発行されたメールアドレスを使ったメールのことです。例えば今現在ドコモのスマートフォンを使っている人が、ドコモとの契約を解除してMNPを利用して音声通話に対応した格安SIMに乗り換える、と仮定すると、電話番号はそのまま使えますが、ドコモのメールアドレスは使えなくなります。これは契約を解除するから当たり前だ、ということはわかると思います。

しかし問題はここから先で、例えばドコモからau、あるいはソフトバンクにMNPを利用して乗り換えた場合、ドコモのアドレスは使えなくなってもauやソフトバンクのアドレスは発行されます。今までメールをしていた友人等には「今度au(ソフトバンク)にMNPしたから番号は変わらないけどメアドはこれに変わりました」とメールを送信すれば済みます。しかし格安SIMに乗り換えた場合、そのスマホでメールを使いたければGmailやYahoo!メールといったフリーのメールアドレスやプロバイダから発行されたメールアドレスを使うことになります。つまり「携帯電話のメールアドレスではないメールアドレス」ということです。

これは相手が携帯電話のメールアドレスの場合、迷惑メールフィルターに引っ掛かっていつまで経ってもメールアドレスの変更連絡が行かないことが考えられます。電話をしたり直接会ったりした際に「今度からドコモのアドレスじゃなくてGmailのアドレスをスマホで使うことにしたから、そっちの携帯で受信出来るように迷惑メールフィルターの設定を変えておいて」といったお願いをいちいちしなくてはいけなくなります。実際問題、これは非常に面倒です。そのため、携帯電話のメールアドレスを利用して頻繁にメールをやり取りしている、という人は、自分が「携帯電話のメールアドレスではないメールアドレス」に切り替えたらどのような影響が出るか、をよく考えておく必要があります。

しかし今では携帯電話のメールよりもLINEを使っている、という人が非常に多くなってきたので、以前ほど影響が少なくなっていることは否めません。

格安SIMに「電話かけ放題」のプランはない

現在の携帯電話会社の料金プランは「電話かけ放題+データ通信容量月2GB+諸々のオプション料金」で月々7000円前後、というものが主流になっています。電話をよく使う人にとってはありがたい料金プランですが、格安SIMで「電話かけ放題」というプランは少なくとも2014年末時点では存在しません。

音声通話が可能な格安SIMは多数存在しますが、その通話料の多くは30秒20円となっています。電話をよく使う人は、それでもなお格安SIMに乗り換えた方が得なのか、という点をよく考える必要があります。

ここでは実際に、ドコモで最も多くの人が選ぶであろう料金プランと、格安SIMの中からIIJmio(みおふぉん) の「ミニマムスタートプラン」を比較して検討してみましょう。

まずドコモの料金プランで最もスタンダードなものが「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)定期契約あり」と「データSパック」(月2GBまで)の組み合わせでしょう。これはそれぞれ2700円と3500円かかります。ここにspモードであれば300円が上乗せされるので、6500円という数字が出てきます(その他の様々なオプションやユニバーサル料金等は割愛します)。これはつまり「通話はかけ放題で月2GBまでデータ通信が出来る(2GBを超えたデータ通信も可能だが通信速度は落ちる)」というプランになります。

一方のIIJmioの「ミニマムスタートプラン」ですが、月額料金が900円、音声通話機能付帯料が700円プラスされ、合計1600円で音声通話が可能になります。これに月2GBのデータ通信容量がプラスされます。通話料金は30秒20円です。

繰り返しになりますが格安SIMで音声通話がかけ放題のプランはどこを探してもないので、データ通信容量がドコモと同じで、なおかつ月額料金が標準的な金額のものとしてここではIIJmioを例に挙げています。

6500円と1600円の差は4900円ですが、IIJmioで4900円でかけることが出来る音声通話は122分30秒です。この122分30秒という「分岐点」が重要なポイントです。

もしも月に122分30秒以上の通話をする場合、IIJmioに乗り換えるよりはドコモのカケホーダイ+パケットパックの料金プランでいた方が月々の料金は安く済むわけです。逆にいうと月に122分30秒以下の通話で済む、という場合はIIJmioのミニマムスタートプランの方がお得、ということになります。ちなみに月に122分30秒ということは1日約4分と少しです。

携帯電話キャリア側の料金プラン、格安SIM側の料金プラン共にそれぞれ比較対象は人によって変わってきますが、いずれにしても上記でご紹介したような「分岐点」を割り出し、本当に格安SIMに乗り換えた方が得になるのかどうかをよく見極める必要があります。

また、忘れがちなのはいわゆる「2年縛り」があるかどうか、です。上記のドコモの例で言うと「カケホーダイ」が「定期契約あり」となっています。これは2年間同一回線を使うという契約の下に適用される料金で、途中で解約すると9500円の解約金が発生します(「定期契約なし」は4200円))。格安SIMは原則としてこのような縛りはありません。

SIMカードのサイズに制限がある

これは「どうしても出来ないこと」という話しではありませんが、SIMカードのサイズというのは大きなものから「miniSIMカード」(標準SIMカード)、「microSIMカード」、「nanoSIMカード」の3種類がありますが、携帯電話やスマートフォンの機種によってどのサイズのSIMカードが挿せるかが異なります。そして自分が望むサイズのSIMカードが格安SIMで提供されているとは限りません。

特にminiSIMカードはやや古い規格のものになるので、MVNOによっては、あるいはプランによっては提供されるSIMカードがmicroSIMカードとnanoSIMカードのみ、ということがあります。「昔使っていたスマホに格安SIMを入れて使おう」という場合、合うサイズのものがない可能性もあります。このような場合の対処方法は本サイトの別記事でご紹介していますので、よろしければご参照下さい。

その上で格安SIMを選ぶ際の注意点

以上の点を踏まえた上で、格安SIMを選ぶ際のポイントをまとめました。

格安SIMを使う目的を明確にする

格安SIMは音声通話が可能なもの、データ通信のみしか出来ないもの、データ通信容量が月1GBのもの、月2GBのもの、最大通信速度が150Mbpsのもの、250Kbpsのもの、といったように、実に様々な種類のものに細かく分かれます。この中から自分にとってベストなものをチョイスするためには「何のために格安SIMを使うのか」という目的をハッキリさせておく必要があります。

例えば携帯電話キャリアのSIMを挿した端末と併せていわゆる「2台持ち」をするのか、あるいは格安SIMを挿した端末1台のみを持つのか、2台持ちであっても「ガラケー+スマホ」なのか「スマホ+タブレット」なのか「仕事用+プライベート用」なのか、など、条件によっても選択は変わってくるからです。

自分の携帯電話やスマートフォンの使い方をよく見直す

ご自身がどんな場面で、どのように携帯電話やスマートフォンを使っているのか、をよく見直すことが大事です。

例えば毎日のように会社の行き帰りでスマホをいじって時間潰しをしているとして、それがYouTubeやHuluといった動画サイトの動画をストリーミングで視聴しているのか、ツイッターやフェイスブックをチェックしているのか、メールをしているのか、では、そこで通信されているデータ量には大きな差があります。単純に考えて、動画をストリーミングでみているのと、ツイッターのテキストデータを見ているのとでは前者の方がデータとして重い、ということはわかると思います。つまりツイッター等を多用する場合「いじっている割には通信しているデータ量はあまり多くない」ということが考えられます。

また、通勤には車を使っていて、仕事中はスマートフォンや携帯電話をいじる暇はない、あってもせいぜいメールの返信くらい、いじるのは家に帰ってから寝るまでの間と休みの日くらい、という場合、月にならすと大して使っておらず、しかも家の中での通信は家の無線LANにWi-Fi接続して利用すれば3GもしくはLTE接続でやり取りしているデータ量は大幅に減る、ということがわかります。通話にしても、通話している時間はそこそこ長くても実は発信している電話よりも着信している電話の方が多い、とか、ほぼ100%の通話が3分以内に終わる、とか、家族以外と通話はしない、など、改めて見直すと色々なことが見えてきます。

格安SIMを選ぶ際の注意点まとめ

こうして見直すことによって、携帯電話やスマートフォンを買う時に何となく言われるがままに選んだ料金プランが果たして自分にとってベストチョイスなのかどうか、ということを考えるきっかけになります。ベストであればそれに越したことはありませんが、そうでない場合は見直すべきです。上手に格安SIMを活用すれば、今と同じか軽い負担で2台持ちが出来るようになったり、その結果電池の持ちを心配する必要がなくなるなど、メリットを享受することが出来るはずです。格安SIMが気になった場合は、ぜひとも様々なシュミレーションなどを活用して最適なプランを見つけるようにして下さい。

あわせてよみたい記事

速度制限なしで使い放題の格安SIMがあった!
月々いくら使っても通信速度が変わらない格安SIMをご紹介しています。
試しに短期間だけ格安SIMを使ってみよう
格安SIMを「ちょっとだけお試しで使う」という方法はお勧めです。