1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMの入門ガイド!なぜ安いのかメリットや選び方までご紹介
 

格安SIMの入門ガイド!なぜ安いのかメリットや選び方までご紹介

pixta_15307450_M
SIMカード

格安SIMという言葉を聞いたことがある人は多くなってきていると思います。ですが格安SIMはどのようなものになっているのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。ここでは格安SIM初心者の方向けに格安SIMの入門ガイドをまとめていこうと思います。

最近は広告やCMで格安SIMの言葉を聞く機会が本当に多くなってきました。しかし格安SIMという言葉を聞いただけでは安く使えそうだとしか思えず、どのようなものになっているか分からないのではないでしょうか。今回は格安SIMの初心者向けに格安SIMの入門ガイドをまとめてみました。分かりやすい言葉を使って解説していくのでこれから格安SIMを使っていこうと思っている人は確認してください!

格安SIMとは

格安SIMは格安のSIMカードのことなので、SIMカードのことを理解しないといけません。SIMカードはスマートフォンに挿入する小型のICカードです。このICカードは回線を契約した人を識別するために必要なものとなっています。現在のSIMカードは標準SIM、MicroSIM、nanoSIMの3つとなっています。

このSIMカードには電話番号などの回線情報が入っているので、SIMカードなしに通信などを行うことはできません。

大手通信会社の端末は他社のSIMカードを使えないような工夫がされており、この工夫をSIMロックといいます。どこの回線でも使えるようにされているもののことをSIMフリースマホと呼びます。

そして格安SIMとは大手通信会社のSIMよりも安い価格で提供されているSIMカードのことをいいます。ここからはなぜSIMカードを安く出来るのかについて説明していきます。

格安SIMが安い理由

格安SIMが安い理由は、回線を大手通信会社に借りて、販売するために必要なコストを出来るだけ減らし、データの通信量や通信速度を抑えているからです。

もう少し踏み込んで説明をしていくと、回線を大手通信会社に借りることで、自社で回線を整える必要がなくなるため値段が抑えられます。

大手通信会社は店舗やCMをどんどん出しているのに対し、格安SIMは基本的にはネットでの販売となっているので、人件費や広告費も抑えられます。データの通信量はプラン毎に細かく決めており誰でも無制限に使えるものではないため、無駄を省いているのです。このような理由から格安SIMは安くなっています。

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMが安い理由が分かったら次は格安SIMのメリットとデメリットを知っておきましょう。安いという最大のメリットを持つ格安SIMですが、デメリットも少なからず存在します。予めメリットとデメリットを理解してから、格安SIMは選んでいかないといけません。

格安SIMのメリット

  • 月々の料金が安く抑えられる
  • プランが幅広く用意されている
  • 2年縛りが存在しない

格安SIMの最大のメリットはやはり料金が安くなっていることです。格安SIMに乗り換えることで月に6,000円程度は浮くことになり、この計算でいくと年間で72,000円の節約になります。そのお金を旅行に回したり貯金に回したり色々と出来ます。

ニつ目のメリットはプランがたくさん用意されていることです。格安SIMは通話が可能なSIMとデータのみのSIMで分けられているだけでなく、月にどれくらいの通信量を使うかでも分けられています。

自分の使い方に合ったプランを選択することで、使わなすぎて勿体無いという大手通信会社でありがちな出来事がなくなります。

三つ目のメリットは2年縛りがないことです。通話SIMの場合、1年以内の解約で解約料がかかってしまうことがありますが、データ通信のみの契約だと縛りは存在しません。縛りが存在しないと、複数の格安SIMに気軽に乗り換えて行くことが可能になります。

格安SIMのデメリット

  • キャリアのサービスを受けられない
  • 通信速度が遅くなる可能性がある
  • 端末を自分で用意しないといけない

格安SIMの一番のデメリットはキャリアのサービスを受けられないことです。キャリアメール(dokomo.ne.jp)などは使えなくなりますし、キャリア決済やキャリアのポイントも全てなくなってしまいます。

ですが、キャリアメールの対応策はGmailに乗り換える、キャリア決済の対応策はクレジットカード決済にするなどがあります。格安SIMに乗り換えたいという場合はこのような対応策を利用していくと良いでしょう。

二つ目のデメリットは通信速度が遅くなることがあるということです。格安SIMは大手通信会社に回線を借りているため、繋がりやすさなどは変わらないのですが、混雑する時間帯などに通信速度が遅くなることがあります。

特に多い時間帯が12時頃と18時頃となっています。住んでいる地域や使う格安SIMによっても変わってくるものですが、遅くなる可能性があるということは覚えておきましょう。

三つ目のデメリットは端末を自分で用意しないといけないということです。大手通信会社の場合は店舗で端末を選びプランを決めるということがほとんどだったと思います。

格安SIMの場合はSIMのみを販売していることもあるため、SIMフリースマホを自分で購入しないといけません。この対策は格安SIM会社がセット販売している端末を選ぶことで解決できます。SIMフリースマホと格安SIMをセットで販売しているため、確実に動くことも保証されています。

格安SIMの選び方

現在格安SIMの種類は非常に多くなっており、その中から自分に合ったものを選ぶ必要があります。そこでここからは格安SIMの選び方をご紹介していきます。

格安SIMは大きく分けると「音声通話SIM」と「データ通信SIM」の2種類に分けられます。この2つからまず自分がどちらの格安SIMを必要としているのか選んでいきましょう。データ通信SIMの場合はLINEなどを利用することで通話は可能となっております。

この2種類にSMS機能などのオプションが追加されたり、月々のデータの通信量毎に料金プランは分けられています。

格安SIMを使いたいと考えている場合は、値段に魅力を感じていることだと思うので、本当に求めている機能と容量だけは自分で判断し、そこから絞り込んでいきましょう。そして格安SIMを選ぶ時に絶対に見て欲しいものがこの2つです。

  • 通信速度と通信容量
  • 速度制限

この2つは確実に確認しておきましょう。通信速度はLTE対応のものから3Gのものまで用意されています。出来るだけLTE対応の方が良いでしょうが、LINE程度しか使わないというのであれば3Gでも構いません。

現在格安SIMでは1GBから10GB以上のものまで幅広く用意されています。現在自分が月にどれくらいのデータ通信を行っているか確認することで、自分に必要なデータ通信量は確認できるでしょう。

二つ目に見ておいてほしいものは契約したプランの容量を超えてしまった時の速度制限です。ほとんどの場合300kbpsに制限されるものですが、制限された時に容量を追加して高速通信に戻すことも可能になっています。容量を追加する値段や、どれくらいの容量が追加出来るのかも予め確認しておきましょう。

格安SIMの入門ガイドまとめ

格安SIMの入門ガイドは以上になります。格安SIMが安い理由やメリットやデメリットも把握して頂けたのではないかと思います。

ここから更に格安SIM会社をチェックして自分に合ったものを選ぶという流れになるのですが、その際に当サイトの格安SIM診断を利用してみてください。6個の質問に答えることで、自分に合った格安SIMを判断してくれるというものです。

その際にはどれくらいのデータ容量が必要かなどの情報も必要なので、事前に確認しておきましょう。