1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 総務省が決めたSIMフリー義務化とは!!消費者へのメリットとは
 

総務省が決めたSIMフリー義務化とは!!消費者へのメリットとは

総務省
SIMフリー

2015年5月よりsimロックフリーが義務化され、スマートフォンは全てsimフリー端末になります。毎月の通信料がわずか2000円前後になることも!?

2014年12月総務省がSimロック解除義務化に関するガイドラインを改正しました。それは2015年5月から端末のSIMロックを解除することを義務とする内容です。 言い換えるとSIMフリーの義務化と言えますが、私たちにどんな影響を及ぼすのか調べてみました。

name

総務省が決めたsimロック解除義務化とは?

総務省が決めたsimロック解除義務化というものは一体なんなのでしょう?

改正されたsimロック解除義務化ガイドラインの内容

すべての端末についてSimロック解除に応じるものとする」とあります。
これは各キャリアであるdocomo、au、softbankその他の電気通信事業者が販売するスマートフォンや携帯電話のSimロックを解除することができるように決められています。
これにより、私たちは、購入したスマートフォンやその他の端末を他の事業者で契約した場合にも使えるようになり、スマートフォンを買い直す必要が無くなります。
気に入ったスマートフォンが他のキャリアで使えなくて仕方なく別のスマートフォンを選ばなくてはならないということがなくなります。

ただし例外もあります。
「ただし、 simロック解除を行わないことが公正な競争頭利用者の利便の確保に大きな支障とならないと考えられるものについてはこの限りでない。」ともあります。
また「技術的にsimロック解除が困難な端末及び特定の事業者の通信方式、周波数のみに対応している端末想定しています。」ともあります。

つまりキャリアがロック解除が不要と判断したもの、またロック解除がキャリアでは不可能なスマートフォン等についてSimロック解除は行わなくても良いようです。

この場合に人気のスマートフォンである、iphoneはどうなるのかと思いますね。iphoneはSIMロックをApple社が管理しています。つまり各キャリア自身ではSIMロック解除が できない端末ということになるため、現時点でios端末のSIMロック解除は対応しない可能性が大きいです。

SIMフロック解除の経緯

総務省はなぜSIMロックの解除を義務化したのでしょうか?

その経緯としては、2010年に一度総務省はSIMロック解除の勧告を行いました。しかし、各キャリアの反応は薄く、SIMロックは一部の端末のみと限定になり、ほぼ無意味となってしまっていました。

そして各キャリアによるキャッシュバック還元戦争が勃発し、MNPをすると10万円など高額な金銭のやりとりが発生するようになったのです。
すると、MNPを短期的に繰り返すユーザーと長期的に1つのキャリアを使い続けるユーザーとの間に格差が発生するようになりました。

1つのキャリアを大事に使い続けるユーザーをキャリアは大切にする事が本来は大事なのですが、MNPを短期的に繰り返すユーザーの方が得をするようになってしまいました。長年使用しているユーザーの支払金がMNPのユーザーの元へ流れていくという図が出来上がってしまったのです。

キャッシュバック流れ 長期ユーザーは支払いを続けるのみで還元はない。しかしMNPユーザーは多額のキャッシュバックにより金銭的に得が増える。

この状況を打開するべくSIMロック解除を義務化し、MVNOなどの格安SIM使用の促進をすることで通信業界の健全化を狙ったものとなります。

docomo、au、softbankの反応

それぞれのキャリアはどのように考えているのでしょうか?

docomo 現在docomoはアンドロイドスマートフォンの一部にSIMロック解除を可能にしています。
auは現在SIMロック解除可能な端末はありません。またauの端末は使用電波が他と違う為SIMロック解除してもあまり利便性は無い状態です。
softbankは総務省へSIMロック解除をしても意味はないとデータを提出しているようですが、一部のまったく人気のない機種のみSIMロック解除を可能にしてそれらの利用数を提出しているようです。

各キャリアとも渋っているようですね。

私たち消費者にとってはどう変化するの?

私たちの身近なアイテムスマートフォンに関する取り決めが変わるのですが、それがどんな影響を生むのでしょうか?

MNPしても端末を買い替えずに済む

まず、現在使用しているスマートフォンが他社や格安SIM会社で使用可能になるということ。現在契約しているキャリアの電波やプランに不満がある場合に容易に他のキャリア等に乗り換えができます。
各キャリアはこれからサービス度や料金プラン、電波改善など、ユーザー満足度に追われることになりそうですね。

デメリットは?

また、デメリットも考えられます。

auは通信電波が特殊なため、aukスマートフォンは他社の電波では使用できない場合が多くあります。そのためauのスマートフォンを持っている方にはあまり意味がなくなる可能性があります。 また、端末購入時の割引額が減る可能性もあります。その機種をずっと使い続けても同じキャリアで使い続けてもらえるわけではないため、キャリアからしてみれば優遇度が減るためです。

また、docomoの機種の一部では、SIMロックを解除するとテザリングという機能が使えなくなる場合があります。

格安simが使えるメリットは?

そしてメリットはというと、まずはもちろん利用料金が変わるということです。格安SIMのプランを使用することも可能になるので料金の安い会社へ変更する事ができるようになります。

格安SIMに変えると、現在の7000円近く払っている毎月の料金が、わずか2000円前後になってしまいます。びっくりするほど安くなってしまうので、この日本の高い携帯電話料金も次第に低価格になり健全化することでしょう。

また、愛用している機種をどの通信会社に変えても使える為、機種変更によるスマートフォンのバックアップの手間などがいらなくなります。

SIMロック解除料は?

総務省からのガイドラインにはこう記載されています。

「事業者が無料でロック解除可能な代替手続を設けているにもかかわらず、利用者の選択により店舗等での解除を行う場合には、事務手数料を請求することを妨げるものではない。
また、既に自社の役務契約を解した利用者について、店舗での解除を行う場合には、事務手数料を請求することを妨げるものではない。」
とありますので、基本的にインターネットや電話でのSIMロック解除料は無料ということになりますが、店頭でのSIMロック解除申し込みは料金が発生しても良いとなっています。

インターネットで手続きができるのであればそちらを利用する方が良いということですね。

Simフリー義務化のまとめについて

ここまで総務省の発表したSIMロック解除義務化のガイドラインを紹介しました。

1、2015年5月より販売のスマートフォンに対して原則SIMロック解除ができるようになる
2、SIMロック解除料は無料
3、ただしSIMロック解除が不可能なスマートフォンは解除しなくても良い
4、一部機能制限が発生する端末もある

ということでした。
まだガイドラインですので、きちんと決定するのにはまだ時間がかかりそうですが、少しでも消費者の私たちに恩恵のある取り決めであって欲しいと思います。

SIMロック解除が義務化になり、格安SIMが使えるようになって期待に胸を膨らませているみなさん。今のうちから自分にあった格安SIMプランを見つけておきませんか?下からシミュレーションができますのでピッタリのプランを見つけてみましょう