1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. SIMフリーのスマートフォンのメリットとおすすめ機種3選!
 

SIMフリーのスマートフォンのメリットとおすすめ機種3選!

?????????????????????????????????????????????????
SIMフリースマホ

通信料金を節約するために利用する格安SIMですが、SIMカードを挿す本体はSIMフリーでなくてはなりません。今回はSIMフリースマートフォンを使うことのメリット・魅力をお伝えします。言葉は聞いたことあるけどよく分からないという方は必見です!

通信料金を節約するために利用する格安SIMですが、SIMカードを挿す本体はSIMフリーでなくてはなりません。SIMフリーってよく聞くけれど何なのかよくわからないという方は、今回の記事をぜひチェックしてみてください。SIMフリーのスマートフォンを使うことのメリット・魅力をお伝えします。

SIMフリーのスマートフォンって何?

pixta_12938349_M

中に入れるSIMカードの事業者に制限がないスマートフォンのことをSIMフリーのスマートフォンと呼んでいます。略称としてSIMフリースマホと呼ばれることも非常に多いです。

SIMフリーが登場する前では、SIMカードは契約している通信事業者のみに制限されていました。ドコモの端末ならドコモのSIMカードのみに対応、auならauのみ、ソフトバンクならソフトバンクのみといった具合です。このようにSIMフリーとは逆に、ロックがかかっている状態を「SIMロック」と呼びます。

2014年あたりから、格安の料金プランを提供する格安SIMの事業者が急増するにつれ、格安SIMを利用するために必要なSIMフリースマートフォンも増えていきました。現在ではSIMフリースマートフォンを単独で販売する形式のほか、格安SIMカードとのセットで契約を行うケースも増えました。このセットの形式が「格安スマホ」と呼ばれているものです。

SIMフリーのスマートフォンを使うメリット

pixta_20291446_M

格安SIMを契約・利用できることが最大のメリットです。格安SIMのプランは大手キャリアと比較して半額以下になることもあり、多くの方にとって通信料金の節約につながります。

SIMカードを簡単に入れ替えて使うことが可能ですので、契約するMVNO(通信事業者)を変更することが容易で、中に入っているSIMカードを入れ替えればOKです。わざわざ別の端末を用意する必要はありません。

SIMフリーのスマートフォンを使う際の要注意点

pixta_12487279_M

MVNO(通信事業者)が使っている回線の種類と対応端末には十分に注意してください。ドコモの回線を使っているMVNOでは、auの端末を使うことはできません。マイネオのようにドコモ・auの両方の回線に対応しているMVNOではどちらでも利用可能です。

SIMフリーは海外でも利用できることで人気がありますが、海外では日本のような高速通信網が整備されていない地域も多々あります。周波数帯は国によって異なりますし、そもそも端末ごとに対応周波数が異なります。海外利用する場合は、使用する端末の対応周波数と、現地の回線状況について調べておくと良いでしょう。

SIMフリースマホはどんな機種が人気?

pixta_20210916_M (1)

SIMフリースマホで人気なのは1万円台~3万円台で購入できるモデルです。1万円台の低価格の端末は、メールやLINEの利用が中心のユーザー向けです。全体的にスペックは控えめなことが多いですが、テキストのやり取り程度と軽いWeb閲覧ならまったく問題ありません。

2万円台では処理能力やバッテリーの容量が増えた端末が多く、3万円台の端末は防水・おサイフケータイなどの付加価値が加わったものが多くなります。選び方としては、自分の求めている機能が何かを判断してから必要なものを選ぶという考え方が重要です。

SIMフリースマホのおすすめ機種3選

SIMフリーを初めて使う初心者の方におすすめの機種をご紹介します。コスパが抜群の機種を選んでみたので、ぜひチェックしてください。

Priori3S LTE

出典:FREETEL 公式サイト

「ニクキュー(299円)」のナレーションが印象的なCMでおなじみの、FREETEL(フリーテル)から販売されている低価格モデルです。17,800円(税抜き)という価格ですが、通常使用に必要なスペックはきちんと揃えています。さらに、4,000mAhという大容量バッテリーが魅力的で、長時間の使用でも安心の端末です。

Priori3Sを購入できる通信事業者

公式サイト:FREETEL

ASUS ZenFone2 Laser

出典:ASUS 公式サイト

2万円台で安定した人気を集めている端末の1つがこちら。ASUSは格安のPCでもおなじみのメーカーです。海外メーカーの端末の大きな特徴は、余計なアプリが含まれていないことです。こちらの端末は低価格ではありますが、カメラ周りの機能にこだわりが感じられます。

ASUS ZenFone2 Laserを購入できる通信事業者

公式サイト:OCN モバイル One

公式サイト:楽天モバイル

公式サイト:BIGLOBE

公式サイト:IIJmio

公式サイト:DMM mobile

富士通 arrows M-02

出典:富士通 FMWorld 公式サイト

3万円台からは国産の端末をご紹介します。防水・防塵・おサイフケータイなど国産端末を使ってきたユーザーには便利な機能を備えていて、コスパも非常に優れています。国産ならではの安心・信頼感も重視する方におすすめの機種です。

富士通 arrows M02を購入できる通信事業者

公式サイト:mineo

公式サイト:BIGLOBE

公式サイト:楽天モバイル

公式サイト:IIJmio

公式サイト:DMM mobile

公式サイト:U-mobile

公式サイト:UQmobile

SIMフリースマートフォンを使って通信料金を節約してみませんか?

pixta_20291439_M

SIMフリースマートフォンのメリット・おすすめ機種について解説しました。SIMフリー端末は通信料金の節約のためになくてはならないアイテムです。1つの通信事業者に縛られることなく、MVNOを変更することも簡単にできます。

少し前までSIMフリースマートフォンの種類は限られていましたが、格安SIM利用者の数が急増するとともに、さまざまな個性を持った端末が登場しバリエーションが豊富になりました。端末ごとに特徴がありますので、ご自身が必要としている機能をしっかり判断して選んでみてください。