1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 50歳でスマホをオトクに始めるには?
 

50歳でスマホをオトクに始めるには?

6ff6f06abd91409354810a8cdebcae40_s
スマホ

もう若者にはついていけない、パソコンで精一杯、とスマホデビューあきらめてませんか?実はスマートフォンはとても簡単で一通りのパターンのことを繰り返すだけなのです。なので怖がらずにスマホにチャレンジしてみましょう!

若者がスマートフォンを持ってどんどん陸奥買っている中で中年の方やおじいちゃんやおばぁちゃんにも段々とスマホが浸透してきました。 使いこなせないからスマートフォンはやめておこう、使い方が分からなくなったら大変だから。そんな風に思ってスマートフォンを避けていませんか?

name

実はスマートフォンはとても簡単で一通りのパターンのことを繰り返すだけなのです。ですから怖がらずにチャレンジしてみませんか?。50歳でもスマホは簡単に使いこなせるアイテムだときっとお分かりになられるでしょう。

スマートフォンは一体何をする道具なの?

みんな街で電車で仕事場でスマートフォンと見つめ合っていますよね?何をそんなに真剣にスマートフォンを使っているのでしょうか?

スマホとケータイの違い

1996年頃から流行りだした携帯電話は爆発的な流行で、20年近く経った今では生活の必需品となっています。 携帯電話はその名の通り電話です。でもスマートフォンでもみんな電話をしています。

そうスマートフォンも電話なのです。みんな電話を見ているのです。

携帯電話は電話の他にメール、ゲーム、インターネットが主な使い道でした。このうちゲームとインターネットは携帯電話用に用意された物で本当に携帯電話の小さい画面用に 作られた物でとても見にくいものでした。
ですのでインターネットは家でパソコンを使ってするもの。これが常識でした。

lgf01a201408122000

ところがスマートフォンはこの常識を破ります。

携帯電話の通信を使ってどこででもパソコンと同じようにインターネットを使えるようにする。簡単に持ち運べて電話もできるパソコンを目指したのがスマートフォンです。 そしてそのスマートフォンはその便利さ、お手軽さから爆発的に流行し、今では国民の半分の方がスマートフォンを使っています。
スマートフォンはパソコンと同様にインターネットができ、ゲームでもなんでもこなせる携帯電話の進化版なのです。

(ここから以下はスマートフォンをスマホと略させていただきます。)

50代の人のスマホの使い方

ではそのスマートフォン(以下スマホ)を同年代の人や高齢の方は何に使っているのでしょうか?

そのほとんどがアプリです。 スマホではインターネットに掲載されている情報が一つ一つのジャンルに纏められていたりします。

パソコンだとインターネットから知りたい情報を探しますよね?
ですが、スマホはインターネットの中の知りたい内容を一つのアプリケーションというプログラムに纏められているので、パソコンよりも便利に知りたい情報を手に入れる事が できるのです。

スマホ使い方の例
例えば、料理のレシピ。インターネットで今晩のおかずを何にしようかと探して見たことのある方もいらっしゃるのではないですか?
パソコンの電源を入れて、windowsが起動するのを待って、インターネットに繋いで料理レシピを探す・・・。これがスマホであれば、スマホのボタンを一つ押せばスマホがすぐに使える状態になり、そしてレシピがたくさん詰まったアプリにタッチするだけ。それだけで料理レシピを探すことができるのです。
ですのでキッチンでスマホを見ながら料理することも可能です。

こんなふうに便利にスマホを使っている50代以上の方は他にも

GoogleMAP
お出かけに地図を見る
LINE
メールより手軽にメッセージを送れる
ショッピング
インターネットから欲しい商品を購入する
等々、をスマホから使っているようです。 もちろん電話もメールも使っています。

始めは難しいと思ったけど3つのことを覚えると余り困らなくなるそうです。

スマホを手に入れよう

では、スマートフォンが一体どういった物か分かったらやはり欲しいですよね?スマホは種類も多くてどれがどんなふうにいいのかなんて、売ってる店員さんも分からなくなるくらいです。

オススメはiphone(アイフォーン)

そこでオススメなのはiphoneです。

スクリーンショット 2015-03-23 17.49.59

Appleより

iphoneは「初心者でも非常に使いやすい」を元に設計されていますから、スマートフォンを始めるならiphoneが良いでしょう。実際本当に使いやすいです。

どんな感じなのか動画を紹介します。iphone使い方動画

iphoneを手に入れよう

ではそのiphoneですが、パソコンからインターネットで簡単に購入ができます。

今iphoneシリーズの最新はiphone6とiphone6plusです。しかし、今はドコモやauやソフトバンクでしか契約しないと購入できません。
ですが、一つ前のiphone5sであればインターネットから購入可能です。

iphoneの製造メーカーのAppleのホームページから購入できます。ですがインターネットから購入はなんだか不安の方もいるでしょう。その場合は電話でも購入ができます。

iphone5s購入ページ
Apple購入相談窓口
0120-993-993

基本的な使い方

ここでiphoneの基本的な3つの操作方法を知っておきましょう。

3つの操作方法は指の使い方です。それは

タップ
画面をタッチ
ピンチ
指2本で拡大縮小
フリック
上下左右に画面を移動
この3つです。

この動画をみると分かりやすいでしょう。 iphone使い方マニュアル

スマホを安く使えるようにしよう

スマホを使ってみたいって思ってここまで見てきましたがやはり心配なのは毎月のお金。
毎月いくらかかるのかしら?と不安も多いでしょう。ここでだけ安く使えるお話を教えます。

普通スマホを使う場合は毎月7000近くの料金がかかります。家族やお知り合いの方もみんな7000円近くの料金を毎月支払っているはずです。ですが、今はもっともっと安い料金でスマホが使えます。それは格安SIM(シム)です。

格安SIM

格安SIMはまだ聞いたことの無い方もいると思いますが、今年になってどんどん知名度があがり最近ではヤマダ電機など大手電機店でも見かけるようになりました。
この格安SIMだと毎月の料金を2000円未満にすることが可能です。

そしてその格安SIMの中でも安心してつかえるのがIIJmio(アイアイジェーミオ)という会社です。

ここで料金やプランを簡単に紹介しますが、きっと見てもさっぱりわからないでしょう。
でも安心してください。しっかり丁寧に説明します。

プラン名
内容
月額料金
内訳
ミニマムスタートプラン音声通話付き1600音声通話700円+インターネット接続通信料900円
ライトスタートプラン音声通話付き2220音声通話700円+インターネット接続通信料1520円
ファミリーシェアプラン音声通話付き3260音声通話700円+インターネット接続通信料2560円

IIJmioを契約しよう

IIJmio(みおふぉん) という会社は通信会社です。ドコモやauやソフトバンクと同じ会社です。

スマホを使う場合、インターネット契約が必須になります。IIJmioのスマホのインターネット契約は使う頻度に対してプランを割り振っています。
あまりインターネットを使わない場合は2GB、たくさん使いたい場合は4GBや7GBを選びます。

ここでのGB(ギガバイト)は通信した量です。スマホの画面にホームページを表示する場合、その表示される文字や写真一つ一つに情報量があります。文字や写真一つ一つはぜんぜん大した情報量ではありませんが、それがたくさん積み重なると情報量が増えます。

ですのでたくさんインターネットでホームページやブログを見たり、買い物をしたりする方は4GBや7GBを選ぶと良いでしょう。ですが、後からのプラン変更も可能ですので、まずは2GBから始めると良いでしょう。

また、IIJmioをインターネットから購入する場合はこちらを参考にしてください。 http://simchange.jp/iijmio-sim-signin/

また、よくわからない場合は電話からサポートも受けられます。
IIJmio相談窓口
03-5205-4433

また、スマホでも今と同じ電話番号を使いたい場合は乗り換え申請をしなくてはいけません。使ってする携帯電話のお店に行ってMNP予約番号を取得してください。

主な注意事項

IIJmioを紹介しましたが、かならず知っておかなくてはいけない条件があります。

  • 違約金
  • メールアドレス変更
  • LINEなどの年齢認証不可
です。

一つづつ説明しますね。

まず違約金。
携帯電話などの電話番号を取得する場合に最近では1年契約や2年契約というものが発生します。これは契約したら2年は必ず使いますとか、2年ごとに契約を継続するか更新するか決めますという約束を交わされます。
IIJmioでは電話の契約もある場合は1年契約になっています。最低1年間は使い続けてくださいという契約ですね。ですが1年使った後はいつ解約しても料金は発生しません。

次にメールアドレス。
今使っているメールアドレスは今使っている携帯電話会社からの貸与になります。ですから今の携帯電話会社をやめてしまうとメールアドレスは無くなります。
しかし、今ではメールアドレスはGmailやYahooメールを使っている人がほとんどです。
個人間でのメッセージはLINEが主ですのでメールアドレスに固執しなくても良いでしょう。

そしてLINE等の年齢認証です。
スマホでアプリを使う場合、年齢認証という本人確認に似た証明を必要とすることがあります。
通常ドコモやau、ソフトバンクでは固有のIDを通して認証確認するのですが、格安SIMでは認証機能を搭載していないので年齢認証はできません。
ですが、今携帯電話を使っている方はもともと年齢認証を使う場面はなかったのですから今後も使うことはあまりないでしょう。

以上のことを注意事項として覚えておきましょう。

50歳から始める初めてのオトクなスマホまとめ

ここまでスマホとIIJmioの説明をしました。手続き時間は全部で30分から1時間程度でしょうか。これでみなさんも簡単にスマホデビューできます。しかも格安です。

使い方も簡単なiphoneに毎月が格安の料金。
こんな便利な使い方がスマホにはあるのです。
さぁ、怖がらずにスマホデビューしましょう。