1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMの始め方を分かりやすく解説!購入方法から開通までの流れ
 

格安SIMの始め方を分かりやすく解説!購入方法から開通までの流れ

pixta_556914_M
SIMカード

格安SIMを知ってはいるけれどどのようなものなのか分からず難しそうだと思っている人も多いのではないでしょうか。ここでは格安SIMの始め方として購入方法から実際に使いはじめるまでの流れをご紹介していくので、今まで格安SIMに乗り換えたいと思っていたけれど難しそうだと思っていた方はぜひ参考にしてください。

格安SIMという言葉を聞いたことがあるけれど、使うのは難しそうだと考えている人は多いと思います。そのような人のために今回は格安SIMの始め方を分かりやすく説明していきます。格安SIMを購入する方法から、格安SIMを使いはじめるまで解説していくので、これから格安SIMを使っていきたいけど設定方法などが分からなくて不安だという人はご覧ください!

格安SIMの始め方

では早速格安SIMの始め方を説明していきます。一つ一つ分かりやすい言葉で丁寧に説明を行っていくので、知っている部分があれば飛ばしてくださって構いません。

MNP予約番号を手に入れる

現在使っている携帯番号をそのまま引き継ぎたいという場合はMNP予約番号を手に入れないといけません。MNP予約番号は現在契約している大手通信会社の店舗かオンラインショップで取得可能になっています。

もしも新規の番号が使いたいという場合や、2台持ちにするという時はこの手順は行わなくて大丈夫です。

格安SIMの購入方法

まずは格安SIMを購入していかないといけませんが、格安SIMの購入方法は複数あります。

  • ネットショップ
  • 家電量販店
  • 独自店舗

独自店舗がある格安SIM会社はこちらです。

  • Y!mobile(ワイモバイル)
  • 楽天モバイル
  • OCN モバイル ONE
  • U-mobile(ユーモバイル)
  • BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)
  • もしもシークス
  • TONE
  • b-mobile(ビーモバイル)
  • スマモバ

この3つが格安SIMの購入先となります。ただし格安SIMを購入しただけでは格安SIMの運用は出来ません。

SIMフリースマホを準備しよう

格安SIMを購入しても、格安SIMを運用できるSIMフリースマホが必要になります。SIMフリースマホを準備するには現在使っている端末のSIMロックを解除するか、新たにSIMフリースマホを購入する必要があります。まずはSIMロック解除の流れをご紹介します。

docomoのSIMロック解除方法

docomoは端末を購入してから6ヶ月が経過した時に、SIMロック解除に対応している端末の場合はSIMロック解除が可能になります。その端末は2015年5月以降に発売された端末である必要があります。申し込みは、店頭または電話、オンラインショップからの3通りが可能で、オンラインショップの場合は無料でそれ以外だと3,000円の料金が発生します。

auのSIMロック解除方法

auは端末を購入してから180日以上経過している時に、SIMロック解除に対応している端末はSIMロック解除に応じてくれます。docomoと同じで2015年5月以降に発売された端末でないといけません。申し込みもdocomoと同じで、料金もdocomoと同じとなっています。

SoftBankのSIMロック解除方法

SoftBankは端末を購入してから181日目以降にSIMロック解除に対応している端末のSIMロック解除を行ってくれます。SoftBankも2015年5月以降に発売された端末の必要があります。申し込みと料金もdocomoやauと同じとなっています。

SIMロック解除を行ったとしても、他の事業者の回線を使えるかどうかは端末によって異なります。端末によって対応している周波数帯域が違うため、もし周波数帯域が違っていたら使えないということも起こります。そのためSIMロック解除を行う場合は、周波数帯域も確認しましょう。

そのためSIMフリースマホを格安SIMとセットで購入することが一番安全となっています。機械に強く調べ物も得意だという場合であればSIMロック解除後に周波数帯域を確認すれば良いのですが、働いている場合や機械が苦手な人には難しいでしょう。格安SIMとセット販売されている端末であれば、その格安SIMで動作することは確認されているので安心です。

格安SIMを挿入しネットワーク設定を行おう

格安SIMと格安SIMに対応した端末を手に入れたら、格安SIMを格安SIMに対応した端末に挿入しましょう。セット販売されたものの場合は行わなくて良いこともありますが、ここから自分で設定しないといけないこともあります。この設定を行わないと電話とSMSに繋げれないので気を付けましょう。

Android端末の設定

Android端末は「設定アプリ」を開き、「その他」をタップ、「モバイルネットワーク」をタップ、最後に「通信事業者」を押すことでネットワークの検索が開始されます。検索が終わると端末に応じて通信事業者が表示され、自動的に選択を行ってくれます。

iPhoneの設定

iPhoneの場合は「設定アプリ」を開き、「キャリア」をタップすることでネットワークの画面になり完了です。自動で選択を行われますが、もし繋がらない時には手動に変更をしないといけません。

APN設定を行おう

ネットワークの設定を行ったらAPN設定を行いましょう。ネットワーク設定だけでは電話とSMSしか利用できず、インターネットに繋ぐためにはAPN設定が必要なのです。

Android端末の設定

Android端末は設定アプリ」を開き、「その他」をタップ、「モバイルネットワーク」をタップ、「アクセスポイント名」をタップ、「画面の右上にある+」をタップし、APNやユーザー名、パスワードを入力しましょう。その後保存をタップし、登録したAPNをタップすれば完了です。

iPhoneの設定

iPhoneは利用する格安SIM会社で用意されているプロファイルをインストールする必要があります。そのためiPhone単体で設定を行うときにはWi-Fiが必要となります。Wi-Fiに繋げば格安SIM会社のホームページからプロファイルをインストールするだけで完了です。

格安SIMの選び方

格安SIMの始め方は以上になりますが、格安SIMを選ぶことが難しいという人も多いでしょう。そんな人のために格安SIMはどうやって選ぶと良いのかまとめたので参考にしてください。

通話するかどうか

格安SIMは通話対応SIMとデータ通信SIMの2つ用意されています。通話をするのであれば通話対応SIMを、しないのであればデータ通信SIMを購入しましょう。データ通信SIMの場合、音声通話SIMよりも安くなっています。

現在の通信容量で選ぶ

現在のスマホでどれだけ通信を行っているのか確認してみましょう。もしも3GB使っているという場合であれば3GBのプランが用意されている格安SIMを選びましょう。無駄にお金を使わないためにも予め確認しておくことが大切です。

オプションで選ぶ

格安SIM会社によってオプションで端末が壊れた時の補償や遠隔サポートを行ってくれるところもあります。初めて格安SIMを使っていくという場合は不安なことも多いと思うので、オプションが充実している格安SIMを選ぶことも大切です。

格安SIMの始め方まとめ

格安SIMの始め方や選び方は以上になります。このページに載っていることを行っていけば購入後の設定に困ることもありません。

購入前でどの格安SIMを選ぶか迷っているという方は先程紹介した格安SIMの選び方を参考にしたり、当サイトにある格安SIM診断を利用すると自分の使い方に合った格安SIMが確認できるのでおすすめです。