1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 子どものスマホ選び困っていませんか?
 

子どものスマホ選び困っていませんか?

ba7a0a4793b7d8c029ea3cfb8f7fe610_s
スマホ

子供もスマホが欲しいとおねだりする時代、さてあなたはどんなスマホを子供に持たせますか?あなたの子供は有害サイトに触れていませんか?

携帯電話、スマートフォン、みんなが持つようになって何年もたちました。スマートフォンを使っている小学生も最早珍しくない時代です。でも子供の通信費とか考えた時にゾッとしませんか? 学費や塾、習い事、たくさんお金が必要です。できれば少し節約したいところ。今回は子どものスマホに焦点を当ててみました。

name

子供にもスマホを持たせる人はどれくらいいるのか?

では実際に子供さんにスマホを持たせている方はどれくらいいるのでしょうか?

小学生

ちょっと古い記事のソースになりますが、小学生は全体の3割強〜5割のお子さんがスマホを持って使っているのだそうです。

スマホだとGPSで居場所が分かる、電話で連絡が取れる等のメリットがあるのでしょう。
小学生だとまだ遊びに行かせるのが心配な時もありますので、持たせる傾向もあるのかも知れません。

http://todo-ran.com/t/kiji/14679

中学生

中学生になるとすでに7割の子供が使用しているようです。

スマホ使用の理由で高いのはLINEです。 中学生になると欲しがる人も多くなり、また友人達も持つ人が増えるため、かなり所有率増加になっています。

http://todo-ran.com/t/kiji/14683

高校生

高校生になると8割以上がスマホを所有しています。

周りが持っている、バイトできるから自分で携帯代を負担できる等の理由からスマホを持つ人は多いようです。 また、スマホでなくとも携帯電話所有率も考えると98%が所有していると考えられます。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1405/26/news119.html

スマホの料金

そうなってくると子供にスマホを持たせるのは仕方が無い事かもしれません。しかし、やはり経済的に負担になります。

学割スマホの料金

スマホを契約する場合子供の名義で契約すると学割という割引が可能になります。
学割は学生本人のみならず、家族に対しても割引対象となります。
ドコモ、au、ソフトバンク共に今年も学割を展開していますが大体が年間18000円程度の割引になります。

すると料金としては月の割引が1500円程度です。

ドコモ

プラン名
内容
月額料金
備考
カケホーダイ国内通話無料基本料2700
SPモードインターネット接続料300
パケットパックデータSパック2GB3500
データMパック5GB5000
データLパック8GB6700
シェアパック1010GBシェアオプション別途500円
シェアパック1512500シェアオプション別途500円
シェアパック2016000シェアオプション別途500円
シェアパック3022500シェアオプション別途500円

au

プラン名
内容
月額料金
備考
電話カケホーダイ+誰でも割国内通話無料2700
LTE NETインターネット接続料300
データ定額2GBパケット通信料3500
データ定額3GBパケット通信料4200
データ定額5GBパケット通信料5000
データ定額8GBパケット通信料6700
データ定額10GBパケット通信料8000
データ定額13GBパケット通信料9800

月に6500円ほどは利用金が必要になるので6500-1500=5000円
月に子供のスマホ代に5000円ほどかかる可能性があります。(端末代の月サポ等を計算するとこれより安くなる場合もあります)

格安SIMを導入すると

毎月5000円がお子さんに必要になると試算しましたが、大体の家庭ではお子さんは二人ほどいる場合が多いと思います。

すると二人で毎月10000円が必要になります。 その他に学費、塾、習い事があると月に一人5万ほど必要になったりします。

少しでも節約したいですね。

そこで格安SIMを導入すると毎月の料金が最安だと1600円ほどになります。
大体の格安SIMサービスは、電話基本料金が700円。2Gパケットが900円程度なのです。
もちろん格安SIMで使うスマホが無い場合等は機種代金もかかってきますのでもう少し必要になりますが、それでも3大キャリアで契約するよりは安くなる場合が多いです。

IIJmio

プラン名
内容
月額料金
内訳
ミニマムスタートプラン音声通話付き1600音声通話700円+インターネット接続通信料900円
ライトスタートプラン音声通話付き2220音声通話700円+インターネット接続通信料1520円
ファミリーシェアプラン音声通話付き3260音声通話700円+インターネット接続通信料2560円

公式サイト:IIJmio 音声付きSIM

子供にスマホを持たせる場合のセキュリティ

さて子供にスマホを持たせるとなると心配なのが有害サイトの存在です。

大手のキャリアであればフィルタリングサービスがありますが、格安SIMでは成人が契約するようになっていますので、お父さんお母さんの契約で子供さんが使用したりするようになることもあります。そのためフィルタリングサービス等はないので、保護者が制限をかける必要が出てきます。

フィルタリング1、アプリインストール制限

iphoneでは機能制限をかけることができます。また、AppleIDのパスワードを子供に教えないようにしたりすることで有料アプリを勝手に購入しないように制限することが可能です。

Android系ではその辺は結構緩いところがあります。ですが、PIN設定をすることでアプリインストール制限をかけることが可能です。http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1407/02/news033_2.html

フィルタリング2、web制限

ネットの利用時間を決めたり有害サイトを見れなくしたりといったフィルタリングが可能になるアプリがあります。

androidはこちらから iphoneはi-フィルターforiOS Yahoo!あんしんねっと これらのアプリを使ってwebの制限をかけるようにしましょう

子供は興味本位で新しい事を発見したりしますが、それが時に有害になったり、事件に発展したりしますので、しっかりと子供を守るようにしましょう。

子供向けスマホ

フィルタリングはアプリで可能でしたが、子供向けに作られたスマホだともっと良さそうです。最近は子供用にスマホが販売されています。

Fairisia フェアリシア

小学生には良いと思われます。

こちらのスマホは専用の格安SIMを使用する事にはなりますがスマホも安く月額料金も2390円と手頃です。さらにフィルタリング制限が始めからかかっています。お手軽に子供さんに持たせるのに良いと思います。

Fairisia フェアリシア

docomo スマートフォン for ジュニア2 SH-03F

子供向けのスマホです。ドコモで2014年に販売されていたタイプになりますので、中古でも手に入るかもしれません。

ドコモのスマホであれば格安SIMでも利用可能ですのでこのタイプもオススメです。通話制限やインターネット制限機能も可能ですので中学生あたりの子供に良いと思います。

miraie

auから登場したmiraie。

既にチェックされた方もいらっしゃるかもしれません。
防犯ブザーもあり、さらに不適切な文字を入力すると注意を促すようになっています。また、使用した言葉は後で保護者も見る事ができます。しっかりと子供を監視することが可能になるスマホです。

格安SIMで使用する場合はUQmobileまたはmineoになりますが、スマホ本体はauでしか販売されていませんので、中古を探すか、またはauで契約した後に格安SIMで使用するのが適切と思われます。

子どものスマホまとめ

自分の子どもにスマホを持たせるのは結構ハードルが高く、また心配が増える部分でもありますので、しっかりと下調べをして持たせる必要があります。

また、キャリアでのフィルタリングでは塾のwebサイトがみれない、学校のお知らせが見れない等の問題も出てきますのでキャリアのフィルタリングに頼らずに運用していくのが望ましいです。
また、格安SIMを導入する事によって月のコストを抑えることも可能です。子供の通信費削減や子供の安全もしっかりと守って安全なスマホライフを送りましょう。

下記の診断からお子様に適切な格安SIMを探して下さい。