1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMが安い理由って何?格安SIMが安い理由を分かりやすく解説!
 

格安SIMが安い理由って何?格安SIMが安い理由を分かりやすく解説!

Why Question Reason Curious Confuse Concept
SIMカード

格安SIMという言葉を聞いたことがある人は非常に増えてきていますが、なぜ格安SIMが安いのかその理由まで知っている人は少ないのではないでしょうか。今回はなぜ格安SIMは安いのか、理由も含めてご紹介していくので、今後格安SIMを使っていきたいという人は確認してください!

格安SIMは最近非常に注目を浴びるようになってきているので、普段の生活でも格安SIMという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。格安SIMという言葉を聞いたことがあっても、なぜ格安SIMが安いのか理由まで知っているという人はほとんどいないでしょう。ここでは格安SIMが安い理由を分かりやすく解説していくので、安くなっている理由が分からなくて格安SIMを購入しづらいという人は是非御覧ください!

格安SIMが安い理由

では早速格安SIMが安い理由をご紹介していこうと思います。

格安SIMが安い理由は維持費がかからないから

docomoやauなどの大手通信会社は、基地局などの通信設備を持っていますが、格安SIMの会社は大手通信会社に通信設備を借りているので、通信設備を維持するために必要な費用がかかりません。その分レンタル料金は発生していますが、通信設備の増強やメンテナンス、通信設備に関する人件費などがかからないので安く抑えられているのです。

それ以外にも大手通信会社は店舗や広告、CMなどをどんどん出しているのに対して格安SIMはあまりこれらにお金をかけていないことも、価格が安くなっている理由になります。

通信回線を借りているから繋がるエリアは変わらない

大手通信会社に通信回線を借りているので、繋がるエリアはdocomoやauなどと変わりありません。格安SIMと聞くと電波が繋がりにくいのではないかと思ってしまうかもしれませんが、繋がるエリアに変わりはないので安心してください。

繋がるエリアは変わらないものの、大手通信会社に回線を借りているため、借りている帯域が少なくなっている可能性もあり、その場合は速度が低下してしまうことがあります。

この現象は全ての格安SIMで起こるものではなく、一部の格安SIMで一部の地域、一部の時間帯だけで起こってしまうものとなっているので、自分の地域の口コミなどを調べてみると良いでしょう。

サポートに違いがある

格安SIMが安くなっている理由にサポートの違いが挙げられます。大手通信会社は、全国に展開されているショップでのサポートもありますし、電話でのサポートも用意されています。ですが格安SIMのサポートはWebサイトからのメールサポートや電話サポートのみとなっていることがほとんどです。

そのため何かしらの不具合が起きた時はある程度自分で調べないといけなくなってしまいます。スマートフォンが故障している可能性がある場合は、格安SIM会社ではなくスマートフォンのメーカーに問い合わせないといけませんし、通信に問題がある場合は格安SIM会社に問い合わせる、などの判断力も求められます。

格安SIMと大手通信会社の料金の違い

格安SIMの料金は大体2,000円前後となっていますが、大手通信会社の料金は6,000円前後が一般的となっています。なぜこのように料金が異なっているのかというと、通信料金には相場がなく通信事業者が自由に値段を決めて良いのです。

大手通信会社は価格を高めて、品質を高めることで競争を行っていたのですが、そこに格安SIM会社が進出してきて価格で競争を始めたということです。

格安SIMと大手通信会社のプランの違い

格安SIMと大手通信会社の違いは料金プランの選び方にも出ています。大手通信会社はまず電話のことが考えられており、電話がないプランはありません。

反対に格安SIMはデータ通信のことがまず考えられているので、データ通信だけのプランが用意されていることが特徴になります。つまり大手通信会社は電話を使いやすくなっており、格安SIM会社はデータ通信を使いやすくなっています。

格安SIMのメリット

格安SIMは安いだけがメリットではありません。大手通信会社と比較して様々なメリットがあるので、ここからは格安SIMのメリットをご紹介していきます。

縛りがほとんどない

大手通信会社は2年毎に契約が更新されるので、更新月に乗り換えをしないといけません。更新月以外の乗り換えだと違約金がかかってしまいますし、乗り換えずに使い続けると月額料金が値上がりしてしまうことがほとんどです。

格安SIMの場合は何年使っても同じ料金のままですし、データ通信SIMやSMS付きSIMの場合であれば解約や乗り換えの際に違約金がかかることもありません。

スマートフォンを長く使い続ける

大手通信会社の場合は2年契約だと実質0円でスマートフォンを購入できるため、まだ使い続けられるスマートフォンでも変更してしまうことが多くなっています。ですが変更しなければしないで高い月額料金を支払うことになってしまうのでお得だということでもないのです。

格安SIMの場合はスマートフォンを自分で購入しないといけませんが、縛りがないので端末が壊れるまで使い続けられるようになっています。2年以上は使い続けられることがほとんどなので、大手通信会社の時と比較すると安くなることが多いのです。

格安SIMのデメリット

良いところも多くある格安SIMですが、大手通信会社と比較して悪いところも存在しています。ここからは格安SIMのデメリットをご紹介していきます。

通話料金が高い

格安SIMの通話料金は30秒で20円となっていて、大手通信会社の通話し放題などと比較すると高くなっています。プライベートな用事での通話であればLINEなどを代用すれば問題ありませんが、ビジネスの電話も自分のスマートフォンで行っているという場合は気を付けないといけません。

キャリアメールが使えない

大手通信会社にはキャリアメールが存在していますが、格安SIMにはキャリアメールはありません。そのためGmailやYahoo!メールなどを利用していくことになります。最近はLINEの台頭もありキャリアメールを使う機会は減ってきているので、あまり問題にはならないかもしれませんが、LINEを利用せずにキャリアメールを使っているという場合は注意しましょう。

格安SIMが安い理由まとめ

格安SIMが安い理由は以上になります。安かろう悪かろうだと考えてしまいがちですが、格安SIMが安い理由は品質に問題があるからや端末が劣っているからではありません。無駄を削減し利用者に還元しているから安くなっているものとなっております。

もちろん大手通信会社と比較して劣っている点もありますが、優れている点も多くあるので、月々の料金を抑えたいと考えている方は格安SIMを利用してみてはいかがでしょうか。