1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 格安SIMの通話料は安くできる!押さえておきたい3つの方法
 

格安SIMの通話料は安くできる!押さえておきたい3つの方法

pixta_15879540_M
SIM

無料通話やかけ放題のない格安SIMは、結局通話料が割高になりそう……ところが、そんなユーザーの不安を見抜いたかのように、次々とお得な通話プランのSIMが発表されてます!無料通話やかけ放題も現実になった格安SIMをまとめてチェックし、格安SIMでも安く通話するための3つの方法をご紹介します。

「だって、格安SIMは通話料が高いから!」どうしてまだ格安SIMに乗り換えていないの?と聞かれる時には、今までそう答えるのが常でした。どう考えてもMVNOに乗り換えたほうが通信費は安いわけですが、無料通話やかけ放題のない格安SIMは、結局通話料が割高になりそうで怖い・・・。ところが、そんなユーザーの不安を見抜いたかのように、次々とお得な通話プランのSIMが発表され開始されてきました!無料通話やかけ放題も現実になった格安プランをまとめてチェックしてみましょう。格安SIMでも安く通話するための3つの方法をご紹介します。

name

格安SIMの基本通話料は?

まず知っておきたいのが基本通話料。格安SIMでは、通常どのくらいの通話料がかかるのでしょう?

格安SIMの通話料は30秒につき20円

格安SIMの音声通話プランは、どのMVNOでも変わらず20円/30秒。通話を良くする人にとって、ドコモなどのカケホーダイプランのほうが割安という場合もありえました。

20円/30秒の通話料をそのまま利用していると、月に120分電話をかけただけでも4,800円もの料金請求が来ることになります。そこにIIJmioやOCNで見かける1,600円プランの基本月額料金をたしたら、6,400円となり、通常のキャリアを大差ない維持費になってしまうというわけです。

今まで格安SIMの通話代が高かった理由

なぜ格安プランのSIMよりドコモなどのキャリアのほうが割安になりえるのでしょうか?その理由には、格安SIMには無料通話分がないという点と、かけ放題がないという点が大きく関係していました。

ところが様々なMVNOで、このサービスが次々に開始しています。通話をよくする人にもお得になるこうしたサービスをしっかり把握して、自分にあった方法を探してみましょう。

格安SIMの通話を安くする方法1 かけ放題の格安SIMを使う

格安SIMの通話料をぐっと抑えてくれるかけ放題のサービスが、MVNOでもできるようになっています。通話が多めの型は要チェックポイント!

楽天モバイル「5分かけ放題オプション」

楽天モバイルのプランに、かけ放題が付くオプションサービスが新たに開始しました。楽天でんわの「5分かけ放題オプション」サービスです。月額850円で5分以内の国内通話が何度でも無料でかけ放題なので、短い電話を頻繁にかける人にピッタリ。

画像タイトル 出典:楽天モバイル

通話アプリの「楽天でんわ」のサービスを通したオプションなので、楽天モバイルの申し込みと同時に楽天でんわオプションに申し込む必要があります。

楽天でんわは月額基本料は無料、かつ電話番号はそのままで通話料が半額になる通話アプリ。つまり5分をうっかり超えてしまっても20円/30秒の料金ではなく、10円/30秒の料金で電話を続けられます。楽天でんわのサービスそのものは、楽天モバイルの契約者ではなくても利用できるのですが、この5分かけ放題は楽天モバイルの利用者に限られたオプションなので、このサービスに魅力を感じる方はぜひ楽天モバイルのSIMをチェックしてみてください。

楽天モバイルの公式HPでキャッシュバックキャンペーンをチェックする

楽天モバイル
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
ベーシックプラン567円696円1,350円-200Kbps1枚
3.1GBプラン972円1,101円1,728円3.1GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,566円1,695円2,322円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,440円2,570円3,196円10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,374円4,503円5,130円20GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBプラン5,886円5,961円6,642円30GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚

公式サイト:楽天モバイル

もしもシークス

格安SIM初の通話し放題を実現させた「もしもシークス」。通話の料金システムは楽天モバイルのかけ放題オプションと似ていますが、コースごとに通話できる時間と回数が下記のように異なるのが特徴的です。

基本コース
3分以内の通話を月に30回まで
あんしんコース
5分にないの通話を月に30回まで
まんぞくコース
10分以内の通話を月に100回まで

もしもシークス
月額料金
データ専用SIM
SMS付き
月額料金
音声通話SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
これでもかっ!3,218円-350MB/日150Mbps1枚
かけたい放題 基本コース-2,138円1GB/月150Mbps1枚
かけたい放題 あんしんコース-3,218円7GB/月150Mbps1枚
かけたい放題 まんぞくコース-4,298円8GB/月150Mbps1枚

Y!モバイル

もしもシークスのかけ放題に似ているサービスが、Y!モバイル(ワイモバイル)にもあるのでご紹介したいと思います。固定電話・携帯電話・PHSのどの電話にかけても月に300回まで10分無料になり、もしもシークスのまんぞくコースのデラックス版という感じでしょうか。計算すると、毎日10回は10分未満の電話をかけることができます。

Y!モバイルはもしもシークスや楽天モバイル、NifMo(ニフモ)が通話定額を始めるずっと前から、この形のサービスを行ってきました。しかしY!モバイルはMVNOではないので、MVNOとしての初かけ放題はもしもシークスということになるのでしょう。

Y!mobile
月額料金
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
スマホプランS3,218円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホプランM4,298円3GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
スマホプランL6,458円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データプランS2,138円1GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚
データプランL3,991円7GB/月下り最大112.5Mbps
上り最大37.5Mbps
最大3枚

公式サイト:Y!モバイル(ワイモバイル)

NifMoでんわ

キャリアのカケホーダイに一番近い形でサービスを行っているのは、NifMoでんわかもしれません。NifMでんわは、他のキャリアでは2,700円だったかけ放題サービスを、半額の約1,350円ほどでどこへかけてもかけ放題というMVNOの夢を実現させました。この通話定額の発表時には、格安SIM業界とって衝撃的なサービスだったのが記憶に新しいですね。

ただし、楽天モバイルやもしもシークスと違い、NifiMoでんわはIP電話によるサービスです。楽天モバイルでは番号はそのままでかけ放題ですが、NifMoでは新しく与えられた050から始まる番号のみがかけ放題で利用できる仕組み。

NifMoのプランについて詳しくは、かけ放題に挑戦するNifMo(ニフモ)の格安SIMを参考にしてください。

NifMo
月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS対応SIM
月額料金
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
3GBプラン972円1,134円1,728円3GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,728円1,890円2,484円5GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン3,024円3,186円3,780円10GB/月下り最大262.5Mbps
上り最大50Mbps
1枚

BIGLOBEでんわ

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM) の格安SIMで利用できる「BIGLOBEでんわ」には、通話料が決められた分だけパックになった「通話パック」なるものが用意されています。これはかけ放題というより、無料通話に近いサービスかも。月額650円で1200円分の通話無料分がついてくるので、550円分がお得になるオプションサービスになっています。

「通話パック60」
月額650円
1200円分の通話が可能

楽天モバイルと同じように、オプションという形なので、通常のプランにこの1200円を足して利用することができます。楽天でんわと同じで、無料分を過ぎてしまっても、「BIGLOBEでんわ」により半額の30秒10円の料金になるのもうれしいポイント。

BIGLOBEの公式サイトで最新キャンペーンを確認する

BIGLOBE SIM
月額料金
データSIM
月額料金
データSIM + SMS
月額料金  
音声通話SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
音声通話
スタートプラン
--1,512円  1GB/月
受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
1枚
エントリープラン 972円1,101円1,728円  3GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
1枚
ライトSプラン  1,566円1,695円2,322円  6GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
最大3枚
12ギガプラン2,916円3,045円3,672円  12GB/月受信時最262.5Mbps
送信時最大50Mbps
最大5枚

公式サイト:BIGLOBE 音声付きSIM

格安SIMの通話を安くする方法2 通話アプリを使う

楽天でんわやBIGLOBEでんわなど、格安SIMの通話料を安くしてくれる通話アプリをすでにご紹介しましたが、通話を安くするだけでなく無料にしてくれるアプリだってあります。

FREETELの「通話料いきなり半額」

FREETEL(フリーテル)は、楽天でんわと似たサービスとなっています。料金設定は楽天でんわと同じく30秒10円。基本料も無料で、どの格安SIMのユーザーでも使用できる通話アプリです。

FREETEL SIM
月額料金
データ専用
月額料金
データ専用+SMS
月額料金
音声通話付き
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
使った分だけ安心プラン322円474円1,078円~100MB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
538円690円1,294円~1GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
972円1,123円1,728円~3GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
1,641円1,792円2,397円~5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2,311円2,462円3,067円~8GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
2,667円2,818円3,423円~10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(1GB)538円690円1,294円1GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(3GB)972円1,123円1,728円3GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(5GB)1,641円1,792円2,397円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(10GB)2,667円2,818円3,423円10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
定額プラン(20GB)5,259円5,410円6,015円20GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚

公式サイト:FREETEL(フリーテル)

みおふぉんダイヤル

人気の格安SIMのIIJmio(みおふぉん) を使うなら、「みおふぉんダイヤル」でお得になります。みおふぉんダイヤルは誰にかけても通話料が50%オフで、ファミリー割引と組み合わせたら60%オフになります!

IIJmioの公式HPでみおふぉんダイヤルについて詳しくチェックする

IIJmio(Dプラン)
月額料金
データ通信専用SIM
月額料金
SMS機能付きSIM
月額料金
音声機能付きSIM
みおふぉん
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
ミニマムスタートプラン972円1,123円1,728円3GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
2枚
ライトスタートプラン1,641円1,792円2,376円6GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
2枚
ファミリーシェアプラン2,764円2,916円~3,520円10GB/月下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
最大10枚

公式サイト:IIJmio

LINEやSkype

すでに周知の点ですが、LINEやSkypeなどの無料通話アプリを利用すれば通話料はまったくの0円。家族や友人などよく連絡を取る人であれば、登録しておきアプリ内で電話を済ませることができます。

格安SIMの通話を安くする方法3 IP電話を併用する

IP電話インターネットを介して電話をかけるシステム。そのため通話料がぐっと低くなります。楽天でんわ、FREETELいきなり通話料半額などのサービスよりも安い価格なので、格安SIMとIP電話の通話サービスを併用するのも一つの方法です。

しかしIP電話では050から始まる番号が公布され、元の080・090の電話番号は利用できません。どうしても今までの番号だけを使いたいという人には不向きですが、2つの番号をプライベート用仕事用などで使い分けたいという方には併用がおすすめです。

OCNの050plus

OCNのサービスである「050plus」。固定電話へ3分8円・携帯電話へ1分16円という格安のサービスです。OCN モバイル ONE のSIMユーザーは050plusの基本料324円(税込)が無料となります。 画像タイトル

さらに050plusアプリ同士であれば、無料で通話も可能。家族や友人の多くがユーザーであれば、このサービスはかなりお得になるでしょう。

OCNモバイルONE
月額料金
データ通信専用SIM
SMS機能なし
月額料金
データ通信専用SIM
SMS機能付き
月額料金
データ通信専用SIM
050 plus付き
月額料金
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
110MB/日コース972円1,101円1,134円1,728円110MB/日262.5Mbps最大5枚
170MB/日コース1,490円1,620円1,652円2,246円170MB/日262.5Mbps最大5枚
3GB/月コース1,188円1,317円1,350円1,944円3GB/月262.5Mbps最大5枚
5GB/月コース1,566円1,695円1,728円2,322円5GB/月262.5Mbps最大5枚
10GB/月コース2,484円2,613円2,646円3,240円10GB/月262.5Mbps最大5枚
500Kbpsコース
(15GB/月)
1,944円2,073円2,106円2,700円15GB/月500Kbps最大5枚

公式サイト:OCNモバイルONE

LaLaCall

050通話アプリ「LaLaCall」の料金は、固定電話へ3分8円・携帯電話へ1分18円。mineo(マイネオ)のMVNO利用者は基本使用料108円が無料で、LaLaCall同士ならいつでも通話無料になります。

mineo
auプラン(Aプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
500MB756円1,414円500MB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
1GB864円1,522円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
3GB972円1,630円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
5GB1,706円2,365円5GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
10GB2,721円3,380円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大25Mbps
1枚
mineo
ドコモプラン(Dプラン)
月額料金
シングルタイプ
データ通信専用SIM
月額料金
デュアルタイプ
音声対応SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
500MB756円1,512円500MB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
1GB864円1,620円1GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
3GB972円1,728円3GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
5GB1,706円2,462円5GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚
10GB2,721円3,477円10GB/月受信最大225Mbps
送信最大50Mbps
1枚

公式サイト:mineo

IP-Phone SMART

楽天系のサービスである「IP-Phone SMART」は、料金は固定電話へ1分16円・携帯電話へ30秒8円。 画像タイトル

OCNの050plusと同じでどのMVNOでも使えるIP電話アプリですが、OCNと違ってだれでも基本料無料となっているので、気楽に使ってみることができます。

050plus
固定電話へ3分8円、携帯電話へ1分16円、月額基本料324円
LaLaCall
固定電話へ3分8円・携帯電話へ1分18円、月額基本料108円
IP-Phone SMART
固定電話へ1分16円、携帯電話へ30秒8円、月額基本料0円
(参考に)楽天でんわ
30秒10円

格安SIMの通話を安くする方法まとめ

カケホーダイなどの新たな通話サービスが始まり、さらにお得になった格安SIM。格安SIMで安く通話する方法を見てきましたが、もう一度まとめて見ましょう。

格安SIMでも通話を安くできる!

どのMVNOにしようか迷ったら、特典情報や期間限定キャンペーンなども比較してみましょう。MVNOの名前の部分のリンクを押せば、キャンペーン情報などがゲットできます。

かけ放題のある格安SIM
楽天モバイル
もしもシークス
Y!mobile
NifMo
BIGLOBE
通話アプリのついた格安SIM
IIJmio
FREETEL(フリーテル)
IP電話アプリのある格安SIM
OCN モバイル ONE
mineo

より複雑化してきているMVNOだからこそ、自分のニーズにあうSIMを簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。