1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. AscendMate7はLTE対応のおすすめSIMフリースマホ
 

AscendMate7はLTE対応のおすすめSIMフリースマホ

AscendMate7
SIMフリースマホ

SIMフリーのスマホを探している人は必ずチェック。おすすめはAscendMate7です。きっとあなたの探していた理想のスマホにピッタリです。おすすめポイントや取扱店を紹介します!

今年はSIMフリー義務化元年です。SIMフリースマホはもっと身近になるでしょう。その中でもオススメの一手SIMフリースマホ AscendMate7を紹介します。

name

SIMフリースマホ AscendMate7

AscendMate7は中国のファーウェイ製のSIMフリースマホです。しかもSIMフリースマホですのでドコモのSIMでもソフトバンクのSIMでも格安SIMでも対応します。

HUAWEIファーウェイ

中国製?ファーウェイ?聞いたことがあまりない方もいるでしょう。

実はファーウェイ製品はすでに日本で沢山販売されています。
もちろんドコモやauやソフトバンクでも取り扱われ、しっかりと販売実績を積んでいます。

SIMフリースマホAscendMate7のスペック紹介

AscendMate7の高性能なスペックを紹介します。

搭載OSAndroid™ 4.4 Kit Kat / Emotion UI
CPUHisilicon Kirin 925 オクタコア 1.8GHz / 1.3GHz
メモリRAM 2GB / ROM 16GB
バッテリ容量4100 mAh (一体型)
ディスプレイ約6インチ フルHD (1920 x 1080) 368ppi, IPS-NEO™液晶
カメラアウトカメラ:1300万画素 BSI, AF
インカメラ:500万画素 BSI, FF
通信速度受信時 最大:300Mbps(LTE)※1
送信時 最大:50Mbps(LTE)※1
通信方式通信方式
LTE : B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B19/B20/B40
WCDMA : B1/B4/B5/B8/B19
GSM : 850/900/1800/1900MHz
Bluetooth通信:v4.0(V3.0互換)
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n Dual-Band
テザリング機能/最大接続台数:8台
NFC搭載

8つの作業を同時に行うことができる高性能なオクタコアCPUを搭載しており、しっかりと動き、反応します。 若干ROM容量(保存容量)が少なめですが、AndroidスマホはMicroSDカードが使えますので、写真や動画等はSDカードに保存すれば問題ないでしょう。

機能紹介

まず、大きさです。

    サイズ
  • 縦157mm
  • 幅81mm
  • 厚み7.9mm
  • 重さ約185g
  • です。

アルミニウム合金を使用していますので上品な外観に仕上がっています。
また、高解像度6インチディスプレイを搭載してコントラストも美しく描写します。
そして指紋認証機能も搭載、指が湿っていたりしてもちゃんと指紋を読み取ります。
カメラは1300万画素、レンズにf値2.0の明るいレンズが使われています。そのため暗い場所でもノイズの少ない写真が撮影できます。

AscendMate7のおすすめな特徴

ではAscendMate7のおすすめなところを紹介しましょう。

画面の大きさ

最近のスマートフォンは大画面化が主流になってきています。

ギャラクシーやiphoneも大きくなりました。 このAscendMate7も大画面です。

サイズは6インチでフルハイビジョン(1920×1080)のピクセル数を有して、解像度は368ppiです。非常に高精細なディスプレイを備えています。

パフォーマンス

スペック紹介でも書いたように、8つの作業を同時に行うことができる高性能なオクタコアCPUを搭載しています。

そのため能力を非常に試される3Dゲームでもキビキビと動作します。
また、省電力化にも優れており、必要に応じてその処理能力を変化させます。そのため電池の持続時間に大きく貢献しています。

LTE対応

AscendMate7に搭載されているLTE受信装置は理論上最大ダウンロード速度300Mbpsに対応します。

この速度は1時間30分のハイビジョン映画(1280×720)の動画を30秒でダウンロードしてしまいます。
まだ国内で300Mbpsのサービスはありませんが、ドコモのLTEのプレミアム4Gが3/18日にサービス開始されれば接続が可能になります。
現在でドコモのLTE、プレミアム4Gに対応可能な機種は少ないので、プレミアム4Gを使いたい人はAscendMate7がオススメなのです。
また、ドコモでプレミアム4Gが開始されれば格安SIMでも対応していくでしょうから、MVNOでもAscendMate7がオススメになるでしょう。

AscendMate7の取り扱い店

ではこのAscendMate7はどこで手に入るのでしょうか。

Amazon

Amazonでは5万円程度で販売されています。ネットショッピングで簡単に購入が可能なのは便利ですね。

ついでに液晶保護シートや専用ケースも選んで購入しましょう。

DMMモバイル

MVNOのDMMモバイルでも格安SIMとセットで販売されています。

販売価格はAmazonと同じです。もしMVNOで利用を考えているならDMMモバイルでセット購入するもの良いですね。

公式サイト:DMM Mobile

U-mobile

U-mobile(ユーモバイル) でSIMとセット購入ができます。

通話付き、データ無制限プランだと、月5055円です。

そのうち機種代金は2075円ですので24回払いでも49800円なので、Amazonの値段と変わりがありません。

公式サイト:U-mobile

楽天モバイル

楽天モバイルでもAscendMate7をSIMセット販売しています。

楽天モバイルで購入すると一括払いだと48888円で2500ポイントがもらえます。

また、24回分割で購入しても48901円で、AmazonやU-mobileよりも機種代金は安くなっています。

公式サイト:楽天モバイル

AscendMate7はLTE対応のおすすめSIMフリースマホまとめ

非常に優秀なスマホのAscendMate7。一度触ると虜になってしまうはずです。

格安SIMと使う事によってひと際その良さを輝かせるでしょう。 あなたのスマホライフを充実させるために診断を行って下さい。