1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 2016年前半、おすすめの格安スマホを総比較!
 

2016年前半、おすすめの格安スマホを総比較!

pixta_11747991_M
格安スマホ

2016年前半・おすすめの格安スマホを総比較!1万円台の高コスパ機種からハイスペックのSIMフリースマホまで、今MVNOの格安SIMで使いたいスマートフォンを価格別にまとめました!

2016年前半、すでに発売されているおすすめの格安スマホを総比較!1万円台の高コスパ機種からハイスペックのSIMフリースマホまで、今MVNOの格安SIMで使いたいスマートフォンをまとめました!

おすすめの格安スマホ・1万円台

まずは激安1万円台のSIMフリースマホを紹介。最近では激安ながらスペックは普段使いに十分なものが多く発売されており、ホーム画面(UI)をスマホ初心者に使いやすいモードに切り替えることができる機種も。

Geanee GM-01A

出典:geanee

Android 5.1に4.5インチの小型ディスプレイを搭載したSIMフリースマートフォン。価格が1万円弱と激安ながらSnapdragon 410のクアッドコアCPUを搭載しており、ドコモ系格安SIMのLTEにも対応しているのが特徴。

同時購入が可能な格安SIM「G-Phone」はセキュリティ機能や無料Wi-Fiスポットのオプションもあり、スマートフォンが初めてのユーザーにもおすすめのセットです。

購入サイト:G-Phone

Acer Liquid Z330

出典:Rakuten Mobile

こちらもディスプレイが4.5インチの小型Androidスマートフォン「Acer Liquid Z330」。 Snapdragon 210のクアッドコアCPU・内部メモリが1GBとエントリースペックですが、LTE通信に対応している他、ユーザーに合わせて3つのモードを搭載しているのが特徴。

上記のようにEasy Modeで簡単ケータイ・らくスマのように使えるので、こちらも格安スマホが初めての方におすすめ。…ちなみにこちらの機種は人気MVNOの楽天モバイルモデルとなっており、格安SIMは「5分かけ放題オプション」が使えるので通話の多いガラケーユーザーが乗り換えるにも◎な機種です。

購入サイト:楽天モバイル

HUAWEI Y6

出典:HUAWEI JAPAN

国内SIMフリー市場で人気のブランド・ファーウェイから発売された「HUAWEI Y6」。2万円を切る本体価格ながら5インチのHDディスプレイにクアッドコアCPUを搭載したSIMフリースマホとなっており、テザリング利用もOK。

先ほどのAcer Liquid Z330と同じように「Simple UI」という機能を搭載しており、使いやすいホーム画面に任意で切り替えることが可能。…最近の格安スマホはこういった機能も多く搭載しているので、大手キャリアのらくらくスマートフォンをわざわざ利用する必要もなくなってきているのかもしれませんね。

MVNOで格安SIMとセット購入が可能なので端末自体が手に入り易く、LTE使い放題プランが特徴の「U-mobile(ユーモバイル)」や、月額料金が激安の「DMM mobile(DMMモバイル)」などで取り扱い実績があります。

購入サイト
DMM mobile
U-mobile

おすすめの格安スマホ・2万円台

次は2万円台の格安スマホをチェックしていきましょう。価格をなるべく抑えつつ性能・使い易さも担保したいというユーザーは、このあたりのSIMフリー機種がおすすめ。特にユーザーに人気の所謂「売れ筋」機種は2~3万円台の機種が多いので要チェックです。

ASUS ZenFone Go

出典:ASUS

発売後は価格コムの人気ランキングで上位を維持している「ZenFone Go」。ほぼ2万円なので1万円台の機種に入れても良かったのですが、すでに紹介した1万円台の激安スマートフォンと比較すると、スペックは全体的に高くなっています。

クアッドコアCPUに2GBメモリー、ストレージが16GBと普段使いには十分なスペックを備えており、ディスプレイも5.5インチとすでに紹介した1万円台のスマホより大画面となっているのが特徴です。解像度もHDなので、Youtubeなどの動画サービスが快適に視聴できる点も見逃せないポイント。

F値2.0の800万画素カメラは「美人イフェクト」「HDRモード」「夜景モード」など様々なシチュエーションに対応しており、SNS用の写真撮影もお手の物。

2万円台という価格ながら3,010mAhという大容量バッテリーを搭載しているので「安くてがっつり使えるスマホ」の代表格です。

購入サイト
IIJmio
U-mobile
NifMo(ニフモ)
楽天モバイル

ZenFone 2 Laser

出典:ASUS

5インチのディスプレイに「レーザーオートフォーカス」で一躍人気となったSIMフリースマホ「ZenFone 2 Laser(ZE500KL)」。1300万画素の高性能カメラで爆速の撮影が可能です。本体カラーも多数あり、MVNOによってはIIJmio(みおふぉん)が「パープル」、BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)が「アクアブルー」など限定カラーも提供。

表面にはコーニング社の「Gorilla Glass 4」を採用。耐久性・性能・安さの3拍子がそろったZenFone 2 Laserは、この後もしばらく人気が続きそうです。

購入サイト
IIJmio
BIGLOBE SIM
U-mobile
NifMo(ニフモ)
楽天モバイル
DMM mobile

HTC Desire 626

出典:HTC 日本

HTCからもMVNO向けの格安スマホが提供されており、その一つが「Desire 626」。5インチのHDディスプレイに1300万画素カメラを背面に搭載したSIMフリー機。

独自のUIを搭載しており、「Blink Feed」ではSNSや最新ニュースなどの最新・更新情報を自動で集めて教えてくれる優れもの。本体カラーやデザインも「HTCらしさ」が感じられるスマートフォンに仕上がっています。

ドットの光で時間や気温を教えてくれるDesire 626専用ケース「HTC Dot View-Standard」も用意しており、他社のスマートフォンと一味違った機種が欲しい方はこちら。

購入サイト
楽天モバイル
U-mobile

おすすめの格安スマホ・3万円台

お待たせしました。次は価格とスペックを両立した3万円台の格安スマホを見ていきましょう。この価格帯になるとオクタコアCPUを搭載した機種・バッテリーが大容量の機種など、+αのおすすめポイントを併せ持ったモデルが多くなってきます。

ASUS ZenFone Max

出典:ASUS GLOBAL

5,000mAhの「超」大容量バッテリーを搭載したSIMフリー機「ZenFone Max」。Maxの名のとおり電池持ちが最大の特長となっており、最大連続待ち受け時間は驚異の約38日。筆者も実機レビューをしたうえでメイン機種として運用していますが、待機時の電力消費はほぼ気にならないレベルの素晴らしいスマートフォン。

バッテリー容量ばかりに目が行きがちですが、カメラも1300万画素でレーザーAFを採用するなど撮影性能も抜群。モバイルバッテリーとしての機能も備えており、色んな用途に使える万能モデルです。

購入サイト
IIJmio
BIGLOBE SIM

HUAWEI GR5

出典:HUAWEI

3万円台でQualcomm製のオクタコアCPUを搭載した高性能モデル「HUAWEI GR5」。ディスプレイも大型の5.5インチにフルHD解像度となっており、価格対性能で非常にコスパに優れたモデルとなっています。

高級感のあるメタルフレーム本体・指紋認証機能・3000mAhの大容量バッテリーなど非の打ち所がなく、強いて言えば取り扱うMVNOはそこまで多くないのが残念なところ。人気の格安SIMでは「DMMモバイル」と「IIJmio(みおふぉん)」でのセット販売実績があります。

購入サイト
IIJmio
DMM mobile

arrows M02/RM02

出典:富士通

富士通開発の国産SIMフリー機種「arrows M02」は、docomoとauの回線両方で使える「マルチキャリア対応端末」。そのためMVNOからは引っ張りだこで、au回線を提供する「mineo(マイネオ)」「UQ mobile」などでもセット販売されています。

おサイフケータイ・防水防塵など国内メーカーならではの仕様となっているほか、米国国防総省MIL規格に準拠した耐衝撃性・塩水耐性・温度耐性なども魅力の「タフネス」スマホ。

セット購入できるサービスも多いだけに、一番安いキャンペーンを見つけて購入するのが良いでしょう。また楽天モバイルでは「arrows RM02」として限定カラーも提供しています。

購入サイト
楽天モバイル
mineo(マイネオ)…など多数

FREETEL SAMURAI REI(麗)

出典:フリーテル

FREETELブランドから2016年に発表された新モデル「SAMURAI REI(麗)」。Android 6.0の最新OSにMediaTek製のオクタコアCPU、5.2インチのフルHDディスプレイを装備した高コスパモデル。

以前のSAMURAIシリーズからデザインも一新され、メタルボディに約7.2mmというiPhone 6s / 6s Plus並みの薄さを実現。新型の自社UIや指紋認証機能も搭載しており、今後人気の出そうな格安スマホです。月額料金の安いFREETEL(フリーテル) SIMでそのまま利用するのがおすすめ。

購入サイト:FREETEL

おすすめの格安スマホ・ハイスペック

最後に番外編。「少し高いけどハイスペックなスマートフォン」も確認してみましょう。これから紹介する機種は「スマホが安いから買うべき」というよりは「性能が良い分価格も少しプラスになるので、格安SIMで運用して安く使うべきスマホ」という視点で見ていただくとわかり易いかと思います。

Moto X Play

出典:BIGLOBE

Motorola・Moto XシリーズのSIMフリースマホ「Moto X Play」。Snapdragon 615のオクタコアCPUを採用し、背面カメラが2,100万画素という特徴をもっています。日本でのレビューはあまり見ないのですが、海外で公開されている実機レビューを確認するとその評判は上々です。

価格が4万円弱~5万円程度と少しプラスになりますが、バッテリーも3,630mAhを積んでいるのでがっつり1日使い倒せる機種。Android 6.0 Marshmallowへのアップデートに対応している点もおすすめです。

購入サイト:BIGLOBE SIM

ZenFone Zoom

出典:ASUS GLOBAL

3倍光学ズームを可能にしたカメラ特化型のスマートフォン「ZenFone Zoom」。HOYA製のレンズ採用で10層構造になっており、デジタルズームなら最大12倍ズームが可能です。もちろんZenFoneシリーズおなじみのレーザーAFも搭載。

Intel AtomのクアッドコアCPUに内部メモリが4GBと基本性能もモンスター級となっており、ROMも32GB/64GB/128GBの三種類を用意。無線LANも高速の無線LAN 802.11 a/b/g/n/acに対応しており、背面には上質の本革を使用しているいたれりつくせりのプレミアムモデル。なお本体価格は5万円程度から購入可能です。

iPhone SE

出典:Apple

「iPhoneファン、でも小さいスマホが欲しかった」というユーザーの期待に応えるiPhone SEは、そのスペックは最新のものを搭載しつつ、ディスプレイは4インチと、以前に発売されたiPhone 5sとほぼ同じサイズになっています。

片手に収まるのが嬉しいiPhone SEも、ほとんどの格安SIMで利用が可能です。au回線での利用はこちらの記事を参考にしていただきたいのですが、テザリングを利用するならドコモ系SIMカードのほうが良さそうです。

Nexus 6P

出典:Googleストア

Google・Nexusブランドの最新モデル「Nexus 6P」。Snapdragon 810のオクタコアプロセッサーや3GBのRAM、5.7インチの超高解像度ディスプレイを搭載するなど、Nexusシリーズの名に恥じないハイスペック機です。

4K動画機能や指紋認証センサーなどほぼ全部のせの機種ということで予算があれば間違いなくおすすめのモデルなのですが、「Googleが開発している新Android OSへの対応」など、他機種に先行して色んなAndroidの新機能が使えるのも魅力的です。

実際に5月18日に発表された最新OSバージョン「Android N」ですが、新しく搭載される予定のVRプラットフォーム「Daydream」のアプリがテストできるのは最初はNexus 6Pだけなんだとか。…時代を先取りしたいユーザーには常にNexusという選択肢がありますね。

VAIO Phone Biz

出典:VAIO

Windows 10 Mobileを搭載したスマートフォンでは「VAIO Phone Biz」がおすすめ。Snapdragon 617のオクタコアCPUに3GBのRAMを内蔵し、ディスプレイやPCに接続してシームレスに使う機能「Continuum(コンティニュアム)」を利用するにも十分な性能を備えています。

アルミニウムの削り出しボディやPC VAIOと同じ「安曇野FINISH」など、製造面でも拘り抜いたモデル。価格は6万円弱ですが、格安SIMを利用することで全体の費用を抑えて使うことができます。

購入サイト
楽天モバイル

今購入したいSIMフリー格安スマホ・2016年前半のまとめ

2015年後半~2016年前半にかけて3万円台でもフルHDディスプレイ・オクタコアを搭載した機種やWindows 10 Mobile採用のSIMフリースマホが注目を集めるなど、格安スマホを取り巻く環境はさらに変化のスピードを増しています。価格別に比較してみて、あなたにおすすめのスマートフォンを選んでみましょう。

格安SIMの比較で迷っている方は、下記の「SIMチェンジプラン診断」がおすすめ。現在の携帯電話の利用状況から、あなたに最適な格安SIMプランをはじき出してくれます。ぜひ試してみましょう。