1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 0円スマホ、格安SIMの楽天ブロードバンドがすごい!
 

0円スマホ、格安SIMの楽天ブロードバンドがすごい!

楽天SIM
SIM

楽天ブロードバンドのスマホならIP電話と組み合わせると、基本料金・留守番電話・通話料ぜ〜んぶ無料になるってホント!?楽天ブロードバンドの格安SIMで、眠っていたスマホもよみがえるかも!

高額なスマホ料金を払い続ける必要はもうない!毎月のスマホ維持費をぐっと節約することは、今や手軽な選択肢の一つになっています。それを実現してくれるのは格安SIM。MVNOが提供する格安SIMを購入すれば、毎月の使用料の節約だけでなく、通話料0円なんてことも可能なんです。

name

基本料700円~、通話料0円のSIMを提供している楽天ブロードバンドのSIMをご紹介します。

楽天ブロードバンドLTEのSIMプラン

楽天グループによるSIMには二つ種類があります。「楽天ブロードバンド」そして「楽天モバイル」。ここでは「楽天ブロードバンド」のSIMをご紹介していきますね。

SIMプランの一覧

他のMVNOと比較しても、かなりの格安プランが揃っています。

楽天ブロードバンドLTEプラン表

 

料金(税抜)

高速通信容量

最大受信速度
エントリー2!プラン 700円/月600MB/月150Mbps
エントリープラスプラン 900円/月2.1GB/月150Mbps
エントリープラスSNSプラン 1,040円/月2.1GB/月150Mbps
ライトプラスプラン 1,677円/月5GB/月150Mbps
ライトプラスプラン 1,817円/月5GB/月150Mbps

おすすめポイント

まず始めに注目したいのが、「エントリー!2プラン」。通信容量は600MBながらも、700円という安さのプランになっています。他のMVNOと比べるとなかなか見かけないプラン形態になっています。

主要MVNOは、最安値の料金でも900円で2GM~のプラン。
OCN モバイル ONE
1日70MB(月2.1GB) 900円
IIJmio(みおふぉん)
月2GB 900円
BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)
月2GB 900円

そんなにデータ通信するわけではないので容量は必要ないから、とにかくスマホ料を安く済ませたい人にはオススメのプランでしょう。安くお手軽に高速通信を使えるのが魅力です。

900円の「エントリープラスプラン」も、他社と比較して<2.1GBと少し容量が多めなのもうれしいですね。

楽天ブロードバンドのSIMのメリットは?

安さだけでなく、他にもメリットのあるオプションなどを見てみましょう。スマホの通話料もお得になりますよ。

0円通話もできるIP-Phone SMART

実は今見たすべてのプランはデータ専用。持っている番号をそのままスマホで使いたいのなら、音声通話がついている楽天モバイルのプランへ申し込みましょう。

しかし楽天ブロードバンドには「IP-Phone SMART」というIP電話が備わっています。このIP-Phone SMARTと組み合わせれば、データ専用でも通話が可能!しかも、なんと初期費用も・月額基本料も・留守番電話も・通話料も無料という驚きの低価格が実現するうれしいサービスなのです。

IP電話とは

インターネットの回線を通じて通話をするサービスのことで、050から始まる電話番号をもらえます。今まで使っていた電話番号をそのまま使いたい方は、楽天モバイルの音声通話付きプランがおすすめ。

通話料無料の条件はIP-Phone SMART同士の通話であること。それ以外の通話では、固定電話・携帯・PHSへの通話がすべて、30秒8円の料金になります。なんだ~結局お金かかるのね、と思われるかも知れませんが、この通話料だってかなりの格安。他の通話形態やIP電話の通話料と比べてみてください。

通常
20円/30秒
BIGLOBEでんわ
10円/30秒
楽天でんわ
10円/30秒
IP-Phone SMART
のIP電話なら
8円/30秒!

魅力的な使い放題オプション

「時間オプション24H」というオプションは見逃せないサービス。格安SIMのプランでネックなのが、決まったデータ量だけしか通信できない容量制限があることなのですが、必要な時だけ容量を無制限にできるオプションです。

料金は400円で一日使い放題になるサービスなので、一気に通信したい時に活躍すること間違いなしです。ただしこのオプションが有効なのは、エントリープラスとライトプラスの2プランだけ。エントリー!2のプランで容量を追加したい時は、100MB300円の容量追加オプションを利用しましょう。

お得なキャンペーンも多い楽天SIM

さらなるメリットとして、キャンペーン特典が多いという点。例えば、2015年2月26日まで初期費用通常3000円かかるところが0円になるというキャンペーンがあります。また端末と同時購入すると初期費用が無料になるほか、楽天のスーパーポイント1500ポイントをプレゼントしてくれるなどのキャンペーンも同時進行。

時々HPをチェックし、お得なキャンペーンも含めて検討したいMVNOとなっています。

楽天ブロードバンドのSIMのデメリットは?

楽天ブロードバンドLTEの評判の中には、デメリットとして挙げられるものもあります。ご紹介しましょう。

通信制限

700円のコースのエントリー!2では速度制限はないのですが、他二つのプランでは、速度制限が複雑になっていることがデメリットかもしれません。

速度規制が2段階になっています。第一段階は、高速通信容量の制限を超えると300kbpsの速度になります。

そしてさらに、その低速通信の容量も規制されています。低速通信容量の制限を超えると、100kbps以下、時には10kbpsくらいまで速度が落ちる模様。この速度では画像を開くのにも1分以上待たされるので、使いものにならないという声もあります。この制限を超えないように使うよう注意しましょう。

速度不安定の声

速度が安定していないという評判も聞こえてきます。特に12時ごろのお昼の時間。多くの利用者が通信するので、つながりにくい状況が生じています。お昼は50kbps以下という速度報告もありました。他MVNOでもつながりにくくなる時間帯ですが、このつながりはその中でも遅い速度になりがち。

12:00~13:00のお昼ごろの時間帯を除けば、ある程度快適な速度が出ているようです。時間帯に気をつければ、格安で便利な通信を楽しめるSIMになりそうです。

楽天ブロードバンドLTEのSIMまとめ

格安の上に、さらに安くなるオプションやキャンペーンが充実している楽天のSIM。眠っているスマホをよみがえらせて、格安SIMとはどんな使い勝手なのか、試しに購入してみるのにもおすすめの価格のMVNOと言えるでしょう。

同じグループの「楽天モバイル」のプランとも比べてみましょう。MVNOには把握しきれないほどのプランがありますから、無料診断で自分に合うものはどれかチェックしてみてくださいね。今のスマホ料金と比べてどれほどお得になるか、金額ではっきり見ることができますよ!ぜひ診断してみましょう。