1. 格安SIM比較サイト SIMチェンジ
  2. 楽天モバイルの注意点!楽天SIMで注意したい4つのポイント
 

楽天モバイルの注意点!楽天SIMで注意したい4つのポイント

pixta_17330074_M
SIM

5分かけ放題オプションも開始した絶大な存在感を放っている、楽天モバイル。数あるMVNOの中でも名の通った格安SIMですが、そんな楽天モバイルにも注意しなければいけない点が幾つかあります。この格安SIMを検討している方に安心して乗り換えてもらえるよう、楽天モバイルの注意点をまとめてみました!

安い格安スマホで人気の楽天モバイル。楽天でんわで5分かけ放題オプションも開始されて、通話SIMとして絶大な存在感を放っている格安SIMです。数あるMVNOの中でも名の通った楽天モバイルですが、そんな楽天モバイルにも注意しなければいけない点が幾つかあります。この格安SIMを検討している方に安心して乗り換えてもらえるよう、楽天モバイルの注意点をまとめてみました!

楽天モバイルの注意点1 速度制限がある

楽天モバイルにかかわらず、どの格安SIMにも言える点ですが、速度制限に要注意です。たいていのMVNOでは、多くの人と通信網を平等に使うため、ある一定の通信量を超えると通信速度に制限をかけるようになっています。楽手モバイルにも速度制限がありますが、制限のかかる通信量について公表されているので、制限に引っ掛からないよう気をつけて使えば問題ありません。楽天モバイルで決められている速度制限を詳しく見てみましょう。

速度制限の目安

楽天モバイルでは、直近3日間のデータ通信量で制限が課される仕組みになっています。

3.1GBプラン
540MB
5GBプラン
1GB
10GBプラン
1.7GB

公式ホームページでは次のように表記されています。

各プランは3日あたり3.1GBプラン:540MB、5GBプラン:1GB、10GBプラン:1.7GBの通信速度制限がございます。3日間制限中の通信量も繰り越し容量、高速通信容量、高速通信容量追加パックが消費されます。
出典:楽天モバイル

どうやって注意したらいい?

速度制限に引っかからないように利用しましょう。3.1GBプランだと540MBで速度制限に引っかかりますが、この通信量だとだいたいYouTubeを2時間以上見て超えてしまう数字です。しかし動画や重たいファイルのやり取りでなければ、そう簡単には引っかからないはず。SNSなどのやりとりでは、50MB、100MBがせいぜいと言ったところでしょうか。

楽天モバイルの注意点2 解約手数料がある

楽天モバイルの解約手数料にも注意しましょう。3解約手数料がかかる場合とかからない場合があります。

データSIMか音声SIMか

楽天モバイルで契約を解約する時、解約手数料がかかる条件は次のようになっています。

データSIM
無料
音声通話SIM12か月以降
無料
音声通話SIM12ヶ月以内
9,800円

つまり、音声通話SIMを12ヶ月以内に解約る場合だけ、9,800円の手数料が発生します。

どうやって注意したらいい?

楽天モバイルの音声通話SIMを契約したら、一年は解約できないと考えたほうが良いようです。例えば、音声スタンダードは安いけど高速通信できないのでやっぱりやめたい、という場合はどうしたらよいでしょうか。そういう場合は解約せず、プラン変更をしましょう。プラン変更は手数料がかからず自由に行えます。

こちらが楽天モバイルのプランの一覧です。

楽天モバイル
月額料金
データSIM
SMSなし
月額料金 050データSIM (SMS付き)
月額料金
通話SIM
高速通信容量
通信速度
SIM枚数
ベーシックプラン567円696円1,350円-200Kbps1枚
3.1GBプラン972円1,101円1,728円3.1GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
5GBプラン1,566円1,695円2,322円5GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
10GBプラン2,440円2,570円3,196円10GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
20GBプラン4,374円4,503円5,130円20GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚
30GBプラン5,886円5,961円6,642円30GB/月下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1枚

公式サイト:楽天モバイル

また、解約したい場合は楽天モバイルカスタマーセンターに電話しましょう。当月末に解約するためには、毎月15日までに電話しなければいけませんので、そちらも要注意です。

楽天モバイルの注意点3 3G端末は使えない

次に、楽天モバイルのSIMを使う時に注意したい端末の種類について見ていきましょう。

楽天モバイルのSIMが使えない端末がある

まず、楽天モバイルの通信網はNTTですので、ドコモ以外のスマホは利用できません。もちろん、SIMフリー端末や、SIMロックが解除されているものは問題ありません。

さらに、3G通信に対応していないので、3G専用端末ではデータ通信が利用できません。音声通話SIMの場合は3G端末に挿せば、通話機能だけ利用できますが、データ通信はやはり使えません。

どうやって注意したらいい?

4G・LTE対応している端末を選びましょう。楽天モバイルでセットで売られているスマホはもちろん利用できる端末になっています。種類も豊富で質の良いものがそろっているので、まだSIMフリーのスマホを持っていないなら、楽天モバイルで購入してみるのはいかがでしょう?公式サイトで詳しくチェックしてみてくださいね。

公式サイト:楽天モバイル

楽天モバイルの注意点4 端末の分割払いは楽天カードのみ可能

公式サイトで端末のセットを購入することをお勧めしたばかりですが、端末を購入する時にも小さな注意点が。見てみましょう。

楽天スマホの分割払い

楽天スマホの支払いは基本的にクレジットカードのみの購入になります。分割払いにすれば、月々の基本使用料と共に払うことができて便利。しかし、楽天でスマホのセットを買う場合は、楽天カードでないと分割払いができないので、楽天カード以外のクレジットカードを利用したい場合は、一括購入となります。

どうやって注意したらいい?

簡単なことですが、楽天カードで支払えばよいということです。もちろんそれも、分割払いにしたいという場合だけで、一括で購入したい方は、各種クレジットカードで支払うことができます。

しかし、楽天カードで楽天モバイルの料金を支払えば楽天スーパーポイントも貯まるので、そうしたメリットを考えても楽天カードで支払うのがオススメです。楽天のSIMではポイントバックキャンペーンなども頻繁に行われているので、ぜひ最新情報を公式サイトで確認してみてくださいね。

楽天モバイルの最新情報をチェックする

楽天モバイル注意点まとめ

楽天モバイルで注意したいこと、4つのポイントをまとめます。

楽天モバイルの注意点

  • 速度制限がある
  • 12カ月以内に解約すると9,800円の手数料がある
  • 3G通信に対応していない
  • スマホの購入は楽天カードでしか分割払いできない

この注意点に気をつければ、楽天の格安SIMに簡単に乗り換えられるでしょう。お得なスマホライフを安心して楽しんでくださいね!

より複雑化してきているMVNOだからこそ、自分のニーズにあうSIMを簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。

公式サイト:楽天モバイル